1
八戸市長者1丁目。地内には藩政時代からの神社仏閣が多くあり、長者山を中心に長者山新羅神社大慈寺、光龍寺、南宗寺、弾源寺、八坂神社などが鎮座しています。
2
社号標・神額には「祇園宮八坂神社」。文献等にも「祇園宮八坂神社」と紹介されているものが多いです。
3
狛犬一対(昭和46年10月15日)。
4
4.5
燈籠一対。
5
5.5
長者山の八坂神社(長者山牛頭天王・天王堂)は享保2年6月14日、長者山元神明宮の古社跡地に牛頭天王を勧請(願主自在山豊山寺当時は永久寺支配)したもので、後に(神仏分離令の時)新羅神社に合祀されています。社日は旧2月15日で、昔は学校の生徒等は皆紙旗に奉納八坂神社と書いて社前に納め、其の数千以上に及んだ由ですが今もなおその余習があるそうです。
6
※神明宮は昔金浜村にあり新井田村に移り、更に中居林に移るも寛文9年10月朔日に中居林から長者山の東北隅へ遷座し、正殿拝殿鳥居等を藩で建設。寛永6年9月16日長者山より二十六日町に移転。現在の二十六日町の神明宮。
※長者山牛頭天王が享保2年に勧請された理由は、その年に領内に悪疫が流行したため。
※願主となって造営した豊山寺は廃寺(内丸二丁目・八戸南部家の祈願寺)。
7
享保12年以降には、新羅神社祭礼時に歌舞伎芝居の興行が行われ、明和4年からは商宮律の練習所として天王堂の拝殿があてられたりしました。
8
手水石。
9
小祠3基。
10
八坂神社御由緒…『【社名】祇園宮・八坂神社【祭神】素盞嗚命【例祭日】6月15日【宮司】柳川浩志【八坂神社敬神会長】北村新三郎【御由緒】八戸南部藩主廣信公の享保元年頃、当地に悪疫流行し病没者が続出した。藩主は心配し、内丸に在った祈祷寺の豊山寺に「此の悪疫より領民を救うには何神を祀ったら良いか?」と御下問された。住職は「豊葦原の瑞穂の国をしろし召し給う天津日継の御位に坐す天子様は万民を病難から救う思召しを以て京都に祇園宮八坂神社の牛頭天王を御奉斎しておられます」と御応答、皇室の御仁政を言上した。「良い事を教えて呉れた」と藩主は使者を遣わして京都の名工に牛頭天王の御神像を刻ませた。牛の頭を頭に乗せ右手に斧左手に縄を持って岩上に座す印度人風の木像で素盞嗚命の神像である。祇園宮で分霊を頂く開眼式を挙げさせ享保2年6月朔日に長者山上の新社殿に勧請し、神主を豊山寺末寺の楊柳山永久寺住職の柳川家先祖の観了宥為に五十石を給してお命じになった。宥為宮司は全精力を注いで祈祷に励んだ所、悪疫流行は不思議にも漸次衰え病気は無くなったと云う。明治2年の廃仏令に因り廃社になり御神体を柳川家に遣わされたので、山伏小路の柳川家旧邸内に新社殿を建立して奉安したが、其の後現在地に遷座して今に至っている。当社は牛頭天王略して「天王様」又は「熊野宮」とも「新羅様」とも申し上げ、御神徳は文学・農業・武徳・海・山・川・健康の守護神として広大無辺であり、長い伝統を守り伝えて、今でも病気消除の神社として旧市内の住民から広く崇敬を集めている。平成8年6月15日』
その他資料より…『社伝によれば、八戸藩主四代広信の享保元年(1716)頃、当地に悪疫が流行し死者が続出した。藩主は内丸にあった祈願寺の豊山寺に、「この悪疫より領民を救うには何神を祀ったらよかろう」と尋ね、祇園宮八坂神社から牛頭天王をご奉斎された。翌二年六月一日に長者山に新社殿を勧請し、豊山末寺楊柳山永久寺に五十石を給し建立された。明治二年に神仏分離令により、鍛治町に新社殿を建立し、奉安した。その後、旧市民病院の拡張のために、社殿を現在地(長者一丁目)に遷座した。牛頭天王を略して「天王さま」または「祇園宮」ともいい、学問、文学、武徳の守護神として親しまれている。祭神は素戔嗚命で六月十五日が祭礼日である。十四日は宵宮、子供たちは書き方が上手くなるようにと、「奉納 八坂神社」としたためた筆字を奉納する。神楽の奉納があり、亀子焼、綿菓子、金魚釣りなどの露店が並んだが、今は見られなくなった。』
11
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ