くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2019/10

青森県下北郡東通村岩屋往来。県道6号線沿い。社号標「若宮八幡宮」。もう1つの碑には「岩屋熊野大神御靈代造新記念碑」とあります。一之鳥居の次には立派な門があります。門の先に更に鳥居があり、そこからは石段が続きます。読み取れない石碑。石段。結構上ります。石段途 ...

青森県中津軽郡西目屋村大字田代神田。西目屋村役場の近くです。由緒等は以前の記事を参照ください。『熊野宮神社 (西目屋村田代)』区画整理記念碑(青森縣知事竹内俊吉)…『目屋土地改良区は其の昔郷坂堰時代即ち弘化三年大秋川より隧道にて引水してから百十八年常に水不 ...

平内町口広左エ門次郎に鎮座。凄い名前の住所ですね。御祭神は建御名方命。例祭日4月27日。元禄11年、狩場沢の堀差野に建立された後、寺田四郎左エ門の申し立てにより津軽と南部の境目の守護神として助白井(介白居)村に移転。その後、正徳2年に社殿を新築して当村に移され ...

正一位与次郎(與次郎)稲荷神社は八幡秋田神社の境内社となります。久保田藩初代藩主佐竹義宣に飛脚として仕えた狐の「与次郎」を祀ると伝えられる神社であり、そのため狐が稲荷神の遣いではなく神そのものとして扱われています。久保田城三ノ丸八幡山(現秋田市立明徳小学 ...

秋田県秋田市千秋公園。千秋公園内久保田城の本丸跡地に鎮座。八幡秋田神社標柱。後ろに見えるのは殉職消防組員招魂碑。標柱より…『秋田神社は、明治11年(1878)秋田初代藩主佐竹義宣を祀るため、広小路に創建され、同32年に旧城本丸の現在地に移された。九代義和(よしま ...

秋田市千秋公園。久保田城跡に鎮座。彌高神社東参道。不浄門跡。社号標。「いやたかじんじゃ」と読みます。侯爵佐竹義春書。案内板「由緒」…下半分が消えています。内容は恐らく以下と同じなので省略。御祭神は平田篤胤大人命(諡号神霊眞柱大人命)、佐藤信淵大人命。平田 ...

久保田城御隅櫓は市民が選ぶ都市景観賞受賞(平成2年度)。久保田城内には八つの御隅櫓がありましたが、この御隅櫓は本丸北西隅の高台にあり、見張り場と武器庫の役割を担っていた建物で、市制100周年記念事業として、平成元年に建設したものです。展望台から市街が一望でき ...

『久保田城跡(千秋公園)其之弐』からの続きです。報恩碑(明治21戊子年秋八月建立)。藩政時代から明治初期にかけて藩や県から表彰された人々が「おかみ」に感謝するとともに、若い人たちの奮起を期待して建てたもののようです。碑文はちょっと読み取りにくい状態。船木靱 ...

『久保田城跡(千秋公園)』からの続きです。まだこの辺りしか見ておりません。胡月池。公園を設計した長岡安平が最初に築造した池。石灯籠や噴水が趣を添えます。大賀ハス(Ohga lotus(学名:Nelumbo nucifera))…『1951年(昭和26年)、ハス研究家の大賀一郎博士が地元 ...

腹が減っては戦ができぬ!ってことで、まずは腹ごしらえでそば処四季へ。レディースセットやにしんとろろそばが人気のようでした。広東そばという変わったメニューも。お店側のおすすめはぶっかけそば、にしんとろろそば。私が注文したのは天ざる。920円でエビ3本とししとう ...

青森県弘前市大字高岡神馬野。隣接する「高岡の森 弘前藩歴史館」(休館日:毎月第3月曜日(その日が祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日-1月3日)、展示替え期間中は臨時休館)の住所は弘前市大字高岡字獅子沢。弘前藩4代藩主津軽信政を祭る高照神社には、信政の遺品 ...

秋田県秋田市大町3丁目。旭川沿い。川反三丁目街区公園内。川反の各町には共用の水汲み場がありましたが、現在も残っているのはこの水汲み場だけです。久保田城下の名残りを感じられるスポットです。周囲には防火並木(けやき)が残ります。古い歴史を持つ那波家が火災発生時 ...

yuki散歩part13。秋田市立赤れんが郷土館に行きたかったので、それ以上は何も考えずに予約した赤れんが館通り沿いのホテル(アルバートホテル秋田)がめっちゃ飲み屋街に位置しておりました。川反って秋田市大町なのね。小路散策をしたかったのですが、夕暮れ時&土地勘が無 ...

秋田県秋田市大町5丁目。社号標裏…『昭和4年6月鹿嶋講中建立』旧八日町標柱より…『定期市日を示す久保田城下唯一の町名で、塩の専売権をもっていた。』八日町は久保田八日町・秋田八日町ともいいました。江戸期は出羽国秋田郡のうち。秋田藩領。久保田城下町の1つ。成立は ...

川反には佐竹遷封の際に水戸より白根屋多兵衛が移したもので寛政11年3月から丁内の氏神となっている稲荷神社がありますがそれとは別です。由緒等についてはわかりませんでしたが、「すずらん通り商店会」という木札があったので、その発展を願い崇敬されている神社であること ...

↑このページのトップヘ