くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (青森市)

イメージ 2
青森市幸畑谷脇。かつては社殿裏に樹高約25mの大きなケヤキがありましたが、現在は伐採されております。
イメージ 1
御祭神は伊弉冉尊、菊理姫命。建立年月日不詳。
イメージ 3
かつての幸畑村で、はじめ桑畑村と称しており、貞享4年検地水帳の附箋によりますと、享保11年に幸畑村と改称。なお、享保11年以前に幸畑村と見えることもあり、また、郷帳類では江戸期を通じて桑畑村と書かれることが多いようです。貞享4年の陸奥国津軽郡御検地水帳では桑畑村で、村中抱えの権現堂地4間5間20歩。宝暦9年の神社書上帳には白山権現(幸畑村)。安政2年神社書上帳には白山権現一宇(幸畑村。草創不詳。堂社板葺2尺5寸4面。御棟札文化6年3月。神事4月14日。初代和泉太夫代より社務仕来候)などと見えます。
イメージ 4
明治以降は幸畑村と称し、桑畑村と呼ばれることはなくなっています。神社としては、地内谷脇に寛永8年再建という新山宮があります(享和3年寺社領分限帳・安政2年神社書上帳)。同社は「貞享4年検地水帳」では熊野堂と見え、新山宮を熊野宮と改称するのは明治初年の神仏分離時。なお、熊野宮は明治初年の一時期、横内村大星神社に合祀されています。このほか白山権現・稲荷宮がありましたが、神仏混淆神社調帳(八木橋文庫蔵)によりますと、神仏分離の際に熊野宮に合祀され廃堂を命ぜられたといいます。
イメージ 5
上記に見える白山権現がいずれも当白山神社ですが、元は深持村の産土神であり、村が廃村になった後無格社になったといいます。深持村は堤川支流駒込川と横内川とに挟まれた丘陵地上に位置しており、東南方に八甲田山がそびえ、北西に大矢沢村、北方に幸畑(桑畑)村があります。宝暦9年改の郷郡中郷村位付帳では村位は下とあり、山間地であるため開発も思うように進まず、農耕地は徐々に荒廃していった思われます。明治初年の国誌によりますと、大矢沢村の記事の中に「旧東南の方七丁に深持と云る村居あり、今廃して家なし、畑のみにして水田なし、深持分と称し今当村の所得となる」と見え、幸畑村の記事の中に「南の方二十五丁に家一軒あり、深持と云ふ」とあり、この頃深持村は実質的に廃村状況にあり、近隣村に吸収されていたものと考えられます。明治7年の県管内村名簿によりますと、第1大区6小区の中に当村が1村として見え、のち第1大区2小区の田茂木野村と合併したとされます。同9年頃に正式に当村は廃村となっており、大矢沢村・田茂木野村・幸畑村などの近隣村に吸収されたものと考えられます。
イメージ 6
庚申塔。
イメージ 7
久々の青森市なのでお食事して帰ります。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 2
県道242号線沿い。住所は青森市駒込字深沢。八甲田温泉の近くです。向かいにはたんぽぽコーヒーの店。
イメージ 1
灯篭一対(平成10年6月12日・上戸家石材)。
イメージ 3
イメージ 4
参道。
イメージ 5
古そうな鳥居。
イメージ 6
社殿周囲には石がゴロゴロ。
イメージ 7
イメージ 8
社殿(覆屋)。
イメージ 9
覆屋内。
イメージ 10
本殿。由緒等は調べておりません。
イメージ 11
お隣の祠。
イメージ 12
1体は伏見稲荷像ですね。隣はお顔が見えないので判断しかねます。
イメージ 13
よく見えませんが本殿裏にいくつか置かれている石が気になりますね。
イメージ 14
不思議な形をしています。
イメージ 15
神社向かいの喫茶たんぽぽが見えます。
イメージ 16
拓魂碑。
イメージ 17
碑文…『大自然と人類の調和を願い伐り開いたこの大地を子孫の繁栄と悠久の未来に贈る。衆議院議員竹中修一書。』『この開拓は昭和22年青森県開拓少年隊(隊長鎌田猛隊員50名)の入植に始まるそれは我が国高冷地農業開発の先端を行く壮挙として注目を集めたが立地条件の酷しさに加えて経験の少ない青少年の集団では至難の業であり1ヶ年にして隊員は殆んど離散隊長又病魔に冒され不帰の人となり残留せる者わずかに5名翌23年青森県副知事松野伝農学博士の斡旋により日本の酪農家としてその名も高き富樫鉄之助翁を指導者と仰ぐ翁は直ちに北海道勇拂郡安平村の酪農地帯より指導農家20戸の先遣隊を導入明けて24年にはその家族の一部をも移住せしめて開墾営農に努めたがこれ又4戸を残して全て離脱した翌25年より2ヶ年に亘り翁は自分の故郷である山形県飽海郡下の農家次三男と地元青森県内の希望入植者を併せて40余戸を入植せしめ次いで28年には遠く岐阜県の分村入植者3戸をも受け入れて鋭意開拓事業に専念した結果離農者相次ぐ中にも漸次定着農家の累積を見て30戸の計画戸数に達するまでとなった官公庁の指導により営農基盤と環境の整備が促進され部外者からの暖かい協力と激励を心の支えとして今日漸く肉牛生産地として将来を期待されるに至ったこの間30年指導者富樫翁は既に亡く残る農家は22戸を数える開拓者の道は常に冷厳なる大自然の中で生命をかけた斗であった夛くの心からなる協力者に今改めて謝意を表し碑文とする 田代平開拓酪農協同組合』
イメージ 18
田代平開拓三十周年記念碑(建立賛助御芳名省略・昭和52年9月18日)。
イメージ 19
以下は喫茶たんぽぽの写真です。
イメージ 20
たんぽぽクッキー。
イメージ 21
たんぽぽコーヒー&羊羹。
イメージ 22
もちろんたんぽぽが使われています。
イメージ 23
喫茶たんぽぽではお店の外でも楽しめます。
イメージ 24
ツリーハウス、ブランコ、ハンモック、足湯…
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 5
酸ヶ湯温泉・地獄沼の近くです。向かいには東北大学植物園八甲田山文園があります。三十三観音は八甲田のすべての安全を願うために、酸ヶ湯の経営者だった郡場直世らが提唱、賛同されたお客様と共同で付近の自然石を彫って造られました。風化により現在は三十体程となっていますが、今でも酸ヶ湯の従業員が毎年お盆になると供養しているそうです。 
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
周囲に石がたくさんありますが、そもそもどこが第一番なのかもわかりませんでした。ぐるっと周りながら山仙鹿内辰五郎頌碑地獄沼の方に進めばいいみたい。
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
散策コースになっていますが、火山ガスが噴出しているのか、いずれにせよ硫黄の匂いで気分が悪くなりそうだったので散策は控えました。すいません。
イメージ 3
イメージ 4
三十三観音付近では致死量の約8倍の硫化水素が観測されていた頃もあるようなので注意が必要なのです。八甲田のすべての生き物の安全を願うために設置された三十三観音ですが、自分の安全を優先しました。
イメージ 2
ってことで八甲田山ではガスと雪には気を付けましょう。
イメージ 1
三十三観音…『八甲田のすべての生き物の安全を願うために、三十三体の観音像が祀られました。この一帯は、火山活動に伴う水蒸気・硫化水素・亜硫酸ガスなどの噴出がみられ、火山性のガスの影響を直接受けて裸地になっています。硫気の強い部分には、地衣類のイオウゴケが生育しています。注意…登山道の外には火山性ガスの湧出地、急崖地などの危険な場所が存在します。』
イメージ 12
イメージ 13
火山現象跡地…『八甲田火山は、110万年前から活動を始め、八甲田カルデラを約40万年前までに形成しました。40万年前以降に八甲田カルデラの南半分で火山活動が繰り返され、八甲田大岳などの成層火山が形成され北八甲田火山群となりました。また、八甲田カルデラの北半分は、カルデラ湖の湿原遷移により田代平湿原となりました。北八甲田火山群は、現在も山の所々から火山ガスを噴出している活火山です。』
イメージ 14
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
八甲田山です。酸ヶ湯薬師神社は酸ヶ湯のすぐ近くに鎮座しております。
イメージ 2
近くには大岳登山口があります。標柱は「八甲田山神社登山口」。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
「青森県八甲田-山口県秋吉台五千キロ踏破・日本山脈縦走起点」という看板もあります。1960年頃に実施された讀賣新聞社による縦走イベントらしいです。確かに「日本山脈縦走」(1960年・読売新聞社)という本が出版されているようです。東と西からそれぞれ2班に分かれて本州の山々を縦走し富士山を目指したとか。とんでもないイベントですね。このイベントを想像すると登山が楽に感じるかも。
イメージ 6
薬師神社鳥居。
イメージ 7
鳥居脇の石碑「奉納薬師神社」。裏面は笹籔のため未確認。
イメージ 8
参道…っていうか山道。社殿までは1分もかかりません。
イメージ 9
御祭神は大山祇神、木花開耶姫、少名彦名命、薬師瑠璃光如来、小山内才エ門大命。
イメージ 10
扁額は独特な字体です。
イメージ 11
揮毫は薬師寺の太胤元管主。
イメージ 12
御祭神説明板…『【大山祇神】日本古代の山岳の神、水源であり建築材・薪炭の供給源であった山岳を治めた神。民間語で(ヤマズミ)山の神という。【木花開耶姫(ににぎのみことの妃)】火中で三人の子を産んだという神(ホスセリノミコト・ホコホホデミコト・ホカカリノミコトの三人)。後に火山富士の火神として各地にまつらる(安産の神)(子安の神)火山の山神ともいう。【少名彦名命(少名毘古那命)】療養医薬の神(薬王医祖)。病気災害を拂う事を教えた神で病を治す薬等を教え、その法をつくりそのかたわら国造りのオオクヌシノカミの命助けた神という。病気災害【薬師瑠璃光如来(大医王佛)】萬病を治癒し寿命をのばす佛。東方浄瑠璃国(現在の日本国)の教主にして、十二誓願を発し、衆生の病原を救い無名の痼疾を治した佛。【小山内才エ門大命】この大命は横内村の人で猟をして鹿をうったが逃げた鹿の後を追ってきて見たなら、ここでいためた足を湯で治している様子を見てびっくり、そうして発見された温泉で、いわゆる鹿に教わって発見した方である。ここの温泉は最初鹿の湯といい、後分析して酸性である事が分かり酸ヶ湯と改名したもの。』
イメージ 13
貞享元年(1684)、横内村(現青森市内)に住む狩人(マタギ)長内佐ヱ門四郎が田茂萢岳で鹿をしとめそこない、その手負いの鹿を追って雪に染まっている血を辿っていきました。それから3日後に発見しましたが、傷を負っていたはずの鹿があっという間に岩山を駆け上がり逃げ去ってしまいます。不思議に思い、付近を探索したところ温泉が湧いているのを見つけました。その後、その温泉に薬効があることを知り「鹿の湯(鹿湯)」と名づけて小屋を建てて湯治場として利用。その「鹿の湯」がいつしか転訛し「酸ヶ湯」となったと伝えます。なお、『青森の伝説(森山泰太郎・北彰介)』では「酸性硫黄泉で、飲むとたしかにすっぱいが、そんなことではなく、シカをスカと方言のなまりで発音したための変化であろう」と書かれています。長内佐ヱ門四郎は祠を造り、その鹿を祀ったのが酸ヶ湯薬師の由来と云われ、酸ヶ湯温泉旅館では、有名なヒバ千人風呂の浴室にも神棚が安置されており、薬師様が祀られています。
イメージ 14
木花開耶姫かな。左後ろの像はよく見えず。
イメージ 15
こちらは山伏のような木像もしくは大山祇神。隣は薬師如来かな。
イメージ 16
七福神。よく見たら手前に後藤房之助伍長の像らしきものがありますね。
イメージ 17
昔の写真3枚(昭和29年5月頃・昭和32年7月1日白菊會一同、八甲田山大岳頂上全景・昭和29年5月頃当時75歳)が飾られていました。昭和29年は酸ヶ湯温泉が、四万温泉、日光湯元温泉と共に国民保養温泉地第1号に指定された年です。写真の方は酸ヶ湯温泉の鹿内仙人、鹿内辰五郎翁。鹿内辰五郎については『山仙鹿内辰五郎頌碑』の記事を参照ください。
イメージ 18
イメージ 19
それにしても昔の方々は軽装ですね。学生は学ラン・学帽で登山ですもの。小学校1年生で友達100人と富士山の頂上でおにぎり食べていたくらいですものね。友達100人つくって100人でおにぎり食べている状況ですから、1人は何らかの理由で頂上に到達できなかったことはさておき…。
イメージ 20
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 2
御祭神は誉田別命。
イメージ 1
草創は不詳。
イメージ 3
貞享4年検地水帳によりますと松森村に八幡社地と明神社地が見えます。地内福田の八幡宮は寛永3年(1626)5月村中にて五穀成就のために再建。
イメージ 4
明治初年に一時戸山村砥山神社に合祀されるも後に復社。
イメージ 5
手水鉢。
イメージ 6
石燈籠一対(昭和19年9月15日)。
イメージ 7
イメージ 8
狛犬一対(昭和12年旧4月15日)。
イメージ 9
イメージ 10
八幡宮と刻んだ記念碑。
イメージ 11
御神馬(祈武運長久・昭和15年)。
イメージ 12
帰りは川よし(特上)からの~
イメージ 13
喫茶マロンからの~
イメージ 14
イメージ 15
大衆酒場コンフィ。
イメージ 16
青森市食べ歩きのゴールデンコースです。食べ過ぎですね。幸せです。
イメージ 17
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ