1
赤石十二神社。三戸郡南部町赤石待場。県道134号線沿いに鎮座。
2
赤石けやき(町指定文化財)。赤石地区の歴史を見守ってきたけやきの木。高さ約22m、周囲約7m、推定樹齢約320年。
3
3.5
根元に大きな瘤が多い木です。
4
4.5
神社入口右手に池がありました。
5
道路を挟んで神社の逆側にも水が湧いている場所がありました。
6
石祠。神札(十二神社靈)があります。
7
念佛供養塔など。
8
8.5
湯殿山・月山・羽黒山の石塔と金毘羅大権現(慶應3年10月10日)の石塔。
9
十和田山(弘化4年)と巖手山(明治30年)の石塔。
10
狛犬一対(昭和9年3月26日・伊勢参拝記念)。
11
11.5
赤石舘跡…『赤石の東、馬淵川右岸に臨む断崖に位置する。天正(1573-92)の頃には桜庭安房の居舘であった。天正20年の諸城破却書上にはみえないので、この頃すでに廃棄されていたものとみられる。桜庭安房は、戦国時代より南部氏の重臣として活躍し、子孫は盛岡藩高知の家柄として、藩政を担った。同氏は元和6年(1620)に没し、三光寺に墓所がある。』
12
赤石旧跡図。周囲に館跡、遺跡などたくさんありますね。
13
二之鳥居。
14
狛犬一対。
15
15.5
末社。
16
稲荷宮のようです。
17
17.5
参道石段。
18
石段上。
19
狛犬一対(明治21年9月6日)。
20
20.5
なかなか個性的でございます。
21
21.2
21.4
21.8
石灯籠一対(文久元年7月22日)。
22
22.5
赤石十二神社の御祭神は天照大神・外十一神。『水神竜神 十和田信仰』(小館衷三)に、「南部町赤石の十二所神社は熊野系の神社であるが祭神の一人におかみ神があり(以下省略)」とあります。
23
祭日は9月8日。長谷山上にあった月山・天神・薬師の三社の一なる薬師堂を天延元年(973)3月5日に、本村字上平に遷座。更に寛政9年(1797)4月に現在地に遷座。南部家27代利直公の令室が眼病に悩み、当社に祈願して平癒を得、以後祭典毎に御初穂を奉献したと伝えます。明治12年村社列格、明治42年幣帛供進指定。
24
蟇股・木鼻。
25
25.4
25.8
手挟・海老虹梁。
26
26.5
拝殿内。
27
27.4
27.8
拝殿前の手水石(明治2年11月吉日)。
28
末社稲荷神社。
29
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ