1
九戸城跡(二戸市)』からの続き。※写真上下は二ノ丸大手から見た本丸。
2
本丸虎口跡…『本丸と二ノ丸を結ぶ虎口はここと追手門の2ヶ所がありますが、こちらは古図や伝承に名称が無く、無名の虎口です。追手門同様に桝形になっていますが、こちらは堀が途切れる場所にあり木橋は無く、二ノ丸と直接出入りできる形になっており、門などの堅固な構造物が有ったと思われます。平成2年度の発掘調査ではこの門に伴うと思われる礎石の一部が確認されています。』
3
本丸南虎口…『本丸の出入口である虎口の一つで名称は不明です。土橋で本丸と二ノ丸を繋ぎ、櫓を配し、櫓門を構えていることから、城郭の中でも重要な虎口であったと推定されます。1辺が約15メートル四方の枡形を呈し、本丸の出入口には櫓門の礎石が残っています。また、二ノ丸に接する南側には門などの施設はありませんが、本丸南側の堀跡は、侵入者を阻むために土橋状の喰違いになっています。平成2年の発掘調査では、下層から古い堀跡が確認されています。また、平成5年に実施された地中電気探査では、この堀跡の延長部分が確認され、現在の虎口と同じように途切れて土橋状になっていることが明らかになっています。このことから九戸氏の時代にも同じ位置に虎口があったと推定されます。』
4
本丸南虎口(平成3年発掘調査風景)。
5
この付近です。
6
本丸石垣…『天正19年(1591)に、蒲生氏郷によって普請されたとされる石垣です。地元では九戸政実が築いた石垣として信じられてきましたが、発掘調査の結果、九戸城落城後に築かれた福岡城の石垣であることが判明しています。北東北では最も古く、構築年代が判明している石垣として学術的に重要な遺構です。自然石を積み上げた野面積と呼ばれる手法で構築され、会津若松城天守台の石垣に類似しています。残っている石垣は隅石が失われ、V字に崩れていることから、寛永13年(1636)の廃城時に破却された可能性があります。また、南堀跡は、南面の石垣と北面の石垣の積み方が異なります。北面石垣は、横目地が通らないことから、在地系の職人によって築かれた可能性が指摘されています。』・九戸城二ノ丸跡…『三ノ丸を除くと城内最大の曲輪であり、本丸をL字型に囲む形をなしています。本丸、松ノ丸とともに直線的な造りであり、本丸との間の空堀には石垣が築かれ、虎口は、信長や秀吉による全国統一が進行していた戦国時代末期(16世紀後半)の築城様式である桝形とするなど九戸城の中でも近世的要素の強く見られる部分です。特に石垣は古式穴太積(こしきあのうづみ)と呼ばれるもので、これらは九戸城落城後に豊臣秀吉の命により蒲生氏郷が行った城普請の際に築かれた可能性が指摘されています。』
7
本丸南の石垣。東北最古といわれる城郭の石垣は、天正19年(1591)の落城直後に築かれ、蒲生氏郷をはじめとする大名の配下で穴太衆(あのうしゅう)という石垣構築専門集団によるものと考えられています。
8
8.5
案内板より「本丸石垣」の説明。
9
9.5
本丸虎口跡の桝形。天正時代の様式を良く残したクランク状出入口。春には桜花が咲き乱れる景観になるそうです。
10
本丸虎口跡の石垣。
11
この付近です。
12
本丸跡(東側)。
13
13.5
南東櫓跡と井戸跡。
14
14.5
本丸跡(西側)。
15
本丸平場は東西で石段により区切られており、段差が造成されています。
16
土塁。
17
土塁に階段が設置されています。
18
もちろん上ります。
19
土塁の左側は先程の本丸南石垣と堀跡。
20
右側は本丸跡(西側)です。
21
つまり本丸南石垣上を歩いています。
22
西の端まで歩いてきました。本丸隅櫓跡地になります。敵情遠望や射撃のために設けられた隅櫓のあった場所で、海抜139mと最も標高が高く眺望が効きます。上方軍の布陣した山並みも望めます。当時は数間の高さの櫓がありました。この土塁の先は切岸状の断崖、その先が本丸西側の土塁と堀跡になります。かつては三ノ丸方面に降りる虎口があったと考えられています。
23
23.5
本丸跡…『史跡九戸城跡の中心に位置する曲輪で、城郭内で最も高位に位置しています。一辺が約100mの方形を呈し、東側と南側の二箇所に虎口を開き、南東、南西、北東の3箇所に櫓を配しています。東面、南面は石垣を持つ堀と土塁で二ノ丸と画され、北面、西面は切岸状の断崖で三ノ丸と画されています。本丸平場は、東西方向に石段で区切られ、段差が造成されています。平場奥の北側、西側は一段高くなり、出入口と推定される石段が確認されています。また、7棟の建物跡も確認されていて、その内1棟は礎石建物跡であったことが分かっています。発掘調査の結果、本丸の平場の造成層とその下層から異なった遺物が出土しており、平場のほぼ全体が九戸城落城後に造成されていたものと考えられます。』
24
本丸跡平成5年発掘調査風景。
25
九戸城本丸跡…『ほぼ100m四方の方形の曲輪で西南、東南、西北の隅に櫓が築かれており東北隅は1段低い特別の区画となっています。南側と東側は土塁が築かれ土塁の両面は石積、あるいは石垣が築かれています。また各土塁の一部には桝形と呼ばれるクランク状の屈曲が見られ本丸と二ノ丸を結ぶ虎口を形成しています。この他西南隅にも三ノ丸方面に降りる虎口があったと思われます。二ノ丸、松ノ丸とともに直線的な造りであり、石垣とともに近世的な特色が強く現れています。』
26
九戸城跡 ~ 其之参』へ続く。
27
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ