1
弘前大学文京キャンパス内。
2
2.5
三基並んで建立されています。他の二基は旧官立弘前高等学校創立10周年記念碑tと旧官立弘前高等学校創立40周年記念碑です。平成元年8月、弘前市制100周年に合わせ「旧官立弘前高等学校創立10周年記念碑」と「旧官立弘前高等学校創立40周年記念碑」及び「永澤誠蔵先生頌徳碑」の三基が、現在の人文社会科学部の中庭に移設されました。その後、旧制弘前高等学校同窓会の寄附により中庭の環境整備が行われました。
3
永澤誠蔵先生は明治29年(1896)函館市生まれ。函館商業高校から日本大学へ進学、卒業後旧制松本高等学校柔道師範を経て、大正14年(1925)4月、旧制弘前高等学校柔道師範として赴任しました。昭和7、8年(1932、1933)には全国高専柔道大会決勝大会に柔道部を導き、全国に旧制弘高の名を高めました。昭和28年(1953)から県柔道連盟会長。昭和37年(1962)弘前大学文理学部定年退官。昭和49年(1974)に逝去されました。昭和37年(1962)5月、旧制弘前高校に赴任してから退官までの38年の長きにわたり、柔道部の育成のため尽瘁された永澤先生の功績と徳とを顕彰するため、弘高柔道部鵬志会と先生を敬慕する人々によって「永澤誠蔵先生頌徳碑」が建てられました。碑文は卒業生の宮川勝馬氏、揮毫は卒業生の助野顕三氏によるものです。
4
碑文…『永澤誠藏先生頌徳碑 この碑は 永澤誠藏先生 の功績と徳とを顕彰するために 先生の門下と先生を敬慕する人々の賛同を得て建立されたものであります。先生は大正拾四年四月 舊立弘前高等學校柔道擔任の講師として赴任せられ 昭和參拾七年參月停年のため退職される迄參拾有八年の永きに亘り柔道部の育成のため盡瘁せられたのであります 先生は資性温厚にして誠實 恬淡にして任侠 無策にして自から衆を化する人であり その徳と熱意とは柔道部先後輩の強い結合を産み 不屈と剛毅の部風に方向を與へ全國高等専門學校柔道大會出場六年 遂に 弘前高等學校柔道部をして關東北地區予選に優勝するの榮譽を擔はしめました 爾来大東亜戰争の戰局寧きを奪ふまで 弘前高等學校柔道部は北邊の大鵬として全國に勇名を謳はれました 星霜は遷り 時代は變り 制度亦革まらうとも この足跡は弘高精神を信ずる人々を鼓舞し續けるでありませう これ同志相倚り 相圖りこの碑を建立した所以であります 昭和參拾七年五月建立 舊官立弘前高等學校 柔道部鵬志會』
5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ