くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 自然

1
岩手県岩手郡雫石町丸谷地。
2
桜の時期ではございませんが、それでも美しい風景だと思います。
3
一本桜。
4
桜の時期ならばこんな感じ(※案内板の写真)。
5
案内板より「雫石十四景 小岩井農場の一本桜と岩手山」…『雄大な岩手山を背景に小岩井農場の緑の大地に立つ一本桜。明治40年代に植えられたエドヒガンで、この場所が放牧地だった頃には、夏の日差しから牛を守る「日陰樹」として利用された。桜の開花期には残雪の岩手山とのコントラストのほか、夏から秋、冬へと変化する風景も美しい。』
6
案内板より「小岩井農場と一本桜」…『小岩井農場は明治24年(1891年)に開設されました。当時この地は不毛の原野でしたが、土地改良を行うと共に森林を形成しつつ、一貫して農林畜産業を基軸とした運営を継続し、不毛の原野は百年を越す歴史の中で生産性の高い緑の大地に変わりました。農場の中で、秀峰岩手山を背景に緑の大地に根を張る一本桜。詳しい樹齢は不明ですが、おそらく明治40年代(約100年前)に植えられたと推定されます。一本桜があるこの草地は、今は農場の牛などの餌になる牧草を収穫する畑ですが、昔は牛の放牧地でした。牛は暑さが苦手なので、夏の強い日差しから牛を守る「日陰樹(ひいんじゅ)」としてこの桜が植えられたものと考えられます。以前はここで牛の世話をする人しか知らない桜でしたが、昭和50年代に広域農道(雫石地区:全長19.5Km)が整備(1978年度完成)されてからは一般の方も見学できるようになりました。』
7
8
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
栃木県日光市山内。国道120号線沿い。神橋前・長坂下にある深沙王堂(蛇王権現堂)へ。
2
石燈籠。
3
深沙王堂。
4
深沙王堂(蛇王権現堂)…『伝説「山菅の蛇橋」にあるように、勝道上人一行が大谷川を渡れないでいる時に、二匹の蛇を放って一行を助けた「深沙大王」を蛇王権現として祀っている。深沙大王は「毘沙門天」の化身であり、その昔仏教経典を求めてインドに向かう玄奘三蔵を危機から救ったといわれる。橋渡しの神という信仰から「縁結び」、また、蛇信仰から「商売繁昌」の信仰もある。現社殿は、昭和53年の再建。』
5
太郎杉。国道の狭隘部に接して所在し、国道側へ傾斜しているため、通行車両に擦られて樹皮に傷ついた跡が多数あり、日光東照宮と協議して日本樹木医会栃木県支部が道路側に再生プラスチック製の保護材(鎧)を取り付けて、樹皮及び樹体の保護を図っています。
6
『神橋近くの老杉群の中で、この樹が最も大きく優れた姿であることから「太郎杉」と呼ばれている。樹齢約550年。樹高43メートル。目通り周囲5.75メートル。昭和30年代、道路拡張計画のため、伐る伐らぬの裁判で注目を集めた。』※昭和39年8月、当時の建設大臣が栃木県知事からの申請により、道路拡幅のために土地収用法第20条を適用して太郎杉の伐採計画を含む土地収用裁決を行ったところ、東照宮側がその裁決の違法を主張して起こした行政訴訟で東照宮が勝訴。太郎杉裁判は環境問題の先駆的な裁判として知られています。
7
深沙王堂から見た神橋。神橋の先に橋姫社があります。対岸の橋姫社と共に男女一対となり橋の守護神として、橋の恒久的な安泰と橋を渡る人々の安全を祈っています。
8
私が歩いた軌跡的には『二荒山神社別宮 本宮神社(日光市)』へ続く。
9
日光二社一寺関連記事
10
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
栃木県日光市中宮祠。日本三名瀑のひとつ。日光四十八滝のうち最大の滝。発見者は勝道上人と伝え、仏教経典の1つである華厳経から名付けられたと云われます。華厳渓谷周辺には他に阿含滝、方等滝、般若滝、涅槃滝もあることから、五時の教判から、それらと同様に命名されたものと考えられています。
2
轟音とともに豪快に流れ落ちる迫力と優美さを兼ね備えた景観。落差97m・滝幅7m。滝から落ちる水の量は平均3tで、多い時には100t、少ない時は0.3t以下になることもあります。滝壺はほぼ円形で深さ約5m。背後に奥行約30mの洞窟があるそうです。
3
ってことなんですが上記は写真の写真であり、現場は滝よりも霧がすごい状態…特に水量の多い年だったようで。ってことでモニター確認するも微妙な感じでした。
4
それでも何とか見えるとのことで一応エレベーターで観瀑台まで降りてみました。
5
うーん…
6
実際はもう少し見えていたんですが、カメラでは霧のせいで白い滝にどうしてもピントが合わず…しかも上から差し込む光によってよりピントが合わず…
7
周囲の十二滝は見えます…少なくとも肉眼でははっきりと見えます。
8
8.5
華厳の滝から観瀑台直下にある涅槃の滝へと流れ…
9
大谷川となって鬼怒川に合流。華厳の滝は崩れやすい男体山の噴出物を浸食しながら現在の位置へと移動しました。太古の華厳の滝は800mほど下流にあったそうです。ブラタモリでもやっていましたね。
10
よって涅槃の滝は観瀑台から見下ろす感じです。
11
皆さん必死に写真を撮っています。
12
華厳の滝から観瀑台を挟んで反対側にも滝がありました。
13
13.5
このように滝に囲まれた渓谷なので音だけでも迫力がありますね。
14
つまり…
15
見えなくても迫力は感じることができる!ってことで。一応動画も撮ったのですが面倒なので掲載しません。
16
こうなったら男体山の溶岩の安山岩から成る柱状節理を楽しみましょう。
17
華厳滝は中禅寺湖から流出する大尻川が男体山から噴出した溶岩 (柱状節理の輝石安山岩) にかかってできたものです。
18
華厳滝を囲むこの大岩壁は上部から安山岩・集塊岩・石英斑岩とで形成され、中段の細い滝の数々は十二滝と呼ばれています。中禅寺湖からの地下水が、中段の集塊岩の下から湧出水となって簾状に落ちています。なお、岩壁の下段は石英斑岩から成っています。
19
さて…
20
華厳の滝撮影再挑戦!
21
うーん…
22
やっぱり霧のせいで写りません。
23
実際はこういう風に見えるのに!(※晩御飯の「日光湯波」で表現してみました)
24
花火と滝はやっぱり写真ではなく…
25
実際の目で見ないとね(言い訳)
26
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

↑このページのトップヘ