くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 坂道

1
岩手県二戸市福岡。九戸城三の丸の一角。
2
2.5
現鹿角街道(県道274号線・九戸城跡)から、岩谷橋を渡らずに馬淵川沿いへ下り、白鳥川(九戸城外堀)を渡って、岩谷観音堂前を通り、岩谷橋をくぐって、再び現鹿角街道(県道274号線と県道24号線が交わる交差点角)へと上がる坂道です。
3
黄色の場所に「奥州道中の追分石」があります。
4
こちらの地図(九戸城跡地形模型)には佐羽内坂(マスケ坂)とあります。
5
6
何やら色々工事中でございます。
7
7.5
岩谷橋をくぐって、坂道を上ります。本来はこの付近(坂下)に追分石があったそうです。
8
ロードコーンだらけで趣に欠けます。
9
9.4
9.8
坂道を振り返るの図。
10
坂の途中から岩谷観音堂がギリギリ見えます。
11
11.5
坂道を上りきり、岩谷橋北のたもと、橋の下を通る旧街道(奥州街道)と白鳥道の分岐点に追分石(福岡字落久保。高さ80cm・安永4年)があります。
12
追分石「右もり岡・左白とり」。
13
案内板より…『安永乙未夏(1775年)、当時の福岡通代官大巻勇助によって建立された追分石。「右もりおか 左白とり」と刻まれています。元々は右手の坂を下った所にあり、白鳥道と奥州道中の分岐点に建つ道標でした。奥州道中は、奥州白河から津軽外ヶ浜に至る八十九次(「次」は宿駅のこと)で、盛岡を過ぎると「山又山の果てしなき地」だったそうです。この石は現在でいう標識として、街道を往来した旅人の道中手掛かりの役目を果たしていました。また、右手坂の先には、奥州糠部三十三所観音霊場巡礼の第二十八番札所にかぞえられる岩谷観音堂がありますので、ご参詣ください。』
14
「馬助坂」標柱より…『この坂はますけ坂とよばれ、藩政時代に盛岡と三戸を結ぶ街道の道筋にあり多くの人馬が往来しました。近世の古図には「馬助坂」とあり、馬車や馬そりが難渋した際、人足や博労が馬を助けながら上がったことに由来すると思われます。またこの辺りは九戸城三の丸の一角でもあります。』
15
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ

1
西参道入口(日光奉行所跡)から輪王寺本坊横を通って表参道(日光火之番八王子千人同心顕彰之燈付近)へ繋がる坂道。
2
社務所へまかないを運ぶ時に通った坂に由来。
3
朱塗りの橋。
4
横には階段。
5
橋の前の坂道は浩養園のひょうたん型の池(旧宝物館裏)へ上る坂。
6
防火用の庭園だったようです。浩養園には保晃会碑が残されています。
7
賄坂…この坂もまた…
8
実に走りたくなる坂である。
9
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

イメージ 2
4月21日。新町坂上からの岩木山です。
イメージ 3
関連記事
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
東京都府中市宮町3丁目。天神橋標柱。
イメージ 2
天神橋…『ここに、府中用水の支流末とハケ下の湧水をのみ込んだ「こっち代小(だいしょう)」(代小川)に架かる天神橋がありました。橋の名は、ハケ上の天神山に祀られる「天神社」に由来します。』
イメージ 3
天神橋から続く天神坂。
イメージ 4
日吉神社参道入口に立つ天神坂標柱。
イメージ 5
坂下。
イメージ 6
日吉神社天神社(天神山)の脇を上っていきます。
イメージ 7
坂上、天神社入口(京所公会堂入口)。
イメージ 8
天神坂…『この坂の名は、大国魂神社の末社「天神社」がまつられている天神山に由来します。この山は「国造山」とも呼ばれています。天神社は普通「てんじんしゃ」と呼ばれ、菅原道真を祭神とする天満宮と混同されていますが、本来は「あまつかみのやしろ」と呼ぶのが正しいようです。そのため、この神社の祭神は菅原道真ではなく、少彦名命です。天神社は、古くから人々の信仰をあつめ、道の名や地名として今に伝えられています。昭和60年3月府中市』
イメージ 9
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 3
東京都府中市清水が丘。
イメージ 4
現在ではさほど勾配を感じません。途中で大きく湾曲しています。
イメージ 1
イメージ 2
また、途中でいききの道と分岐します。
イメージ 5
柳坂…『この坂は、古くは狭い農道でしたが、競馬場開設に伴い整備され、今のように広くなったものです。坂名は、植物の柳に由来するといわれています。すなわち、坂の途中から瀧神社への分岐点に柳の大木があったからとも、道路ぎわに柳が植えられていたからともいわれています。競馬場は昭和8年に開設されましたが、この設置には、府中の豊かな水量をはじめ、水質の良さ、美しい景色が決め手になったといわれています。昭和60年3月府中市』
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ