くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (西目屋村)

1
青森県中津軽郡西目屋村大字田代。再訪…というか、リベンジです。なお、花咲松と馬頭観音の由緒等については以前の記事も参照ください。※岩窟については見つけることができませんでした。
2
以前の記事
3
鳥居。鳥居までの道は狭いです。車1台は余裕ですが、もしも対向車が来たらちょっと大変かも。
4
参道は相変わらず微妙な感じではありましたが、今回の私はちゃんとした装備でございます。
5
で、気合を入れて参道に入ったのですが…
6
荒れているのは入口付近のみで、道中は意外に歩きやすかったです。結構参拝者がいるんでしょうね。
7
ってことであっという間に到着。
8
8.5
こちらの建物は何でしょうね。
9
休憩所、もしくは展望台のような造りですが、眺望はありません。もしかしたら昔は綺麗に岩木山が見えたのかも知れません。
10
目屋の発祥地の地といわれる花咲松は、大高森という小高い森(小高森山)の途中にあります。
11
天平の昔(731年)、僧行基がこの地を訪れた際、千手観音を勧請したという伝承が定着しています(※知名度が上がると参拝者の交通不便を考慮して桜庭村の清水観音に遷座)。「花咲松」のいわれは、行基が松にボタンの花を咲かせ夷人に見せたからとも、津軽の殿様が南部の殿様に全山の松に真っ白な花が咲いているところを見せて自慢したからとも伝えられています。
12
鳥居(昭和56年9月5日寄贈・弘前市広野、畑山光弘・北海道函館市旭町、地主ヒサ)。
13
石碑がいくつかありましたがいずれも読み取れませんでした。
14
正確には読み取る気力がありませんでした。
15
手前の小祠。
16
手前の小祠も馬頭観音のようです。嶽きみの鮮度を見る限り、やはり頻繁に参拝者が来ているようです。
17
奥の馬頭観音。
18
写真には写っていませんがコウモリがいました。
19
両脇に馬。
20
20.5
中央の馬には誰かが騎乗しております。
21
絵馬等もいくつかありますが、位置的に見辛い感じでした。
22
22.5
なぜローマ字にしたのだろう。
23
棟札には「奉建立観音精舎一宇講中安全息災延命火病難諸除子孫長久祈所 聖主天中天 伽陵頻迦肇 哀愍衆生者 我等今敬禮」「于時明治21年旧8月2日別當正應院」とあります。その他新築記念と見える木札も貼ってありましたがよく見えませんでした。
24
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
以前の記事
2
案内板「ガマ石 乳穂ケ滝」より…『樹齢300年を超える杉の大木に囲まれた境内、落差33mから一条の滝が落下している。その岩下に不動尊がまつられ、この御堂は建立不明とされている。この滝が古来から津軽の作物豊凶占いの手がかりとされており、現在でも津軽中の信者が集まる。ガマ石は乳穂ヶ滝の向いの岩木川にあり、その岸にカエルがうずくまった形に似ていることからその名が付けられており、ビッキ石とも呼ばれている。』
3
倶利伽羅剣と菅江真澄歌碑。
4
菅江真澄歌碑「とよとしのしるしも水もふる雪も千束に氷れ新穂のたきなみ」。昭和24年、42歳厄年を迎えた地元の人々12名によって建立。
5
令和元年6月2日に建立された狛犬一対と、昭和56年7月29日(旧6月28日)建立の石灯籠一対。
6
6.5
ということで、私が見つけた令和元年奉納の最初の狛犬は乳穂ヶ滝でした。
7
この日は真夏日だったので、少し滝で涼もうと思ったのですが、さすがに乳穂ヶ滝の水量では涼めませんでした。
8
滝見えます?
9
9.5
弘法大師。
10
10.5
上に行きます。
11
11.5
滝見えます?
12
足元には気を付けましょう。
13
13.5
薬師観音。鳥居付です。
14
14.5
稲荷様(御命日10日)。
15
不動明王(御命日12日)。
16
不動明王の上にある絵馬。よく見えませんが。
17
山乃神様(御命日12日)。皇紀2600年。
18
龍神様(御命日1日、15日)。
19
案内板。
20
岩。
21
22
滝壺。
23
三本の杉がいい感じです。
24
鳥居裏にも三本の杉。推定樹齢200年。
25
3度目の…滝見えます?
26
休屋(社務所・休憩所)。
27
乳穂ヶ滝休屋新築記念(昭和53年7月2日)。
28
飾られている滝の写真(撮影者熊谷武徳氏)。
29
平成24年2月のものでした。
29.5
飾られている記事より…『「渡し舟」…昔は道路も殆ど山頂を通り、なるべく橋などをかけなく川を渡るにも水の少ない時を選んで自分の足で渡った。少し遅れて渡舟が用いられた。我村でも橋のない川は殆ど渡舟で渡っていた。木橋がかけられるようになっても洪水などで流失した時には又渡舟が用いられた。渡場には舟守りを部落で依頼し、舟守りには一定の賃金や物料を払ってその仕事を引受けてもらい、川辺にはその住家も手配した。「栄光に輝く瑪耶渓 津軽十景首位当選」…昭和3年8月1日より9月24日まで開かれた弘前新聞社主催津軽十景入選の投票が行われた。弘前新聞社が一万号記念事業として発表した津軽十景投票は俄然人気を呼び、発表以来40数日毎日の投票発表は如何に全津軽人の耳目を衝動せしめたか、郷土愛に燃ゆる人々の熱誠振りには只々驚嘆の外はなく各地の後援会有志の努力には主催側としても感謝に堪えなく、それなりに毎日の計算も緊張に緊張を重ね、一票たりとも誤算なからしむるべく検票したのでした。特に瑪耶渓の如き天下の絶勝をこの際天下に紹介せずんばあるべからずと保勝会を結成し、各地元民も策戦をこらして実に物凄き競争が演ぜられたのである。秘められた謎の投票箱を開く度びに一喜一憂、一高一低をつゞけたもので、立会人も時事、東奥各新聞記者、それに弘前警察署の警部にお願いして、最終決定をした。最後の成績は、最高当選順(※中略・写真参照)外は略す。我が瑪耶渓は前記の如く第一位当選したので、保勝会を先頭に9月23日自動車三台に分乗し弘前市内を当選御礼廻り、次のようなビラを撒布し喜び溢れ帰村した。配布した御札のビラ(原文)(※以下省略・写真参照)』
30
30.4
30.8
設置前の案内板「乳穂ヶ滝」(西目屋村誌)より…『この滝は名坪平(昔は夏菩提ともいった)道路に面してある。正面に鳥居、左手に社務所(休憩所)、岩だらけの坂を登りつめると剣が不気味に尖り、樹齢200年と見える杉の大木が三本天を衝いている。左には弘法大師の石像をまつった祠があり、年中、日の丸の旗がはためいているのが印象的である。正面を仰ぐと岩が裂けたような状態で、高さ33メートル(古記では十丈)幅10メートル弱(同五間)の滝がさらさら雨が降るように落ちる。その岩下に不動尊がまつられ、N状に橋が架けられ、容易に参拝できるようになっている。元来、この不動尊御堂は建立不明とされている。この滝が古来から津軽の作物豊凶占いにされた古事から始まり有名になったが、藩政時代には津軽藩主が、その氷塊を正月の厳寒期に特命使者を遣わして検見させ、豊凶の手がかりとし、民間では旧正月17日その氷を参拝後持ち帰って病人に与えると、ふしぎにも快癒したという。したがって豪雪をついて津軽中の信仰者が集まり、現在でもその風習がつづいている。古い記録をたどると、文化3年8月18日(1806)津軽藩主寧親が参拝したことが明らかで、ついで寛政8年2月6日(1795)家老職喜多村が参詣している。なかでも目屋の名を天下あまねく周知させたのは菅江真澄(三河の人)。真澄は寛政8年11月4日、暗門探勝の帰り途ここに詣でて次のような歌をよみのこした。「豊年の徴も水もふる雪も千束に氷れ新穂のたきなみ」』
31
帰り際、水陸両用バスが突然現れて、ガイドさんの声が響く中で、バスの中の観光客の一人が私に向って手を合わせて拝んでいました。恐らく私が不動明王に見えたのでしょう。この日は真夏日だったのでそういう表情になっていたと思います。
32
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
青森県中津軽郡西目屋村大字田代神田。西目屋村役場の近くです。
2
由緒等は以前の記事を参照ください。
3
3.5
区画整理記念碑(青森縣知事竹内俊吉)…『目屋土地改良区は其の昔郷坂堰時代即ち弘化三年大秋川より隧道にて引水してから百十八年常に水不足と自然の暴威の戦いに組合の歴史が繰返されて耒た。其の後逐次貯水池構築水路整備等終りたるも時世の進展は営農基盤の根本的整備に迫られ昭和廿九年より区画整理の議を起し丗三年計画測量を大川太郎氏に委嘱丗六年度より三ヶ年計画で九十七町施工した此の工事費内容左の通り。事業費…昭和丗六年度8,978,000円(内補助金円2,693,000、農林中金借入金5,020,000円、負担金1,265,000円)昭和丗七年度16,305,000円(内補助金円5,964,000、農林中金借入金8,212,000円、負担金2,129,000円)昭和丗八年度8,957,000円(内補助金円4,478,000、農林中金借入金3,570,000円、負担金909,000円)計34,240,000円(内補助金13,135,000円、農林中金借入金16,802,000円、負担金4,303,000円)。此の間施工地区或は県道付替等の問題ありたるも関係者一同克くこれを善処し本日の美田を見るに至りたるは誠に感慨深いものがある。茲に関係者の労を多とし記念とす。昭和丗九年十月三十一日三浦道男撰文、西沢久一郎書』
4
目屋土地改良区竣工記念碑…『ポンプ揚水工事費12,640,000円(低利年3分5厘)、災害復旧工事費(昭和53年8月5日)53,167,000円、面積130ヘクタール(耕作者313名、自己負担4.1%)』。
5
郷坂澤隧道貯水池開設記念碑(昭和9年10月)。
6
社号標「村社熊野宮」(昭和13年10月14日建立)。
7
正面参道石段。
8
神楽殿。
9
忠魂碑(皇紀2617年・昭和32年秋分の日・九十翁高山松堂書)。
10
境内社。
11
龍神様、山乃神様、観音様など。
12
金龍神と手水舎。
13
狛犬一対(明治23年4月21日開店40周年為記念建立、昭和4年7月14日、施主竹内巍助)。
14
14.5
石灯籠一対(明治35壬寅年)。
15
15.5
不明の石碑。
16
熊一対。
17
17.5
社殿。
18
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

イメージ 1

イメージ 2
大秋村は岩木川の支流大秋川上流左岸の河谷平野にあり、東は岩木川を隔て山越えに田代村、北は白沢村、南は鷹巣山を挟んで村市村に接します。天文年間の津軽郡中名字に「大秋くいやけ」とあります。天明飢饉による被害は甚大で、駒越組大秋村絵図(桑田清氏蔵)によりますと、天明元年の総家数68軒中34軒が死絶、寛政8年には家数18。明治初年の家数は30。集落のほぼ中央、北側の山裾に鹿島神社は鎮座しています。
イメージ 3
貞享4年検地水帳によりますと、毘沙門堂・諏訪社・大日堂・馬頭観音堂・滝之不動堂があります。
イメージ 4
諏訪社(大秋堰神。正保2年(1645)建立。農耕神・狩猟神を祀る。通称お諏訪様・産土様。)は7畝14歩が除地とされ、安政2年神社書上帳によりますと元禄年間(1688-1704)・文政5年(1806、蝦夷地撤収記念・棟札あり)再建。弘前神明宮社司である斉藤長門支配下。元禄15年(1702)9月に長門が大秋堰神及び宮地村諏訪大明神の由来を述べています。それによりますと、大秋堰造成に数年取り掛かりましたが中々成功せず、正保2年に第3代藩主信義公が諏訪神社を建立し遂に成就。翌元禄16年(1703)4月下旬に宮地村諏訪大明神神主佐々木万太郎が来村し、大秋堰神に神楽奉納。大日堂は2畝4歩が除地とされ、安政2年神社書上帳によりますと延宝年間再建。毘沙門堂は堂地2畝24歩が除地と見え、安政2年神社書上帳によりますと延宝2年(1674)再建。
※ちなみに当諏訪社を見つけることができませんでした。見つけたら追記します。諏訪様は妊婦(さんと)の神様でもあり、お腹が大きくなった人や間もなく生まれる時期になった人が安産を願って参拝するそう。堂内には鏡、櫛、自然石2石などが納められているそうです。大秋村諏訪宮は農耕神と狩猟神を祀り、昔は殿様より手当を支給され、毎年神楽を奉納したのだそう。文政5年(1822)再建。文政5年に蝦夷地撤収を記念して再建したものと推測されています。
イメージ 5
毘沙門堂は明治初年に鹿島神社に改称。御祭神は武甕雷神。旧村社。
イメージ 6
寛政8年(1796)に菅江真澄が訪れて、次のように記しています…『この村はずれの馬の神の祠のかたわらにたっている柱の先ごとに、馬のくらの形をしたものが付けられてある。これは牛でも馬でも、けがや病いにかかると、いたこが神がかりして、何の祟りかをつげるので、その罪をあがなうために奉ったものだという。祠のうちに駒の形を刻んだ石があり、宝暦(1751-1764)と年号がしるされてあった。そのころは家数もたくさんあったが、飢饉のとし、検見の役人がここにきて…(中略:美女と年貢の話)…去る天明3、4年の大飢饉のころ、部落はほとんど滅んでしまい、いまは家4、5軒になったところであるが、むかしはそのような名所の女もいたと、臼をつく女が語った。』。
イメージ 7
竣工記念碑(昭和52年・神社前の美田)。
イメージ 8
鹿島神社と平行して鎮座している摂社山の神。
イメージ 9
イメージ 10
社殿。
イメージ 11
中央には桂田忠太郎氏による絵(山神)が奉納されています(昭和19年旧12月12日)。その他にも山の神の絵が奉納されていました。
イメージ 12
イメージ 13
山の神前のクランクカーブ木。
イメージ 14
こちらは竜神堂。
イメージ 15
小高い丘の上に鎮座。下調べ無しでは気付かない場所に鎮座していました。色々調べておいてよかった。
イメージ 16
蛇や龍の絵馬が奉納されています。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
この下に清水が湧いています。
イメージ 20
この水は大変いい水で、朝晩多くの人々が列をなすほどでした。
イメージ 21
こちらは少し離れて中大秋入口の道路沿いにある地蔵堂。
イメージ 22
夫婦地蔵と小さい地蔵が何体か納められています。春彼岸の入り日に弘前から生地を買ってきて地蔵様に着物を縫い、これを「おせんだく着せる」と言うそうです。地蔵様に着せる服は丁寧に縫うものではなく、返し針などをしないようにするそうです。また、おはぎは仏様の手が汚れるので持って行かないそう。子供が亡くなった時にはゴミソ(カミサマ・熊谷氏(ゴミソ)宅にオシラサマがあります。)に従い、地蔵様を刻んでもらい納めると言います。その際には人形や風車やおもちゃなどを一緒に納めると地蔵様が子供と一緒に遊んでくれるそうです。
イメージ 23
地蔵堂近くの丘。
イメージ 24
イメージ 25
庚申塔・二十三夜塔11基(万延元年、安政4年、嘉永7年、明治、大正など)。
イメージ 26
かつては鍵型に並んでいましたが、部落のイタコ行事(かみさま遊ばせる)の際に、神様から「何かやることがあるんじゃないか」とお告げがあったそうで、それをきっかけに、鍵型に並び、道路に落ちそうになっていた庚申塔を横一直線に綺麗に並べることにしたそう。その歳には名坪平の三浦神主を呼び、七草上げ、庚申様すべてにしめ縄をはって御祈祷したそう。昭和33年頃までは掛け軸を掲げて、毎月1回宿の家に集まりましたが、今はやっていないそう。唱え事は「おーこうしんで、おーこんしんで、まいたりまいたりそわか」。鉦を叩き、唱え言をあげ、夜遅くまで起きて最後におみきあげをして終了。なお、これに参加した人は部落でも生活に余裕がある人達だけだったそう。4年に1度(旧閏年)には新しい杉の木でツカを建てます。表には「○年○月○日願主西目屋大字大秋村中一同敬白」、表には日と月の絵。注連縄には炭、なんば(とうがらし)、するめ、御幣が付けられます。
イメージ 27
イメージ 28
1つだけ庚申塔とは異なる不思議な石がありました。詳細はわかりませんが、雷が鳴る度に縦長の穴が大きくなると云います。
イメージ 29
奥には馬頭観音がありました。
イメージ 30
馬投げ場と呼ばれていた場所で、かつては死んだ馬を捨てる所だったそう。
イメージ 31
イメージ 32
この地蔵堂や庚申塔が並ぶ丘から大秋川の方へ歩いて行くと大日堂があります。
イメージ 33
長閑な風景。
イメージ 34
イメージ 35
岩木山も近いのですがよく見えませんね。
イメージ 36
大日様が見えてきました。
イメージ 41
大日様もまた下調べ無しだと絶対に気付かなかったと思います。道路から見るとただの小屋に見えますからね。
イメージ 40
すぐ横は大秋川で、周囲は田んぼです。
イメージ 38
イメージ 39
申・未年生まれの守り神として親しまれているそうです。
イメージ 37
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 9
山に赤い鳥居が見えたので向かってみました。
イメージ 8
一の鳥居は壊れてしまったようです。
イメージ 7
杉ケ沢村の東と北は中畑村、南は番館村、西は白沢村。
イメージ 6
貞享4年検地水帳によりますと、山神社4畝余、稲荷社地5畝余、熊野社地8歩、不動堂4歩と境内山が見えます。
イメージ 5
堂内。綺麗にされています。
イメージ 4
不動明王と彫られた巨石の穴に不動明王が祀られています。
イメージ 3
ジュールリメ杯のように輝いております。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ