1
栃木県宇都宮市塙田5丁目。蒲生神社表参道の脇に参道があります。
2
社号標。
4
信楽焼。
5
参道石段。
6
石鳥居。
7
石灯籠。
8
手水石らしき石。
9
御蔵山古墳(宇都宮市指定有形文化財・平成9年3月21日指定)標柱…『この古墳は、6世紀前半ごろ造られた全長約62m、高さ約5mの中型の前方後円墳で、前方部を西北西に向けている。周辺からは土器や埴輪の破片が出土している。墳丘は三段になっており、下半分は山をけずって形を整え、上半分は土を盛り上げて築いている。古墳のふもとに「古棺記」、頂上に「雷神社」がある。神社を造るとき、前方部と後円部の上面の部分が約1mほどけずり取られている。』
10
不明の石。
11
社名「雷神社」と刻む石塔。
12
12.5
古棺記。状態はいいです。明治17年の県庁舎建築に際して、八幡山の南(二里山)から石棺が出土しました。石棺は古墳時代のもので、中から黄土と短剣・菅玉等の副葬品を検出。黄土は甕に収め御蔵山に埋め、副葬品は博物館に納めて処理。石棺の出土からその処置までの経過を記した碑。
13
『古棺記 下野國河内宇都宮之地有小丘焉日二里山方遷栃木縣廰於宇都宮相其地闢榛莽焚茅茷剷髙填低以夷之而發一石棺長六尺餘横二尺五寸開而覩之中有黄土搜得短劔一口管玉十個臼珠十二顆及似齒骨者五六枚意是貴族之壙焉時期明治十七年五月五日也黄土悉歛之瓮器物皆納之博物舘棺面無一字跡不知何人之墳也質諸古老徴諸舊史不著也然以棺之與玉劒考之蓋千年外物云或日下毛野國造之族未知其果是也明治二十一年十二月二十八日栃木縣知事從五位勲六等樺山資雄特納黄土於棺以殪(異体字・ヤマイダレ・うず-める)於御藏山之下焉』
14
14.5
更に石段を上ります。墳丘は三段になっているようです。
15
不明の石。
16
石段上の鳥居。
17
石灯籠一対。
18
18.5
紀年銘は文政10年。
19
『當社境内ニ接スル山林五畝十八歩ヲ戸祭町大渕友之真君敬神ノ意ヲ以テ獻地セリ依テ之ヲ表彰ス』
20
『皇太子殿下・雅子妃殿下御成婚記念植樹・真榊壹対』平成15年6月吉日。
21
雷神社は御蔵山古墳頂上に鎮座。
22
社殿。
23
拝殿向拝神額。
24
案内板より…『主祭神:大雷神。例祭:4月15日。宮司:二荒山神社宮司。氏子:1200戸。由緒沿革:当神社は寛永年間(1624-44)に、塙田村の農民が嵐除・雷除の守護神として、村を挙げて建立したものと伝えられ、市指定史跡御蔵山古墳(前方後円墳)の墳丘上に鎮座する。明治43年5月、同所字百目鬼無格社琴平神社を合併。平成4年11月に社殿を改築した。配神として大物主命を祀る。明神造石製鳥居二基・石製狛犬一対・石製灯篭三基がある。参道脇に樺山知事の古棺の記の石碑がある。例祭には氏子総代会員が多数参列し、防雷と五穀豊穣を祈り氏子の安寧と神恩感謝の祭りが斎行されている。』
25
狛犬一対(昭和35年4月・上野秀文)。
26
26.2
26.4
26.8
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ