くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 遺構・痕跡・城址・廃墟・碑等

1
秋田県大館市雪沢大滝。鉱山と森林の歴史を伝える小坂鉄道。長木渓流沿い。清風荘向かい(乗り場)。名前が似ていますが『小坂鉄道レールパーク』とは異なりますので注意してください。
2
運行期間は4月から11月(火曜日・水曜日定休日。8月は毎日運行。)。運行期間はその年によって違うので、HP等でご確認ください。
3
予約はした方がいいです。単線のため、少しでも混んだら結構な時間を待たされることになります。
4
私が予約したのは金属車輪のガタンゴトンという音が心地よい2人乗り車両。まず強制的に写真撮影が行われます。もちろん記念写真込みのお値段です。できればスタート地点ではなく途中の鉄橋で撮って欲しいところですが。
5
ってことで出発!
6
最初に見えてくるのはコマリヤの龍神様。
7
コマリヤの龍神様については別記事にしております。
8
9
線路は続くよどこまでも~♪
10
東屋と滝が見えました。
11
四十八滝です。四十八滝の説明についてはコマリヤの龍神様の記事を参照ください。
12
どじょう養殖場の横を通って旧小雪沢駅へ。
13
案内板があります。『旧小雪沢駅。ここから小坂側は電化されており、昭和36年廃止まで電気機関車と蒸気機関車の付替えを行っていました。』
14
ゆっくり見ようとしても…
15
もう一人が一生懸命漕いでいると…
16
あっという間に過ぎていきます…チームワークが大切です笑
17
農道踏切。
18
小雪沢鉄橋(第9号橋梁)。
19
長木川を渡ります。
20
景色を楽しみながら。
21
21.5
気持ちはいいのですが、すぐ横に道路があるのはちょっぴり残念。
22
20‰勾配標。1000進んで20上る坂道。
23
気笛吹鳴標識があるので自転車のベルを鳴らします。
24
着いたのは旧雪沢温泉駅。
25
昭和29年、雪沢鉱泉駅として開業。
26
昭和46年雪沢温泉駅に改称。平成6年廃止。
27
旧雪沢温泉駅から折り返し地点までは残り800m。
28
農道踏切。
29
高齢者ドライバーによる踏切事故も増えているので、安全確認をしながら進みます。
30
あと100m!スピード注意!クマ注意(声を出そう!)!
31
自転車のベルを鳴らします。
32
折返しが見えてきました。折返し地点ではターンテーブルで車両を反転。
33
意外にあっという間。
34
復路です。Bicycle~bicycle~bicycle~I want to ride my bicycle~I want to ride my bike♪(歌えないけど)
35
雪沢温泉「大雪」…凄いネーミングです。
36
さて、同じ道なので、帰りはパンフレットを引用して少しだけ説明を致します。
37
小坂鉄道は明治42(1909)年、小坂(鉱山)と大館間・22.3km(廃止時)を結ぶ私鉄として開業、平成21(2009)年にその役目を終え廃止されました。
38
小坂鉄道は鉱山鉄道の側面はもとより、大館地域の林業の興隆にも大きな影響を与えました。開業当初から森林鉄道と接続、多くの木材の搬出を行ったことから、大館駅前を中心に何社もの製材所が設立され、新市街地を形成するきっかけになりました。
40
また車両の動力も、蒸気→電気→ディーゼルと変遷したユニークな経歴を持つ鉄道でもあり、東洋一と言わしめた小坂鉱山の凄さを垣間みることができます。
40.5
さらに腕木式信号機など、昭和までの鉄道運行システムが多く遺されており、廃止後もほぼ全軌道が残されている希有な廃線でもあります。
41
41.5
片道1.8kmを往復(3.6km)走行。乗車時間は体力や混雑具合にもよりますが、おおむね30~40分程度です。
42
復路はよりスピードアップしてあっという間でした!
43
しかしながらチームワークが悪いと…
44
せっかくの滝の写真もこんな感じになります笑
45
ゴール!!
46
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
秋田県仙北市角館町古城山。古城山の中腹に鎮座。
2
古城山城跡(山城)は中世に戸沢氏(後の新庄藩主)が山上に館を築いていたところです。以前は姫小松の多いことから、小松山と呼ばれていました。元和元年の一国一城令により城は取り払われて、元和6年に廃城となり、城跡(主郭)には「小松山城址(角館城)」の碑(「中世仙北の雄、戸沢氏の居城。戸沢氏13代家盛が門屋城からこの地に移り(1424)、21代政盛が常陸に移る(1602)まで居城とした。」)と五輪塔が建立されています。まだ桜も咲いていない時期だったので上まで行きませんでした。
3
古城山案内図。
4
大越吾亦紅句碑…『鳩笛は鳩のかたちで鳩へ少年千年は吹く』
5
鳥居。
6
七色ならぬ金の額束がいい感じです。
7
参道。
8
御祭神は宇迦之御魂神。例祭日は旧暦10月10日。
9
御神徳:生業繁栄、開運招福、商売繁盛、五穀豊穣。角館總鎭守神明社が奉仕。
10
拝殿向拝下神額「七色大明神」。
11
詳細は省略致しますが、葦名家には代々狐にまつわる伝説がありました(玉藻前の伝説、那須野の九尾の狐)。三浦義継(蘆名家子孫)が九尾の狐(平安時代に鳥羽上皇に仕えた玉藻前)を退治し、その祟りが代々不幸をもたらすというものです。葦名義広(佐竹義重次男。盛重、義勝)は慶長7年に仙北郡角館に入りますが、妖狐の祟りを鎮めるために城山中腹に建立されたのが七色稲荷神社であると云われています。
12
「南無妙法蓮華経・七色稲荷大菩薩」と刻まれている神仏混淆満載の碑(昭和6年7月7日奉納)。
13
裏面に紀年銘・奉納者名。
14
イメージ 3
イメージ 2

1
駅前。赤い柱が寺社仏閣を意識させる造り。
2
京浜急行発祥之地記念碑。
3
『京浜急行電鉄株式会社は、明治31年2月25日大師電氣鐵道株式会社として設立され、翌明治32年1月21日、川崎六郷橋~川崎大師間の営業を開始した。開業時の資本金は9万8千円、営業路線は単線2粁、車両数は5両で開業当時の営業報告書には、次の通りに記されている。「全般ノ機械運轉上成績好結果ニシテ一日モ運轉ヲ中止セシ事ナク即チ五月丗一日ニ至ル本期間ノ営業日数ハ一百三十一日ナリシ而シテ乗客ハ相應ニ多ク毎月廿一日ノ如キハ非常ノ雑踏ヲ極メシモ線路ノ單線ナリシト車輌ノ不足ナリシ為メ充分ニ乗客ヲ運ビ能ハザリシノ感アリ本期間平均一日一哩ノ乗車賃ハ五拾円九拾銭二厘ニ相当セリ。元来本社ハ関東ニ於ケル電氣鐵道ノ嚆矢ニシテ成績ノ如何ハ将来電氣鐵道事業ノ発達ニ重大ナル関係ヲ有セシモノナリ。幸ニシテ今ヤ営業初期ニ於テ相應ナル純益配当ノ報告ヲナスヲ得又運轉開始以来一人ノ負傷者ヲ生ズルナク毎月廿一日ノ如キ数萬ノ老幼群集シ往来織ルガ如キ場所ニ於テ乗客ヲ満載シ乍ラ一日貮百五六十回余ノ運轉ヲナシテ過チナカリシハ實ニ本社ノ幸福ニシテ亦以テ電氣鐵道ノ市街交通機関ニ適シ更ニ危害ノ虞レナキヲ表示スルヲ得タルモノナリ」。かくて好調裡に営業を開始した大師電鐵は同年4月京濱電氣鐵道と改称昭和23年6月京浜急行電鉄となり逐次事業の拡張を図って今日の隆昌をみるに至った。ここに創立70周年に当り、会社設立発起人代表立川勇次郎はじめ先人の遺徳を偲び大師電鐵発祥のこの地に本記念碑を建立する。昭和43年12月21日京浜急行電鉄株式会社』
4
4.5
駅から川崎大師表参道厄除門が見えます。
5
川崎大師表参道。
6
参道途中にあった馬頭観世音大菩薩。
7
帰りに寄ったら…残念ながら閉店ガラガラ。
8
馬頭観音堂(川崎区大師本町8-17)…『馬頭観音堂は今から370年以前に創建されたといいます。本尊馬頭観世音菩薩は畜生道に堕ちた人を救いあげるといいます。後に人々は馬や牛から受ける恩恵に感謝し信仰が盛んになりました。その昔、平間寺に参拝する人がお堂の格子に手綱を結ぶとどんな暴れ馬でもおとなしく待っていました。そこで赤い布に好きな人の名前を書き格子に結び良縁を願うようになり若い人のお詣りが多いといいます。また馬の守護神でもあるので人参をお供えしてお詣りしてはいかがでしょう。平成17年6月川崎南ライオンズクラブ』
9
右手には川崎大師の塀。圧倒的な存在感ですね。左手には明長寺があります。
10
私みたいな方向音痴でも絶対に迷うことないですね。
11
大師仲見世入口。
12
両側に色々なお店が並んでいます。
13
仲見世を抜ければ大山門正面です。
14
15
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ