くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 分野別・総合

イメージ 1
ということで、図らずも制覇してしまいました。一応スタンプラリーやっていてよかったです。2016年から何度も食べているのですが、同じものを何度も食べたり、スタンプラリー対象外メニューの誘惑にかなり負けたので今回が初制覇です。
イメージ 2
深浦マグロステーキ丼」(深浦町・匠屋)2018
イメージ 3
平内ホタテ活御膳」(平内町・ホタテ一番)2018
イメージ 4
中泊メバルの刺身と煮付け膳」(中泊町・ピュアレストラン)2018
イメージ 5
※「中泊メバル膳」2016年記事(ピュアレストラン)
イメージ 6
田子ガーリックステーキごはん」(田子町・田子町ガーリックセンター)2018
イメージ 7
※「田子ガーリックステーキごはん」2017年記事(田子町ガーリックセンター)
イメージ 8
東通天然ヒラメ刺身重」(東通村・松楽)2018
イメージ 9
ちなみに8月には制覇していたのですが、先着500名様「S-1あおもりオリジナルクリアファイル」すら頂けませんでした。たまたま最後の店に在庫が無かっただけかも知れませんけど。「5町村地場食材詰め合わせ(抽選で20名)」については、いつどのような形式で抽選されて発表されているのかもわからず…もちろん当たった気配はゼロなんですが…本当は当選記事にする予定だったけど諦めました笑
イメージ 10
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 3
人のいない禅林街を散歩。弘前上空がこんな感じだった日です(写真はイメージ)。見ていましたが写真は撮っていません。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
茂森町から茂森町桝形を通り黒門へ向かいます。茂森町桝形前から長勝寺構史跡指定範囲です。茂森町桝形付近には歩兵第三十一聯隊将校集会所や茂森会館西地区団第一分団消防屯所、土塁があります。
イメージ 7
途中右へ行くと天満宮です。天満宮前常源寺坂の坂上。天満宮及び天満宮参道や常源寺坂も長勝寺構史跡指定範囲。
イメージ 8
黒門が見えてきました。
イメージ 9
黒門手前右手には赤門
イメージ 10
赤門横には子育地蔵尊
イメージ 11
赤門を進むと耕春院構(下寺通り)。
イメージ 12
イメージ 13
黒門を進むと西茂森長勝寺構(上寺通り)のスギ並木(保存樹林)。
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
あまり知られていませんが、耕春院構(下寺通り)へ抜ける細い道があります。
イメージ 17
イメージ 18
これが路地の目印。
イメージ 19
写真はあまり撮っていませんが色々なお寺を巡りながら散策。
イメージ 20
イメージ 21
なぜか隣松寺の…
イメージ 22
千躰地蔵尊の写真だけはしっかり撮っていました。
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
長勝寺にはさすがに観光客が来ていますね。
イメージ 27
イメージ 28
長勝寺前から禅林街。
イメージ 29
長勝寺の隣にある禅林公園の忠霊塔へ。
イメージ 30
忠霊塔前の桜も満開でした。
イメージ 31
弘前城。わかるかな?
イメージ 32
ここです。たぶん現地はとんでもない数の観光客で溢れかえっています。
イメージ 33
イメージ 34
長勝寺横の松前藩13代藩主松前徳広墓所跡。発掘中に1度訪れました(発掘時の記事はリンク先からどうぞ)。現在は埋め戻されて、新たに案内板が設置されていますが、案内板が遠くて見えません。
イメージ 35
松前徳広墓所跡(国指定史跡津軽氏城跡弘前城跡長勝寺構・長勝寺境内)…『【発見された墓所跡】松前徳広墓所跡は、長勝寺境内の重要文化財建造物九棟の防災設備設置に伴い、弘前市教育委員会によって実施された発掘調査で確認されました。お墓の掘り込みは上面約4m四方で、約4mの深さがあります。中には二重の木枠(木室・木槨)が残っていました。遺骸を収めた木棺は発見されませんでしたが、ほかの大名墓の類例から、木室・木槨・木棺の三重構造であったと推定されます。木室は最下層に胴木を二段積みとし、その上には約2.1m四方の井桁状に、角材が七段積まれていました。更に、その内部に約1.3m四方の木槨が作られており、木室との間には木炭が敷き詰められていました。また、木槨の板材の継ぎ目には水が浸み込まないように、アスファルトと思われる樹脂が塗布されていたほか、内部には酸化を防止するための石灰が敷き詰められていました。墓所跡の埋土からは改葬時に廃棄されたと思われる、木室の角材の一部や、角塔婆などが出土しています。なお、墓所跡は遺構保護のため、現在は埋め戻されています。【松前徳広と墓所跡】松前徳広は松前藩の第13代藩主です。明治元年(1868)11月の箱館戦争による旧幕府軍の攻撃を受け、居城福山城が陥落、19日に徳広は家族・重臣ともに津軽海峡を渡り、弘前藩の庇護を受けます。しかし、もともと病弱だったこともあり、29日には弘前の薬王院で病死し、長勝寺境内に仮埋葬されました。その後、明治3年(1870)9月に明治政府軍が松前藩領を回復したため、徳広の遺骸は松前町の法幢寺に改葬されました。発見された墓所跡から埋葬者を特定する資料は見つかっていませんが、墓の規模が藩主級で、改葬されていること、また、「明治2年弘前絵図」の本地点に墓所の記載があることなどから、埋葬者は松前徳広と判断されます。【長勝寺構について】長勝寺構は慶長16年(1611)、高岡城(のちの弘前城)築城時に、南西側の守りを固める出城構として、領内33ヵ寺を集めて形作られました。現在も東端の土塁や、寺院街の地割が良好に残っていることから、昭和27年(1952)に弘前城、新寺構とともに国の史跡に指定されました。』
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
イメージ 40
『木槨の内部には、櫛4本、もとゆい1束、縄2巻、和紙に包まれた剃刀1丁、和鋏1丁、砥石1丁、鉄製箸1膳、竹製箸入れ1本、髪を包んだ和紙、墨書のある和紙各1包が残されていました。これらは埋葬の儀式に使われた道具類と思われます。』
イメージ 41
黒門(長勝寺構え・上寺通り)20ヵ寺(+1ヵ寺※普門院は別の場所に移転。蘭庭院裏墓地後方の丘陵にある通称山観。)の記事。
イメージ 2
赤門(耕春院構え・下寺通り)12ヵ寺の記事。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2

私の検索方法・検索ワードが悪いのか、ネットで検索しても情報が多過ぎて、中々神社仏閣のオフィシャルサイト(公式ホームページ)に辿り着けないことが多いのです。

随時更新(リンク切れはあるかも知れません。)

市町村別(順不同)
【青森市】
【弘前市】
青森県護国神社(弘前公園HP内)

【八戸市】
【平川市】

【つがる市】
【十和田市】
十和田神社(十和田湖国立公園協会HP内)

【むつ市】
大安寺

【板柳町】

【中泊町】

鰺ケ沢町】

【深浦町】

【三戸町】
三戸大神宮Twitter)

【おいらせ町】
興雲寺

【大間町】
福蔵寺・普賢院

青森県内曹洞宗寺院】(ポータルサイト)
青森県内日蓮宗寺院】(ポータルサイト)

↑このページのトップヘ