1
2
観音堂前石灯篭一対(明治44年5月・丸喜)。
3
3.5
観音堂前青銅灯篭一基(昭和51年11月3日)。台座「献燈の趣意(清昭代)」は省略。
4
笹野観音堂…大きいです。
5
向拝彫刻。
6
唐破風懸魚・中央蟇股。
7
蟇股(前面3間)・木鼻。
8
8.5
虹梁・手鋏等。彫刻については笹野観音堂のHPに詳細(写真)が載っています。
9
9.2
9.4
9.6
9.8
鰐口・御詠歌「まいりきて いまはのぞみの ささのやま にわのきぐさも るりのひかりぞ」。
10
扁額「施無畏」。
11
内陣。
12
外観とギャップがあって煌びやかです。
13
向って左には不動明王、獅子頭、狐などが見えます。
14
向って右には弘法大師像、出世大黒天、獅子頭などが見えます。
15
笹野観音堂本堂人物比較。
16
境内案内板における由緒については既に掲載済ですが、改めてここで笹野観音堂の由緒について一気に述べます。内容は被ります。
17
坂上田村麿呂が国家鎮護を願って観音菩薩を勧請し、また、旅の僧が霊木を刻み鎮守として村人に祀らしめ、背後の笹野山(斜平山)の中腹に観音堂と羽黒権現の社があったと伝えられています。弘仁元年(810)7月、現在地に観音堂が落成し、観音菩薩と羽黒権現をお祀りし、会津の高僧徳一上人により入仏供養が行われました。永享年中、長井の高僧宥日上人が観音と羽黒の両尊を秘仏とし、新たに刻んだ千手千眼観世音菩薩を御本尊としてお祀りしました。
18
上杉家が越後を統一し、庄内の羽黒山(山形県鶴岡市)も支配地となった際に、直江兼続は祈祷師の養蔵坊清順に庄内羽黒山より勧請させたと伝える羽黒大権現を後神としてお祀りしました。以後、歴代藩主により5度の修理が行われています。安永8年に上杉鷹山公が観音堂を再建。天保4年に観音堂炎上し、秘仏を除いて焼失。天保14年に上杉13代斉憲公が観音堂を再建され、藩内各宗の寺院によって7日間に亘り落慶法要が行われました。現在の堂はその当時のもので、大きな茅葺の屋根や精巧な彫刻などが特徴の壮大な建物となっています。なお、竜や鳳凰の彫物は庄内地方の彫物師後藤藤吉・政吉の作と伝えます。再建当時は凶作の続いた時期(天保の飢饉)でした。藩では倹約令を出し、伊勢・柳津・湯殿山などへの参詣や神社・仏閣への寄付の停止令を出す状況で、観音堂の再建はすぐには許可されず、天保11年にようやく寄付集めが許され、米沢城下の商人を中心に領内一円から寄付を集め、その総計は約1150両にのぼったそうです。大工4500人・人足2800人・屋根葺300人や石工・彫物師数名で、延べ7100人余の労働力を要した大工事でした。藩主は月に3度、御本尊の千手千眼観世音菩薩を祈願され、また庶民に至るまで広く信仰され、当地随一の観音霊場とされ、民芸品の笹野彫は観音様参拝の縁起物として今に伝えられたものです。
19
本山は総本山を奈良の長谷寺に、大本山を東京音羽の護国寺に仰いで、真言宗豊山派に所属して現在に至っています。古くは旧12月17日に後には新暦1月17日に行われる「十七堂祭(年越祭)」という護摩壇の行事があり、信者や行者によって火渡りの荒行が行われます。この祭には「花市」と称して笹野一刀彫の市が立ちます。
20
正面鬼瓦(水神)。懸魚の彫刻も細かいです。
21
近くてで大きくて見たら迫力がありそうですね。
22
両側面鬼瓦(阿吽)。
23
23.5
本堂裏側。直江兼続公は藩主景勝公の祈祷師であった養蔵坊清順に、庄内羽黒山よりの勧請を命じ、観音堂の後神として再び羽黒権現を祀りました。慶長6年(1601)に上杉景勝公が米沢入部され、観音堂を修理。この前年は関ヶ原の西軍敗退により直江公は長谷堂の戦いから撤退し、それまで上杉領であった羽黒山を差配していた養蔵坊清順は、最上勢の攻撃を恐れて米沢に逃れてきます。この時に御神体を持ち帰り笹野羽黒の別当を務め、毎年人日の1月7日に柴燈護摩を厳修します。時の住職は、これ以前より正月7日間の精進別火が行われ、毎年蘇民将来を刻していると笹野観音縁起に記しています。「米沢地名選」には、直江兼続公が明鏡院と称した清順に羽黒の本体を取来ることが出来るかと問い、清順は左程難しくは無い、もし取来れば我を侍に成し賜えと云い、直江公はその望みに任すと答え、清順は悦んで七日間潔斎して羽黒に籠もり、ついに取り来たって直江公に差し出せば、直江公は悦び清順を武士に取り立て、今はその孫が藩の与板組にいる、と述べています。
24
直江兼続公に由来する羽黒権現は、明治の神仏分離令まで、笹野村の鎮守神で、観音堂後ろの丸い格子の上には「羽黒大権現」の額が掲げられ、参道には近年まで石の鳥居が有ったそうです。
25
本堂裏手の林の中にいくつかの石塔・石仏が見えます。
26
「天照皇太神宮」「當国三十三所供養塔」「南無阿弥陀仏百万遍」など。
27
ちなみに上杉家が米沢移封された後も直江兼続公は徳川の攻撃に備え、慶長9年白布温泉で密かに鉄砲を造り、城下に至る各所に鉄砲を配備し、笹野観音境内の林には60挺が配備されていました。
28
厳清龍王。この池は天保14年の観音堂再建時に笹野村中の寄付で造られたものです。厳清龍王は厳島神社の孫にあたる分霊の神様。東京中野の中山辰子女史が厳清龍王と名付け、観音堂南の放生池の中に勧請。放生池は魚などの捕らえられた生き物を逃がして、その善い行いの功徳で願い事の成就や罪を滅するための池。昔は目が良くなるようにとドジョウを放すために、門前でドジョウを売る人がいたそうです。
29
大宮子易明神。嘉永6年に建立され、後に明治36年に門前の講中により再建。安産や子育てに御利益があるそうです。以前のお宮も再建のお宮も石工は門前の原田五郎左衛門家。
30
弘法大師堂。
31
弘法大師の御生誕1200年記念として昭和59年建立。
32
弘法大師の霊場である高野山や四国霊場をお参りする機会に恵まれない方の為に、前住職清昭和上が高野山と四国八十八カ所を巡拝して持ち帰った聖地の石を堂内のご宝前に巡らしております。
33
四国八十八ヶ所・髙野山奥之院霊場お石踏み巡拝…『今日なお弘法大師の恩恵を受ける私達はお大師様ゆかりの地四国八十八ヶ所霊場並に、御入定された高野山奥之院の霊地を直にお参りすることが出来れば幸でありますが、今その機会に恵まれない方の為にそれぞれの霊場の石を安置して、一人でも多くの人がお大師様の御徳に触れていただきたいと願うものであります。各霊場を訪れたこととして一つ一つの石を踏みしめ、手を合わせ一心に「南無大師遍照金剛」と繰り返し繰り返しお唱えすれば、かならずや心清らかなること疑いありません。〔同行二人〕…それは、我は大師と二人ずれとの深い信念をもって、常に心を強くして歩むことなのであります。南無大師遍照金剛。合掌』
34
みちびき観音(平成23年)。
35
不動明王。
36
36.5
一切経堂へ。
37
一切経堂。延享2年落成するも焼失し、天保14年に観音堂と共に再建。
38
中央に祀る中国の道士の傳大士と、俗に笑仏と呼んでいる二人の子、普成、普建の親子三人像で、後に鉄眼版の一切経が和綴じ仕様で納められています。
39
39.5
三重の塔へ。
40
三重の塔前には宝篋印塔、庚申塔などの石碑や石祠がありました。
41
41.5
三重の塔は杉林の中にたたずむ5mの石造りの塔です。宝暦7年建立。一番下の階には五輪塔が2基、中の階には大日如来と四仏、最上階には摩尼宝珠がそれぞれ安置されています。
42
この塔を廻るとお産が軽くなるとの謂れもあるそうです。
43
三重の塔から見た本堂。
44
みんなの休憩所。
45
全部は紹介できませんでしたが、以上、笹野観音堂でした。
46
47
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ