1
青森県弘前市大字新寺町。行岳山金光院西光寺。
2
由緒等については以前の記事を参照下さい。
3
地蔵菩薩。ちなみに手前の看板には「書の学舎 瑞韻書院 随時受付 工藤大玄」とあります。
4
銘『この地蔵菩薩は、昭和19年10月28日、当山第三十八正誉昌瑞代に西光寺檀家西村進氏により無縁仏供養の為に寄進されたものであるが、老朽化に伴い、平成5年檀家一同の浄財により補修を行う。その後も破損等が進み、この度改修工事を行い、現状をここに留める。平成23年仏歓喜日西光寺第三十九世大誉昌樹』
5
石垣金光上人遺跡。
6
南無阿弥陀佛開山金光上人八百年遠忌上酬慈恩とあります。
7
石垣金光上人塚。
8
8.5
南無阿弥陀佛。
9
正牛塚って何だろう。
10
六角の地蔵堂。
11
11.5
六地蔵。
12
山屋長太夫墓…「究竟院殿讓譽必至正眞居士 山屋長太夫墓 文政三庚辰年九月十二日 正真院殿讓譽必至妙道大姉 同室 天保二辛夘年四月十二日」※山屋長太夫は津軽史に名前が掲載されているので有名な方。詳細は調べていません。
13
裏面…「是為山屋君墓君諱英正字秀方姓藤原藩大夫也葢君未弱冠為書院郎以特秀之資轉遷者八矣竟為參政實文化五年也於是祇役東都者三供赴京師大坂者一矣皆有功勞君為人温良有惻怚之愛況毅有斯決之才好善如渇徙義如流和順内積威望外發是以衆■畏而懐之性■■■明於治道達於事情是以居官能理位髙而愈恭功■而■■■■■■是以■■不誠良大夫哉文政三年春■公在東京召■■■■■■■■■■■■■來與以寵異之人莫不以為榮既而還途雖■■■■■■■■■■■■■■月十二日卒葬西光寺先塋之側■■院郎至于■■■■■■■■■■■■■間宮氏有一女無男而歿再娶猪俣氏無子■公■■■■之子正直為■■■其女生二男一女曰俊八日佳蔵而正直先死於是以俊心為嗣文政五年壬午秋九月石岡健謹撰工藤行敏書」※自信ありません。
14
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ