くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 自然

1
桝形(枡形)は旧城下町にある町のつくりでカギ型の場所です。
2
桝形標柱(昭和37年創建・平成11年3月改建)より…『城下町に出入するけじめのところ。旅行者などをここまで出迎え、或いは見送ったと云う。』
3
桝形には地蔵井戸と地蔵堂があります。少し南へ行った左手には一里塚(標柱)もあります。花輪の一里塚は盛岡夕顔瀬橋を起点とした鹿角街道沿いに設けられました。
4
地蔵井戸。
5
『旧関善酒店・おせど・小田島家住宅』並びに『万山さんの井戸(萬三稲荷の水場)』と同じ通り沿いになります。
6
上段が飲用、下段が野菜や飲み物等の冷却、その余水が洗い物用。
7
井戸の上に枡形(ますがた)の案内板がありました。『「花輪ばやし」祭典で10町内の屋台は、20日午前0時を期して「朝詰」のパレードが始まる。暗闇の中、最初に稲村橋に詰め、次に舟場から新田町の枡形に向う。ここで御旅所から神幸した御輿の前で、一台ずつの神事が行なわれる。枡形は、「城かしら」と呼ばれる城下町に見られる町のつくりで、敵が一気に攻められないようカギ形状になっていた。近くに地蔵様や庚申塚などが並ぶ一角があり町はずれを思わせる。枡形は、旅立ちの際の送り迎えをした'境むかえ'が行なわれた所でもある。』
8
昭和40年代の新田町。
9
地蔵堂は地蔵井戸のすぐ裏にあります。
10
地蔵堂。
11
地蔵尊。
12
枡形から少しだけ一里塚方面に南下すると庚申塚があります。
13
庚申塚。
14
庚申塔(安永4乙未歳5月14日)。中々古いものでございます。
15
金毘羅大権現(嘉永7甲寅年10月10日)。
16
裏面には「町内安全」と彫られ、下部に願主名が見えます。
17
石塔が三基。
18
1つは庚申塔(甲子)。紀年銘は文政7甲申年。
19
もう1つは唐松大権現。紀年銘は安政6己未歳8月吉辰。
20
真ん中の碑は状態が悪くて読み取れませんでした。
21
小祠があります。
22
2躰祀られております。お顔は見えますが、布で判断できず。
23
石祠。
24
こちらは庚申塔のようです。紀年銘は大正。下部は同じく布で見えず。
25
石祠自体の方が古く、紀年銘は明治42年12月。横には名前等が彫られています。
26
26.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
秋田県大館市雪沢大滝。鉱山と森林の歴史を伝える小坂鉄道。長木渓流沿い。清風荘向かい(乗り場)。名前が似ていますが『小坂鉄道レールパーク』とは異なりますので注意してください。
2
運行期間は4月から11月(火曜日・水曜日定休日。8月は毎日運行。)。運行期間はその年によって違うので、HP等でご確認ください。
3
予約はした方がいいです。単線のため、少しでも混んだら結構な時間を待たされることになります。
4
私が予約したのは金属車輪のガタンゴトンという音が心地よい2人乗り車両。まず強制的に写真撮影が行われます。もちろん記念写真込みのお値段です。できればスタート地点ではなく途中の鉄橋で撮って欲しいところですが。
5
ってことで出発!
6
最初に見えてくるのはコマリヤの龍神様。
7
コマリヤの龍神様については別記事にしております。
8
9
線路は続くよどこまでも~♪
10
東屋と滝が見えました。
11
四十八滝です。四十八滝の説明についてはコマリヤの龍神様の記事を参照ください。
12
どじょう養殖場の横を通って旧小雪沢駅へ。
13
案内板があります。『旧小雪沢駅。ここから小坂側は電化されており、昭和36年廃止まで電気機関車と蒸気機関車の付替えを行っていました。』
14
ゆっくり見ようとしても…
15
もう一人が一生懸命漕いでいると…
16
あっという間に過ぎていきます…チームワークが大切です笑
17
農道踏切。
18
小雪沢鉄橋(第9号橋梁)。
19
長木川を渡ります。
20
景色を楽しみながら。
21
21.5
気持ちはいいのですが、すぐ横に道路があるのはちょっぴり残念。
22
20‰勾配標。1000進んで20上る坂道。
23
気笛吹鳴標識があるので自転車のベルを鳴らします。
24
着いたのは旧雪沢温泉駅。
25
昭和29年、雪沢鉱泉駅として開業。
26
昭和46年雪沢温泉駅に改称。平成6年廃止。
27
旧雪沢温泉駅から折り返し地点までは残り800m。
28
農道踏切。
29
高齢者ドライバーによる踏切事故も増えているので、安全確認をしながら進みます。
30
あと100m!スピード注意!クマ注意(声を出そう!)!
31
自転車のベルを鳴らします。
32
折返しが見えてきました。折返し地点ではターンテーブルで車両を反転。
33
意外にあっという間。
34
復路です。Bicycle~bicycle~bicycle~I want to ride my bicycle~I want to ride my bike♪(歌えないけど)
35
雪沢温泉「大雪」…凄いネーミングです。
36
さて、同じ道なので、帰りはパンフレットを引用して少しだけ説明を致します。
37
小坂鉄道は明治42(1909)年、小坂(鉱山)と大館間・22.3km(廃止時)を結ぶ私鉄として開業、平成21(2009)年にその役目を終え廃止されました。
38
小坂鉄道は鉱山鉄道の側面はもとより、大館地域の林業の興隆にも大きな影響を与えました。開業当初から森林鉄道と接続、多くの木材の搬出を行ったことから、大館駅前を中心に何社もの製材所が設立され、新市街地を形成するきっかけになりました。
40
また車両の動力も、蒸気→電気→ディーゼルと変遷したユニークな経歴を持つ鉄道でもあり、東洋一と言わしめた小坂鉱山の凄さを垣間みることができます。
40.5
さらに腕木式信号機など、昭和までの鉄道運行システムが多く遺されており、廃止後もほぼ全軌道が残されている希有な廃線でもあります。
41
41.5
片道1.8kmを往復(3.6km)走行。乗車時間は体力や混雑具合にもよりますが、おおむね30~40分程度です。
42
復路はよりスピードアップしてあっという間でした!
43
しかしながらチームワークが悪いと…
44
せっかくの滝の写真もこんな感じになります笑
45
ゴール!!
46
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
こちらは蛇王神社に向かう道中にちょっとした墓所があり、その付近に鎮座していた龍神宮です。
2
龍神宮内。中央に神像と棟札、右に小祠がありました。詳細までは見ていません。
3
龍神宮横にあった妻ノ神の石碑(昭和11年1月吉日・椛本ソノ建立)。
4
龍神宮から更に少し進んだ場所に案内板が設置されています。
5
蛇王の松…『蛇王(じゃおう)神社の境内にある赤松の大樹です。根元から三つ又になり、それがさらに分かれて五つの太幹となって、天に向かって手を広げるように伸びています。この木の幹周りは6メートル88センチあり、アカマツとしては青森県内では1位、全国では3位という太さを誇る巨木です。この地方では、昔から三つ又の木は山神が依存した神木として崇敬されており、この巨木そのものが山神の御神体とされています。』
6
蛇王神社と書かれた鳥居をくぐり…
7
その先へと歩いて行きます。
8
すぐに左手に沼が見えてきます。
9
9.5
八の太郎が棲んでいたという沼。
10
沼沿いに進むと…
11
すぐに蛇王神社に着きます。
12
ちなみにこの沼ですが、水草で全貌がわかりにくいのですが、結構な大きさだと思います。
13
13.5
蛇王神社。田子町田子椛山鎮座。
14
由緒等は調べていませんが、蛇王神社には龍神(龍正大明神)が祀られており、周囲の椛山沼には蛇や龍女についての様々な伝説を残します。蛇王は竜神であり、雨乞いの神かも知れません。雨乞いをすると霊験ありとの話も伺いました。
15
『水神竜神 十和田信仰』(小館衷三)には三戸町蛇沼や階上岳の八郎竜神などの記載はありますが、ここについては特に触れていなかったと思います。
16
御神体。
17
全部は見えませんが棟札。
18
18.5
境内にある山ノ神の石祠。
19
蛇王の松。
20
根元部分では三頭木です。
21
推定樹齢370年。樹高22m、幹回6.88m。
22
根元にある鳥居と標柱。町指定文化財。
23
23.5
想像を超える太さと迫力です。正直驚きました。
24
この枝の伸び方が迫力を増しているんでしょうね。かっこいい松です。
25
さて私はどこでしょう。
26
ここです。
27
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ