1
二戸市福岡字松の丸。かつての福岡村についてです。南部信直・利直の城下町として五日町・九日町が形成され、宿駅を中心として整備がなされ、文化も寺社を中心として発展。利直が盛岡城に移った後は、利直長子の経直が城代となって行政及び治安にあたりました。経直は慶長18年に16歳の若さで逝去し、その後寛永13年に福岡城は廃城。浄土宗光明山善導寺、曹洞宗高沢山竜岩寺、糠部三十三観音第28番札所岩谷観音などが九日町、浄土宗得生山安養寺が五日町に見えます。五日町の呑香稲荷社は社領3石の鎮守で、盛岡藩の北の守りとして藩政上重要な神社であり、藩主重信が貞享3年奉行栃内与五郎左衛門に命じて社殿を再建させています(以後盛岡藩が修復)。また、同社の祭礼はこの地方最大の年中行事であり、文化14年「福岡御役屋年中行事書上帳」に祭礼は7月7日・8日の両日で、近郷近在の老若男女が参加しました。文化12年下斗米秀之進(相馬大作)が江戸の軍学者平山行蔵の教えをくむ実用流道場兵聖閣を開いて、地元の師弟数十名の教育にあたっています。武術をはじめ兵書・経書を講じ、和漢の軍談を語り、厳格で質実剛健を重んじ、短衣弊袴、厳寒でも羽織・足袋を用いず、25日昼夜兼行の武術修練などを行ったり、3昼夜絶食の剣槍の修練を試みるなど専ら心身の鍛錬に努めました。藩主もまた兵聖閣を黙認し、陰ながら援助していたといわれます。彼は文政4年に弘前藩主襲撃を試みた所謂相馬大作事件によって有名ですね。安政5年7月尊王の志士萩藩士小倉謙作が当地に入り、呑香稲荷神社神官小保内孫陸などと会輔社を開校し、地域の子弟に経書を講じ歴史を説きました。小倉氏は滞在1年吉田松陰の死を聞いて去りましたが、次いで常陸の吉田房五郎が万延元年-文久2年3月まで経書を講じ、兵法を説きました。吉田氏が福岡を去るにあたり、会輔社規をつくり役員指名、その後小保内定身・田中館礼之助らを主として会輔社の経営に当たらせました。文久2年呑香稲荷神社の境内に稲荷文庫を開設し、江戸より2000冊の蔵書を購入し、会輔社員及び一般村民が利用、遠くは野辺地、南は日詰、西は花輪あたりまで貸出利用されました。会輔社は明治11年会輔社私学校となり、同15年まで続きました。明治12年には木造岩谷橋が架橋されて九日町と五日町が繋がります。
2
呑香稲荷神社は九戸城松ノ丸の西側腰曲輪、旧福岡町の中心街五日町界隈を見下ろす場所に鎮座。
3
狛犬一対(安政2年7月吉日)。
4
4.5
狐一対(昭和2年8月29日・呑香社貯蓄會)。
5
5.5
参道脇にある槻蔭舎(きいんしゃ)…と思ったら、槻蔭舎はその先の建物でした。
6
参道と二之鳥居。
7
手水舎。
8
石灯篭一対(昭和3年11月吉日・御大典記念)。
9
9.5
狐一対(聖上両陛下銀婚式紀念)。
10
10.5
槻蔭舎…ですが、案内板と石灯篭でうまく写せません。槻蔭舎は、吉田松陰の同志小倉健作と小保内定身の父孫陸ら地元有志がつくった実学を学ぶ結社「会輔社」の教場となった茶室です。
11
石灯篭二対(昭和15年・文化2乙丑年7月)。
12
12.5
槻蔭舎(会輔社学舎)(二戸市指定有形文化財(建造物)。所在地:二戸市福岡字五日町29番地・指定年月日:昭和44年5月15日)…『安政5(1858)年、萩の小倉謙作(鯤堂)が当地を訪れた際、和漢学の講学を目的として、呑香稲荷神社祠官小保内孫陸と設立したのが会輔社である。さらに万延元(1860)年水戸の吉田房五郎(弗堂)が福岡を訪ねた際、社規を創り役員を指名、会輔社としての組織を整えた。社長を小保内孫陸、岩舘民称とし、小保内定身、田中舘禮之助が主としてその経営に当たった。槻蔭舎は孫陸の茶室で、会輔社の講義はここで行われたのである。会輔社の名称の由来は「君子曰以文会友以友輔仁」という論語の一節である。明治11(1878)年、定身を中心とする会輔社社員は私学校である会輔社学校を設立し、近代社会学を必修科目にとりいれた。その活動は当地において青少年の育成に甚大な影響をもたらしたことはいうまでもなく、後年県下に先んじて福岡中学校の設立を見るに至ったのも、教育、政治、産業の各分野にわたって幾多の偉人を輩出したのも、その礎をここ会輔社にみることができる。二戸市教育委員会』
13
石段。
14
石段の途中から槻蔭舎。
15
御祭神は宇迦廼御霊命。例祭日9月5日。一説に延暦2年(801)出羽大物忌神社の御分霊として鎮座し、古くは吉平大神蔵と称し、羽黒修験につながる古社であったといい、王子稲荷・霞ヶ関稲荷と共に関東三稲荷の一社ともいわれました。元は稲庭岳に祀られ、長徳年間頃(995-999)に三十六歌仙の一人源重之の母の託宣で福岡に遷座したと云います。その後天正19年(1591)の九戸政実の乱の際に、戦乱を避けて津軽に移り、後に二戸郡浄法寺漆沢にありましたが、天和2年(1682)の小保内源左衛門の霊夢により現在地に遷座。また、同年源左衛門の子孫次郎が京都に上り吉田社家となり、呑香稲荷の神号を授けられたといいます。
16
天和2年の「呑香稲荷大明神」神号拝授以来代々南部藩主が崇敬。貞享3年(1688)重信公が、流造りの荘厳な社殿を建立されて以来、信恩公、信幹公、利雄公と20年毎に社殿修築。また、利雄公は宝暦13年(1763)六角御輿を寄進、利敬公は神楽能面、衣装等を寄進されており、毎年の大祭御輿渡御は官祭として執行され(千石の格式)、中山以北の総鎮守として農商工漁業の守護神として厚い信仰を受けてきました。社殿は明治初期に神明造りに改築されています。大正11年県社。昭和58年社殿の増改築。末社には宝永3年建立の江戸麻布の呑香稲荷(現櫻田神社)など12社。神事として、裸参り(1月2日)、釜鳴(旧暦1月2日・3日。炭火にかけた洗米が沸騰する音で豊凶を占う神事)、探湯祭り(5月1日。大釜に湯を煮えたぎらせ、笹を浸しては振って、参拝客に振りかけます。それによって身体を清め、無病息災や五穀豊穣を祈願し、また、湯の状況を見て吉凶を占う神事)なども古式に則って行われるようです。
17
二戸市内では「どんこいなりじんじゃ」と一般には呼ばれていますが、神社に伝わる正式な呼び方は「とんこういなりじんじゃ」と呼ぶようです。「とんこ」は「呑香」と書き、「東光」の字を充てることもあり、意味はアイヌ語で「かがやける丘」という意味。二戸市中心部を一望でき、夕日を眺められる小高い丘に鎮座。意味もさることながら素敵な神社名ですよね。
18
夢枕に立った「稲荷大明神なり」と告げる白衣白髪の老人により、南部氏の幼君の疱瘡が平癒したことから、 呑香稲荷大明神の神号が与えられたと伝えます。以来、代々南部氏から厚く崇敬され、社殿や神楽面、御輿などが寄進されています
19
拝殿内。扁額には「稜魂廟」。
20
立派な絵馬がたくさんありました。
21
21.2
21.4
21.8
狐もおります。
22
何かおります(((( ;゚Д゚)))
23
拝殿前狛犬一対。
24
24.5
後ろ姿がキュート。
25
25.5
拝殿前石灯篭一対(文政13年)。
26
26.5
手水石。
27
御神木。その先に進むと成田山福安講社成田山安養寺
28
社務所と社殿。
29
大御室へ。
30
奉納鳥居をくぐります…
31
くぐります…
32
くぐります…
33
くぐります…
34
大御室。
35
狐穴とも呼ばれ、稲荷社の神の使いである狐が住む場所。
36
狐以外にも色々住んでおられました。
37
手前の石祠には地主明神とありました。
38
神楽殿。神代神楽は天保3年に盛岡の楽師に教えを受けたのが始まりと云われ、9月5日の例祭、11月23日の新嘗祭、1月1日の元旦祭に演じられるそうです。神楽面は南部氏36代利敬公奉納といわれる20数面が伝わっており、文化年間以前の作と推定。
39
39.5
田中舘愛橋碑(大正15年4月7日)…「心ある 人の宴の 夜神楽に こだまにぎおう 呑香の杜」。もちろんローマ字で彫られております。
40
神楽殿の横に神輿庫。
41
六角御輿…『呑香稲荷神社は社伝によると、延歴20年(801)または承和年間(834-)の頃、出羽国の大物忌神社を勧請したのが始まりと云われ、天和2年(1682)、小保内源左衛門が霊夢により現在の地に遷座したと伝えられています。藩政時代は盛岡藩の祈願所となり、例祭は千石格式で数十名の武士が前後を警護し、御輿渡御(お出かけ)が行われていました。この御輿は宝暦13年(1763)、第34代藩主南部利雄(としかつ)公が寄進したと云われ、形状的にも珍しく貴重なものです。』
42
六角御輿(案内板写真)。
43
稲荷文庫。岩手県で初めて貸出を行った公開図書館。図書購入費は町の有志をつのって無尽講で集め、江戸で購入して福岡まで馬で運んだそうです。
44
稲荷文庫(二戸指定文化財)標柱…『小倉鯤堂らが創立した会輔社運動が隆盛となった文久3(1863)年、小保内孫陸らを中心として建設されたのがこの稲荷文庫です。貴賤の別なく一般庶民が蔵書収集の無尽に参加し和漢の書2000巻が収められ、好学の地福岡の風土を象徴するものでした。』
45
稲荷文庫案内板より…『文久2年(1862)、呑香稲荷神社境内に設置された盛岡藩最初の私設図書館です。書籍購入のため、稲荷無尽講を立て、その費用に充てたそうです。稲荷文庫は、二戸地方の人材育成と地域の振興を目指した会輔社の活動の一環として開かれ、会輔社の社員やその子どもたちに図書を貸し出しましたが、次第に周囲の村々の人々も利用するようになりました。蔵書は和漢書数千巻と称され、利用者は馬を仕立て、遠くは秋田県鹿角地方にまで及んだと云われています。』
46
47
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ