1
御祭神は天照大御神。元々は甘縄神明宮、甘縄神明社と呼ばれていましたが、昭和7年に甘縄神明神社となっています。かつては甘縄院という別当寺院も存在していましたが神仏分離により廃されました。甘縄の「甘」は「海女」、「縄」は「漁をする時の縄」の意味という説があります。
2
足達盛長邸址…『盛長ハ藤九郎ト稱ス初メ頼朝ノ蛭ガ島ニ在ルヤ克ク力ヲ勠セテ其ノ謀ヲ資ク石橋山ノ一戦源家ガト運ノ骰子ハ全ク黯黮タル前途ヲ示シヌ盛長頼朝ニ尾シ扁舟涛ヲ凌イデ安房ニ逃レ此処ニ散兵ヲ萃メテ挽回ヲ策ス白旗鎌倉ニ還リ天下ヲ風靡スルニ及ビ其ノ旧舊勲ニ依ツテ頗ル重用セラル子彌九郎盛景孫秋田城介義景邸ヲ襲グ頼朝以来将軍ノ來臨屡々アリ此ノ地即チ其ノ邸址ナリ 大正十四年三月建 鎌倉町青年団』
3
和銅3年(710)行基が草創し、豪族染屋時忠が建立。鎌倉で最も古く歴史ある神社と言われ、長谷の鎮守です。近くには川端康成の邸宅があり、小説「山の音」に登場する神社として描かれていることでも知られており、また、万葉集に登場する鎌倉の名の歌の舞台となった場所はこの神社周辺とも伝えます。
4
源頼義が当神社に祈願をして、義家が生まれたと伝えられ、後に義家が社殿を修復し、頼朝も社殿を修理し荒垣や鳥居を建てたと伝え、源氏との関係が大変深い神社であったと考えられています。また、北条政子や源朝、実朝も参詣したと伝えます。
5
案内板より…『御祭神:天照大神、伊邪那岐尊(白山)、倉稻魂命(稲荷)、武甕槌命(春日)、菅原道真公(天神)。和銅3年己酉(約1250年西紀710年)染屋太郎大夫時忠の創建です。永保元年酉年(約880年前(西紀1081年))源義家公が社殿を再建せらる。源頼朝公政子の方實朝公など武家の崇敬が篤く古来伊勢別家と尊稱せられている鎌倉で最も古い神社です。社殿の裏山は御輿ヶ嶽(見越ヶ嶽とも書く)と云い古くから歌によまれています。源頼義は相模守として下向の節当宮に祈願し一子八幡太郎義家が生れたと伝えられています。都にははや吹ぬらし 鎌倉の御輿ヶ崎秋の初風』
6
手水舎。
7
「北条時宗公産湯の井」・「二條公爵愛用の井」。境内地は鎌倉時代の御家人安達一族の邸宅があった場所であり、北条時頼の母である松下禅尼の実家。
8
御神輿収納庫。
9
御神輿。
10
拝殿。
11
関東大震災の際に天保9年建築の社殿が損壊しており、現在の社殿は昭和12年に再建されたもの。
12
狛犬一対。
13
13.5
天水桶。
14
五所神社。
15
明治20年に長谷寺鎮守の五所明神が合祀されたもの。
16
社殿横の石段を上ると…
17
秋葉神社。
18
18.5
ここから更に山(御輿ヶ嶽)へと登る道がありましたが、時間が無かったので行きませんでした。
19
19.5
秋葉神社の真横には甘縄神明神社本殿。
20
秋葉神社から見た拝殿。
21
八十八壽の碑(建長曇華九十翁書)。
22
万葉歌碑…「鎌倉のみ越の崎の石崩の君が悔ゆべき心は持たじ」
23
鎮魂碑。
24
境内からは由比ガ浜と長谷の町が一望できます。
25
境内から見下ろした参道。
26
タブの木は「鎌倉と三浦半島古木・名木50選」に指定されています。
27
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ