くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:祭事・民俗信仰・伝統工芸 > 鳥居の鬼コ・津軽の鬼関連&考察

由緒等は以前の記事もご参照下さい。『白山姫神社 (弘前市鳥井野)』『白山姫神社(弘前市鳥井野):鬼コ』白山姫神社…『白山系の神社は祭神が白山比咩命であるが、のちに加賀の白山が修験道の霊場とされて、修験僧の入山が盛んになった頃より、菊理媛命・伊邪那岐命・伊邪 ...

ここは私が鳥居の鬼コの虜になったきっかけの神社なので、稲垣町の二柱神社(鬼コを救出した神社)と同じくらい思い入れが強いです。一瞬で私を虜にしたほどの個性的な鬼コがいるわけですが、今回は特別なものをお見せいたしますよ!!社殿前石灯篭一対(明治16年)。社殿前 ...

青森県平川市柏木町柳田。鬼コのいる神社。久々にここの鬼コを拝みに行ったのですが…銀杏強烈!無理無理。食べるのは好きですが、匂いは苦手です。ってことで入口で退散。君たちは平気なのね。過去の記事『八幡宮 (平川市柏木町)』『八幡宮(平川市柏木町):鬼コ』  ...

中泊町豊島字豊本の熊野宮。 御祭神は伊邪那岐命、伊邪那美命。元禄13年もしくは寛文6年創建。享保7年に岩木川洪水で流出、享保13年に現在地に再建。 再々訪なので、由緒等詳細は過去の記事も参照ください。今回は修復された鬼コ目的。 『熊野宮(水虎様 / 中泊町豊島) ...

塗り直された鬼コを拝みに行ってきました。 以前はなかった由緒案内板。 再々訪なので、由緒等は過去の記事をご覧ください。今回は修復された鬼コ目的で参拝。 過去の記事 『八幡宮(五所川原市唐笠柳)』 『八幡宮(五所川原市唐笠柳):鬼コ』 鳩一対(昭和6年)。 ...

境内にある案内板より…『●鬼神社(おにがみさま)…旧郷社。弘前市鬼沢字菖蒲沢。奥羽本線弘前駅より三粁。●祭神…高照姫神、伊奘那岐大神、大山祇神。●例祭…旧5月29日。●神紋…まんじ巴。●本殿…流造。●境内…442坪。●末社…一社。●宝物…鉄製の鍬形(千年前の作 ...

何度も訪れている神社ですが、鳥居の鬼コの塗装が新しくなってからは初めて。 やばい!凄くかっこよくなっています!! 気付かなかったけど、前の鬼コは左手・角・牙が破損していたんですかね。 比べると左手・角・牙が新たに付け加えられているのがわかります。 更に ...

鬼の城と呼ばれる山風森(弘前市三和下池神)へ登山。 特に道が無く、どこから登っていいかわからず。 標高69.6mの小さな山なのでとりあえず上に進みます。 最初は藪が多いのですが、頂上が近づくに連れて歩きやすくなってきます。 鬼の城と呼ばれる大石が見えてき ...

由緒等は以前の記事を参照ください。 『日吉神社 (鬼コ・水虎様 / 弘前市三和)』 長らく社殿内に安置されていた日吉神社の鬼コですが、赤く塗り直されて、拝殿の向拝下に姿を現しました。 乳首が無くなりました(笑) ...

弘前市楢木牧野。かつての楢野木村。 地図によっては石神神社になっていたり、石上神社となっていたり…社号標(昭和17年旧3月16日)では、表が石上神社となっていますが、裏が神明宮。由緒等は不明。 細めの石燈籠一対と狛犬一対があります。 個性的な狛犬。 社殿は ...

鬼の足跡と言えば、巖鬼山神社のアグド石、兼平山下の大人の足跡、大久保の杭止の淵の鬼の足跡石、五所川原市長橋の鬼の足跡など、津軽には似たような伝承がいくつも残っています。 これは鬼沢にある鬼の足跡と云われる石。うーん…足跡に見えるかどうかは別として、 ...

御祭神は大国主命、事代主命、大山咋命。 貞享4年検地水帳によれば甚之丞抱えの山王堂がありますが、これが日吉神社です。 創建不詳ですが、貞治3年(1364)大和国南都の田村作ノ丞が建立し、永正年間(1504~1520)に大浦光信(1460~1526年)が再建したと伝えられます。 ...

金木村の支村である不動林村。 不動林村は元禄年間の金木新田之図に村名が見え、以後明治まで存続しています。 創建は不詳。 しかしながら、享保元年(1716)には不動宮地が見えますし、貞享4年検地水帳にも不動宮が見え、この地区には不動宮が一つしかないことから不 ...

かつての川口村。享保11年に金木新田川口村が蒔田村に改称。 かつては金木組・金木新田を管轄とする代官役所が設置されていました。 鳥居の鬼コ。 「金比羅宮(五所川原市金木町蒔田):鬼コ」 御祭神は大物主命。 勧進年月不詳。 天明2年(1782)7月、津軽藩と縁故 ...

かつての神明宮館跡。 この日は黒猫少尉がお出迎え。 狛犬二対。 こ、この布は!? ガッチャマンⅡ!! 右手に観音堂参道があり、正面には神明宮石段。 どちらからも行けます。 右手の参道を進みます。 あっ!! もしや、すべてガッチャマンⅡ?(笑) と ...

↑このページのトップヘ