くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:祭事・民俗信仰・伝統工芸 > 鳥居の鬼コ・津軽の鬼関連&考察

1
ここは私が鳥居の鬼コの虜になったきっかけの神社なので、稲垣町の二柱神社(鬼コを救出した神社)と同じくらい思い入れが強いです。一瞬で私を虜にしたほどの個性的な鬼コがいるわけですが、今回は特別なものをお見せいたしますよ!!
2
社殿前石灯篭一対(明治16年)。
3
3.5
社殿前御神馬一対(昭和11年旧6月15日)。
4
4.5
社殿前狛犬一対(明治34年6月15日)。
5
5.5
かつての石川村。元和年中御家臣姓名大概の83騎の中に「二百石石川村勘助」と村名が記され、また寛永17年の津軽百助宛3代藩主津軽信義黒印知行宛行状にも当村名が見えます。永禄日記及び平山日記によりますと、慶長15年に始まった弘前城築城の際、関山・蔵館山とともに当村の山辺から普請用の材木を切り出しています。集落は羽州街道沿いに発達。慶安2年道筋帳によりますと、小道として当村の大道(羽州街道)より金ヶ崎村を経て三目内村へ至る道筋と、当村の大道より岩館村を経て東根小道(乳井道)へ至る道筋が記されており、それぞれ「石川大道より金ヶ崎村迄五町十間」「石川村大道より岩館村迄五町」と見えます。貞享2年に弘前城下から堀越村を経て当村へ至る羽州街道の道筋は往来差止めとなり、新たに小栗山村を経て当村へ抜ける道が作られています。寛文11年には村内の桔梗長根において足軽の鉄砲の稽古が行われており、同地は操練場となっていたと思われます。水利は主として平川から取水する十右衛門堰・亦右衛門堰を利用し村内8町1反余が両堰の恩恵を受けました。また平川から取水する法楽堰は当村と堀越村合わせて26町4反余に利用されました。村内の寺社として、貞享4年検地水帳では行人の立海坊がおり、正福院抱えの観音堂と毘沙門堂がありました。また、国誌によりますと、明治初年当時八幡宮と清浄庵(大仏院)があり、このうち八幡宮は字寺山に鎮座する当八幡宮です。御祭神は誉田別神で、相殿として明治6年に村内から遷座した熊野宮(伊弉諾尊・伊弉册尊)を祀っています。創建は天文3年7月1日。当初は十一面観音を祀っており、上石川村の信仰を集めてきましたが、後上石川下石川近郷の農民の安泰のため、熊野大権現を祀り信仰。当時の石川城主南部高信公も深く信仰しており、八幡館に八幡大菩薩宮を建立し、祈願所として年々金品を奉納。その後本社荒廃により文政11年4月8日、時の住職権大僧都法印玄眠熊野宮 (現八幡宮) に奉遷合祀、以来三山熊野宮と称しました。明治5年神佛混淆廃止となり、明治6年7月15日熊野宮と合祀して八幡宮と改称。昭和21年6月19日宗教法人令による八幡宮となり、昭和25年11月9日境内地譲与認可。
6
以前の記事も参照ください。
7
庚申塔(文化8辛未年6月14日)。
8
弘法大師。
9
新しい弘法大師像(昭和56年旧5月21日)。
10
10.5
その隣に古い弘法大師塔。
11
裏面に紀年銘(昭和11年旧9月21日)など。
12
両脇にはそれぞれ「不動尊」「善光寺」と刻まれています。
13
八幡宮碑(明治百年記念)。
14
獅子記念碑(昭和35年4月23日)。
15
旧額束(石製)。
16
神社入口付近にある竜神宮(白竜神)。
17
末社粟島様。以前は見えにくかったのですが、名称を記した札が新しくなっていますね。
18
浮御不動。
19
牛頭天王。
20
神明宮。
21
熊野宮。
22
御不動様。
23
薬師如来。
24
末社前狛犬一対(昭和15年旧8月28日・日支事変記念)。
25
25.5
末社前狛犬一対(昭和14年)。
26
26.5
末社前石灯篭一対(昭和11年8月)。
27
27.5
さて、お待たせしました。鳥居の鬼コに会いに行きましょう。
28
鬼コです。以前に比べて少し色褪せて、顔面右目から下への亀裂が深くなっていますね。
29
29.5
そして今回紹介する特別なものはこちらです…
30
えっ!?笑
31
実は現在の鬼コは三代目でして、二代目とのコラボです。なお、初代も現存しているとか。
32
せっかくなので二代目鬼コをじっくりと観察してみましょう。
33
造りはほぼ同じですね。
34
表情もほぼ同じです。
35
普段は見上げていますが、上目遣いの角度の方がキュートです。
36
この角度で見ると二段腹が凄いです笑
37
後ろ姿も同じでお尻がセクシーです。
38
鳥居にあるとわかりにくいのですが、真横から見ると上腕二頭筋・三角筋が凄いです。
39
更に真横から見ることで受け口としゃくれ具合がよくわかります。
40
鬼コの鳥居を設置方法は様々ですが、ここの鬼コは額束そのものになっているのがわかります。
41
しかも一木造りです。
42
42.5
つまり最初に両足裏を貫に差し込んでから、頭部に島木を設置しているのがわかります。
43
43.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
青森県平川市柏木町柳田。鬼コのいる神社。
2
久々にここの鬼コを拝みに行ったのですが…
3
銀杏強烈!無理無理。
4
食べるのは好きですが、匂いは苦手です。ってことで入口で退散。
5
君たちは平気なのね。
6
過去の記事
7
7.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

イメージ 9
中泊町豊島字豊本の熊野宮。
イメージ 10
御祭神は伊邪那岐命、伊邪那美命。元禄13年もしくは寛文6年創建。享保7年に岩木川洪水で流出、享保13年に現在地に再建。
イメージ 11
再々訪なので、由緒等詳細は過去の記事も参照ください。今回は修復された鬼コ目的。
イメージ 12
狛犬一対(明治40年)。
イメージ 13
イメージ 14
鬼コの頭部及び顔面の修復がなされ、塗り直されたとの情報を頂いたので見に行ってきました。
イメージ 1
角とちょんまげが付いてかなり印象が変わりましたね。
イメージ 2
イメージ 3
元々はこんな頭だったのね。
イメージ 4
拝殿には「権現様(鬼コ)」とありました。
イメージ 5
末社(水虎様・稲荷大明神・馬頭観音)へ。
イメージ 6
水虎様。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 8
塗り直された鬼コを拝みに行ってきました。
イメージ 9
以前はなかった由緒案内板。
イメージ 10
再々訪なので、由緒等は過去の記事をご覧ください。今回は修復された鬼コ目的で参拝。
イメージ 11
過去の記事
イメージ 12
鳩一対(昭和6年)。
イメージ 13
イメージ 14
石灯篭一対(明治15年)。
イメージ 15
イメージ 16
奉納馬一対(昭和11年)。
イメージ 17
イメージ 18
狛犬一対(明治23年)。
イメージ 19
イメージ 20
手水石。
イメージ 21
拝殿向拝。
イメージ 22
鬼コ。
イメージ 23
青鬼です。
イメージ 1
随分と印象が変わりました。
イメージ 2
拝殿廻縁。
イメージ 3
本殿。
イメージ 4
本殿前狛犬一対(明治44年)。
イメージ 5
イメージ 6
百万遍、八幡宮、保食神、猿田彦大神、月読尊の石碑。
イメージ 7
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 2
境内にある案内板より…『●鬼神社(おにがみさま)…旧郷社。弘前市鬼沢字菖蒲沢。奥羽本線弘前駅より三粁。●祭神…高照姫神、伊奘那岐大神、大山祇神。●例祭…旧5月29日。●神紋…まんじ巴。●本殿…流造。●境内…442坪。●末社…一社。●宝物…鉄製の鍬形(千年前の作)、鶏遊戯の図帖。●宮司…宇庭昭憲。●氏子代表…藤田湖一。●氏子…253戸。●崇敬者…5万人。●神事と芸能…七日堂舞祀(旧正月二十九日その年の五穀豊穣を祈る)。裸祭り(旧正月一日氏子青年団裸にて〆縄奉納)●由緒沿革…延暦年中坂上田村麿東夷征討の勅命を奉じ東国に下った時、岩木山頂奥宮鎮座顕国魂の女高照比売命の霊験を蒙るに因り、岩木山麓に社宇を再建したという。其後大山祇命を配祀すと伝う。明治14年郷社に列せられた。』
イメージ 3
詳細は以前の記事も参照ください。
イメージ 70
イメージ 69
以前も紹介していますが、鳥居と社殿の神額の「鬼」の字には点(ノ)がありません。
イメージ 68
社号標には点(ノ)があります。紀年銘は大正9年5月29日。
イメージ 67
角が無い鬼です。神社幟は点(ノ)があるものと無いものとがありました。
イメージ 64
イメージ 65
イメージ 66
抱木は北海道室蘭市の山崎栄吉・山崎さつ奉納(昭和45年旧5月29日)。そろそろ古くなってきたので住吉神社(東京都中央区佃)の保存形式を試してみてはいかがでしょう?(笑)
イメージ 63
鬼神社大鳥居建設寄進者御芳名碑(平成14年旧5月29日)と鬼神社敷石寄進者御芳名碑(平成27年旧5月29日)。いずれも点(ノ)がない鬼です。
イメージ 62
鬼神社大鳥居建設寄進者御芳名碑々文…『昭和七年藤田登氏により建立された鳥居は老朽化が進み危険な状態となったので解体した。鬼神社大鳥居は遠い昔を偲びながら今を見つめ、次の時代の発展を心から祈念して再建したものである。』
イメージ 61
鳥居と注連縄。
イメージ 60
参道。
イメージ 57
イメージ 58
イメージ 59
水が流れています。
イメージ 55
イメージ 56
春日神社。
イメージ 53
イメージ 54
春日神社由来…『年代不詳なれど古き昔此の地に安住を求めし者京の都よりみちのくへとたどり着きて春日神社を祀りしと言ふやがて鬼神社と共に庶民の崇敬あり其の周囲と馬場に造りて春秋の二回行事あり又其の境内には樹令計り知らざる栓の大樹ありて其の地域を俗称一本木と呼称せられ現在に至りしが此の度び鬼沢地区第二次農業構造改善事業が行はれ之れに伴い鶏川改修の為め神社境内が河川に埋没せられ昭和47年4月8日氏人達の計に依り此の地を最良土地と撰び移転せり同年7月8日新築落成立し厳かなる祭祀行事に依り鎮座せり。例祭古来より旧3月13日と定められて居る。以上』
イメージ 52
手水舎。
イメージ 51
弁天神社へ。
イメージ 50
細い橋を渡って行きます。
イメージ 49
弁天池中央に鎮座。
イメージ 48
鬼神社正面。卍と五色の幟が付けられている鳥居は昭和58年11月3日(旧9月29日)建立。
イメージ 47
狛犬二対。
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
狛魚一対(藤田重二郎氏(80)が昭和53年旧5月29日奉納。魚屋さんで、商売繁昌のお礼に奉納したものらしいです)。
イメージ 39
イメージ 40
社殿前の石灯篭一対。大きいです。
イメージ 37
イメージ 38
社殿前の狛犬一対。こちらもかなり大きいです。
イメージ 35
イメージ 36
表情。眼球と牙が青く塗られています。
イメージ 33
イメージ 34
迫力のある津軽構えで、後ろ姿も勇ましい。
イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
昭和6年旧5月29日建立。
イメージ 28
拝殿。
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
鬼瓦はもちろん鬼。
イメージ 24
拝殿に掲げられている鉄製農具。
イメージ 23
製鉄と大人(鬼)の関連を示します。
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
本殿。御神体である鉄製の鍬形(大人が使ったとされる・千年前の作)や鶏遊戯の図帖が保管されています。また、御神体は赤倉の鬼(岩木山の大人・赤倉の鬼神様)がかぶった笠(1mたらずの中央の凹んだ石(縄文時代の石皿))であり、奉納物として鍬や鎌などが納められているともいいます。ちなみに鬼神社が鬼沢に移る前の鎮座地は赤倉であり、鬼沢村から禅林街に移された宝泉院の記録に詳しくあるようです。寺には赤倉の鬼面が残されているそう。
イメージ 19
本殿前にも石灯篭と狛犬一対。
イメージ 18
狛犬はそれぞれ外側を向いています。
イメージ 16
イメージ 17
本殿横にある建物。
イメージ 15
本殿裏にある工藤君彰徳碑(大正3年4月20日・文堂静書)。
イメージ 13
イメージ 14
倉庫。
イメージ 12
社務所と交通安全祈願碑。
イメージ 11
社務所横にある遷宮紀年碑。
イメージ 10
御神馬。こちらも目が青いです。
イメージ 9
石鳥居建設記念碑。
イメージ 8
鬼神大権現碑(御國家安全・五穀成就、永代講)。
イメージ 7
寄附記念碑…『大正八年秋鬼神社ニ宅地百坪寄附ス其地ニ幹周一丈五尺タモ周一丈一尺ノ大木アリ古来ヨリ有名ナリ大正十四年春苗代五十坪ヲ寄附ス是現仝吉凶トスル神池水ナリ 昭和十九年秋 鬼ノ舘藤田彦左エ門 昭和二十九年旧八月台風十五号ニヨリ二本倒サレル』
イメージ 6
御神橋・御神燈・古塚・手洗石改修築記念碑(昭和13年5月29日建立)。襯
イメージ 5
皇紀二千六百年奉祝記念碑(髙山松堂敬書)。
イメージ 4
平和記念・招魂碑(昭和38年8月14日建立・三徳謹書)。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ