くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 建物・歴史的建造物・街ブラ等

青森県八戸市鮫町二子石。鮫村は浜通村の一部でした。浜通村は江戸期に湊・鮫を中心とする約10か所の浜・浦から成る村でした。はじめ盛岡藩領、寛文5年からは八戸藩領。八戸廻に属します。元和3年盛岡藩主南部利直によって田名部が藩直轄地とされ、根城南部氏の給所が田名部 ...

旧制弘前高等学校外国人教師館。大正14年建築、平成16年移築。木造二階一部平屋建、鉄板葺、建築面積73㎡。国登録有形文化財、弘前市趣のある建物、弘前市景観重要建造物。小公園(テラス)。太宰治文学碑もあります。彫刻『<羽のように、蕾のように>″Like a Wing , Like ...

青森県弘前市御幸町。正面門柱と煉瓦塀からスタート。過去の記事です。見比べてみて下さい。『旧弘前偕行社』『旧弘前偕行社 2012』玄関前庭園にある石碑と像(野津謙先生・鳴海康仲先生)。石碑。碑文(鳴海康仲先生)。弘前厚生学院(弘前女子厚生学院)創設者鳴海康仲先生 ...

令和2年。以前の記事(平成30年)から2年が経ちました。まだ空き地が目立ちますが、既にマンション建設予定地等になっている部分もあります。この日は岩木山は見えず。弘前駅方面。こちらは変化なしですね。それでは下に行ってみましょう。以前も紹介した超巨大傘の建物は ...

以前の記事『富名醸造 (弘前市)』弘前市趣のある建物(平成21年指定)。弘前市富田3丁目。大正7年建築。酒蔵として建築された赤煉瓦倉庫で、当初あった8棟のうち4棟は現役の倉庫として使用されています。春には隣接する弘前大学の桜並木と美しいコントラストを見せてくれま ...

青森県黒石市大字内町。名勝「金平成園(かねひらなりえん)」、別名「澤成園(さわなりえん)」。主屋などの建物内も常時見学可能となりました。開園日:4月中旬-11月30日。休園日:月曜日(国民の祝日にあたる場合はその翌日)。開園時間:午前9時30分-午後4時(入園は閉園 ...

浅瀬石川ダム上流下川地区に何やら不思議なものがあったので立ち寄りました。浅瀬石川ダムフォトフレーム撮影箇所。ダム下流の想い出の橋駐車場にもあるようです。1枚目の写真はダムカードの写真ではなく、フォトフレームを通して撮影したものです。以下の写真は浅瀬石川と滝 ...

平成29年8月に閉店した弘前市元寺町の津軽塗製造・販売業「田中屋」跡地。創業120年の歴史がある店舗建物(趣のある建物)を利用し、外観などは可能な限り保持した上で、既に同市の別会社が新たに津軽塗製品販売店の運営に当たることが決定しております。ってことで、今だけ ...

108年前の洋館「郡役所」の一部が2度の移築を経て黒石市松原に現存しております。当時の旧南津軽郡役所の建物。旧黒石町庁舎として使われていましたが、昭和29年に町村合併で黒石市庁舎になりました。明治45年(大正元年・1912年)、現在の市産業会館の場所に郡役所新庁舎と ...

青森県南津軽郡田舎館村大字高樋。弘南鉄道弘南線。昭和25年7月1日開業の田舎館駅(無人駅)。駅舎内には駅事務室を利用した軽食喫茶「かくれんぼ」が併設されていたそうです(現在は廃業)。1面2線。駅舎。上の旧字の方がいいですね。令和2年5月、田舎館駅待合室のGOMAさん ...

一見何でもないものがYUKIさんの目を通すと面白く見えてくるブラユキ写真館のお時間です。 県道40号青森田代十和田線沿い。八甲田のすぐ麓。何もない美しい緑が広がっています。緑に囲まれ、他には何もないという自然の美…うん?!ここに設置しても絶対需要ないでしょ!大自 ...

『小坂鉄道レールパーク』からの続きです。機関車庫へ。現役で稼働する車両や整備風景、鉄道ゆかりの貴重な資料が満載。機関車庫は昭和37年に建築された機関車庫を当初の趣をそのままに修復。中には小坂鉄道で活躍した車輌を収めています。車輌の整備や保管を目的とする機関 ...

秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古川。こちらにもレールバイクがありますが、大館・小坂鉄道レールバイクとは別なので間違わないようにしてください。「小坂鉄道レールバイク」と「小坂鉄道レールパーク」という命名もかなり似ているので注意です。康楽館・小坂鉱山事務所・明 ...

マンガを活かしたまちづくりを推進している宮城県石巻市。ってことで、石巻市立町付近をyuki散歩(※yuki散歩part15になります)。既に暗かったので立町大通り付近からほんの一部だけの紹介です。たちまち商店街マップ。「いしのまきマンガロード」案内板。まずは誰もが知っ ...

↑このページのトップヘ