1
東京都台東区浅草橋。団子天王(笹團子團子天王)の名で親しまれている須賀神社。
2
御祭神は素盞鳴尊。
3
御神徳は勝利(目的完遂)・長寿(業務繁栄)。
4
推古天皇9年(601年)の夏に疫病が流行。この付近の森に牛頭天王を祀る祠があり、病気平癒を祈願したところ尽く快気したそう。『求涼雑記』『江戸名所図会』等によりますと、村上天皇の天暦年中(947-957)に神祠があったと記されているそうです。『江戸名所図会』では祇園社とし天暦年間に牛頭天王を祀った社。東京都神社庁によりますと「當社牛頭天王縁起によれば、御創建は推古天皇九年(600年)。江戸時代には牛頭天王社、祇園社、蔵前天王社、団子天王社と呼ばれていたが明治元年、須賀神社と改称。御神徳は家運隆昌、疫病退散など。」とあります。
5
寛永16年(1639)に松平伊豆守信綱が神尾備前守元勝、朝倉石見守在重に命じて社殿造営。江戸時代には祇園社、蔵前牛頭天王、団子天王、笹団子天王(※ある百姓の一人娘が笹団子を御神前にお供えしたところ、たちまち病が治り、それから笹団子を奉納する人が増加。江戸時代になると疫病除けの御守として団子を授与したそうで、例祭日(6月8日)には人々が群れをなして団子を奪い合ったそう)などと呼ばれており、経済力のある氏子の札差(※江戸時代に幕府から旗本・御家人に支給される米の仲介業をしていた人で、米の受け取り・運搬・売却による手数料のほか、蔵米を担保に高利貸しを行って大きな利益を得ていました。)らに支えられて祭礼も盛大でした。
6
6.4
6.8
神仏分離令によって天台宗東叡山寛永寺真鏡山宝現院大円寺より分離し須賀神社と改名。所在地名も浅草天王町から同須賀町と改められ、現在は浅草橋二丁目となっています。
7
7.2
7.6
7.8
関東大震災及び第二次世界大戦により焼失するも再建し、現在は鉄筋コンクリートの社殿(昭和36年)となっています。
8
8.5
社殿内。
9
9.2
9.4
9.8
神楽殿。
10
阿型のみの狛犬(紀年銘は無かったように思いますが、ネットで調べたところ延享元年の狛犬とありました)。
11
11.4
11.8
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ