1
秋田県男鹿市船川港本山門前。
2
赤神神社五社堂拝殿の東方。歩いてすぐです。
3
不動滝から流れる祓川の畔に鎮座。
4
由緒については不明。
5
手元に資料等は無いので一応、五社堂にある案内板の「男鹿図屏風」、「名勝男鹿半島遊覧御案内」の鳥瞰図、菅江真澄の描いた門前の滝(「男鹿の秋風」)、「絹篩」などの絵は見てみましたがよくわかりませんでした。
6
6.2
6.4
6.8
社殿内。中央に祀られるのは不動明王。
7
県内には同名の神社がいくつかありますが、かつての不動尊(滝を御神体・水神)が神仏分離によって今木神社と改称しているものがほとんどのようです。渡部斧松(江戸時代後期の老農、農業指導者、農業経営者)に関連しているようですが詳細は調べていません。滝の頭に鎮座する今木神社を深く崇敬して開田に成功した偉人です。
8
狛犬一対。
9
9.5
台座に紀年銘等がありますが、状態は悪く、下部も埋もれていてよく見えませんでした。
10
10.5
皇紀2600年碑。
11
琴平神社・赤神山・太平山・石祠一基。明治初期の紀年銘。
12
12.2
12.4
12.8
 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ