1
2
植樹記念之碑。碑文は読みませんでした。
3
末社。
4
馬がいます。馬頭観世音(蒼前様)のようです。
5
仁王坂を上ると仁王門が見えてきます。
6
五丁目です。
7
手水舎。
8
蒼前様の碑。
9
9.5
鳥越山碑(昭和6年)。
10
仁王門にある梵鐘。梵鐘の横には「鳥越観音由緒」や「奥州糠部鳥越山聖観世音由来」があります。内容は当記事(鳥越観音・其之壱~伍)における説明と同じであるため省略します。
11
暗かったのでフラッシュをつけたら黄金に輝きました。中央には「平和之鐘」とありました。平和を願って鳴らしておきました。北朝鮮まで音が響きますように。
12
なお、仁王像の前にももう1つ梵鐘(昭和28年旧9月17日)が安置されていました。
13
向って右の仁王様(阿形)。
14
14.5
向って左の仁王様(吽形)。
15
15.5
仁王門をくぐって更に上を目指します。
16
「福壽海無量」と書かれた標柱。福壽海無量とは観音経の中の一句で、観世音菩薩の衆生救済の力は、海のように無量無限であるという意味です。横には「慈覚大師遺跡みちのく路行脚」、「天台宗総本山比叡山大阿闍梨 酒井勇哉 お手植のもみじ 平成4年6月6日」とあります。
17
酒井雄哉さんですね。比叡山延暦寺の千日回峰行を2度満行した行者として大変有名な方です。名前を見ただけでも身の引き締まる思いがいたしました。
18
18.5
もみじ坂。
19
御くぐりもみじを潜って先へと進みます。
20
六丁目。
21
六丁目坂に差し掛かると本堂と、その裏にある巨大な岩壁がはっきりと見えてきます。
22
杉苗200本植付記念石「鳥越山」(寄進者名及び住所省略・昭和36年)。
23
観音堂坂。
24
観音坂を登って行くと途中で思わず…
25
25.5
「崖でかっ!!」って声が出ます笑
26
26.4
26.8
岩壁にはいくつかの祠があります。
27
27.5
仁王門にあった案内板によりますと、末社として薬師如来、十一面観音、馬頭観音、虚空蔵菩薩、若宮八幡、若一王子権現、白山権現、宇迦之御魂神が記されています。ここまでもいくつか末社がありましたが、これらの祠もこの中のどれかに相当すると思います。
28
小祠の位置くらいまでは上れるので確認はできると思いますが、私は遠慮しておきました。
29
29.5
ってことで長くなりますが、『鳥越観音 ~ 其之肆』へ続く。
30
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ