1
宇都宮二荒山神社』から続きです。
2
境内マップを見ると駐車場方面(裏坂)に、末社東照宮(狛犬一対あり)・おたりや堂・蒲生秀実記念碑(熾仁親王)・乃木希典記念碑などがありますが時間の都合上行きませんでした。
3
初辰稲荷神社。
4
4.5
御祭神は倉稲魂命。
5
例祭は陰暦2月初午日午前10時。月次祭は毎月初午日午前10時。
6
6.5
鳥居の脇に狐や石灯籠、手水石が並べられています。
7
7.1
7.2
7.3
7.4
7.5
7.6
7.7
7.8
社殿。
8
社殿内。
9
社殿前狐二対。
10
いずれも紀年銘等は確認しておりません。
11
明神の井。
12
宇都宮は、地形の関係で湧き水が多く、江戸時代の人々は、主な湧き水を七つ選んで「七水」、これとあわせて「七木」「八河原」などを選んで名所としました。この「明神の井」は七水の一つで、明治天皇がおいでになったときさしあげた、茶湯に使われました。また、この水を使うと書道が上達するという言い伝えが残ってます。今でも、清らかな水がくみ上げられています。
13
13.5
宇都宮の名水「二荒山神社の明神の井」。
14
宇都宮の名所「七木七水八河原」(しちぼく・しちすい・はちがわら)。※諸説ありますが「宇都宮の旧跡」の所載によるもの。
15
宇都宮の地形。
16
明神の井…『宇都宮の名所七木七水八河原の一つで代表的な由緒深い「明神の井」をこのたび復興致しました。この井戸にまつわる伝承は数多く残されており、明治天皇が明治42年11月那須野ヶ原大演習の折当地に行幸がありこの井水を以って湯茶を献ったと伝えられております。この井戸水は御神水で霊水でありますので、御手水にあるいは神棚に供える御水にまた書道等の技芸の水に御使用になると上達すると言う信仰があります。お持ち帰りになり、御神徳を戴かれるようお奨めします。』
17
十社(県内延喜式内社の合祀)。
18
十社(県内式内社の神)。
19
須賀神社・市神社。
21
21.5
石灯籠一対。
22
22.5
狛犬一対。
23
23.5
昭和59年3月奉納。中々個性的なお顔でございます。
24
24.2
24.4
24.8
社殿向拝。
25
須賀神社(お天王さん)。
26
市神社(商売の神)。
27
明治百年記念事業二荒山会館建設之碑…『今を去る約百年前所謂明治元年の戊辰役に際し当宇都宮に戦火の為大部分焼失し此の神社も亦烏有に帰するに到る然るに氏子崇敬者の赤誠により社殿は復興を見たるも社務所迄には資力到らず荏苒今日に及びたり。時恰も昭和43年に明治百年を迎へるにあたり之を記念して博く篤志者の奉賽を得約一億二阡余萬円を費して時世の要請に応ずる規模の見事なる会館を建設し得たるは慶賀の至りとす。此所に後世の為簡略ながら記念の文とするものなり。昭和45年11月7日竣工。宮司西田重一撰・葭田真齋書』
28
女坂上、社務所裏の休憩所。
29
宰鳥(蕪村)句碑「鶏は羽にはつねをうつの宮柱」宰鳥。
30
宰鳥(蕪村)句碑の記…『俳聖与謝蕪村は、寛保3(1743)年歳末に宇都宮の俳人佐藤露鳩の許を訪れて当市に滞在、翌年正月に蕪村最初の「歳旦帖」を編集発行した。それは表紙に、この碑の上部にあるように円の中に次の文字をあしらった、ユニークなものであった。「寛保四甲子 歳旦歳暮吟 追加春興句 野州宇都宮 渓霜蕪村輯」その中で蕪村は、それまで使っていた「宰鳥」の号で、「いぶき山の御燈に古年の光をのこし、かも川の水音にやや春を告げたり」と前書して、この碑にある「鶏は羽にはつねをうつの宮柱 宰鳥」の句を詠んだ。これは当社宇都宮二荒山神社の社頭で新年の夜明けを迎えた鶏が、勢いよく羽ばたいている姿に寄せて、この地で俳諧師としての第一声をあげた喜びを詠んでいる。また表現も「羽をうつ」と「宇都宮」、「宮」と「宮柱」とを掛けた華麗な句である。こうした事実が、今まであまり知られていなかったのを極めて残念に思い、このたび多くの方々のご支援をいただいて、その事跡を顕彰するためにここに記念の句碑を建立した。なお、この「歳旦帖」で初めて「蕪村」の号を用いている。「古庭に鶯啼きぬ日もすがら 蕪村」の句碑が、仲町の生福寺境内にある。姉妹句碑として愛されることを念願する次第である。平成11年11月蕪村顕彰会・宇都宮ニ荒山神社・成島行雄撰文』
31
宇都宮二荒山神社ライトアップ施設完成記念タイムカプセル(平成10年3月吉日・289名の御芳名帳とこの時代の資料を後世に残すため永く地中に収めます)。
32
正面石段(男坂)途中へ。石灯籠(除隊紀念・大正元年12月)。
33
台座碑文。
34
弘化3年正月の石垣。
35
大谷石。
36
劍宮(武道の神)。
37
案内板。
38
十二社(肇国の神)。
39
案内板。
40
菅原神社(学問の神)。
41
鳥居扁額と小祠。
42
42.5
石灯籠一対(弘化3年9月吉祥日)。
43
43.4
43.6
43.8
案内板。
44
筆塚。
45
針霊碑。
46
46.5
正面石段を挟んで反対側へ。
47
松尾神社(お酒の神)。
48
石灯籠一対(明治9年3月)と小祠。
49
案内板。
50
荒神社(疫病鎮めの神)。
51
案内板。
52
水神社(水の守神、罔象女大神)。
53
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ