くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2018/04

米沢藩主上杉家墓所。 杉木立。 パンフレットより…『上杉家墓所は、米沢では「御廟」または「おたまや」と呼ばれ、親しまれてきました。昭和59年(1984)1月11日、全国の大名家墓所としては5番目に、国指定史跡として登録されています。御廟は、東西約113㍍、南北約180㍍ ...

東京都中央区銀座7丁目。 銀座八丁神社めぐりの一社。 参道は暗い路地裏です。 奥の丁字路はとても銀座とは思えないほどの更に細い路地になります。 ちなみにこの路地はブラタモリでも紹介された、喫茶店内を通り抜けできるというかなり面白い路地になっています。 銀 ...

東京都中央区日本橋本町。BakeryPomme(日本橋に3代続く下町自家製造のパン屋)前にいるこの方が目印。 太田道灌が室町中期長禄元年に江戸城を築城する際に京都伏見稲荷大神の御分霊をいただき、常盤稲荷と名づけ、同城の守護神として勧請。徳川家康公開府により、江戸城郭 ...

東京都中央区銀座8丁目。銀座八丁神社めぐりの一社。御祭神は倉稲魂命。播磨の明石に鎮座する明石稲荷が京都大内家へ遷座され、それを当社初代神主の井上若狭が元禄年中に当地へ勧請したと伝えますが、古文書等を焼失しており詳細不明。明治2年加賀毘賈神を合祀。明治8年8 ...

松が岬公園(米沢城址)に鎮座。主祭神は上杉謙信公。旧社格は別格官幣社。 舞鶴橋石灯篭一対(大正13年)。 舞鶴橋石灯篭一対(大正12年4月)。 一之鳥居と石灯篭一対。 神額。 社号標「別格官幣社上杉神社」。 御定書(大正12年4月)…『定:一、車馬乗入ル事 一 ...

上杉神社境内社の福徳稲荷神社。 上杉神社本殿横、稽照殿裏に鎮座。 狐一対(平成5年7月吉日)。 石灯篭一対(明治12年)。 福徳稲荷神社は享保10年(1725)上杉宗憲公が二の丸に建立し、以後歴代の藩主が崇敬。特に鷹山公は篤く信仰されており、木彫りの「正一位稲荷 ...

上杉神社境内社の春日神社。 御祭神は春日四柱大神(天児屋根命、武甕槌命、経津主命、比売神)。米沢藩主家上杉氏の氏神で林泉寺の鎮守でした。 春日神社の創建は天徳2年(958)、現在の新潟県上越市にある春日山に春日大社(奈良県奈良市)の分霊を勧請したのが始まり。 ...

上杉神社摂社の松岬神社。社号は米沢城の別称「松岬城」に由来し、「まつがさきじんじゃ」と読みます。 松が岬公園(米沢城址二の丸世子御殿跡・米沢市丸の内)に位置し、上杉鷹山、上杉景勝、直江兼続、細井平洲、竹俣当綱、莅戸善政を祀ります。 石灯篭一対(雲州松江製 ...

暦仁元年(1238)長井時広の築城と伝えられ、松岬城と称しました。時広は源頼朝の重臣大江広元の次男で、奥州侵攻の軍功により文治5年(1189)に長井庄地頭となります。長井氏治世191年(8代)に及びます。康暦2年(1380)伊達氏8代宗遠が、長井氏8代広房を滅ぼして長井庄を ...

伝国の杜・米沢市上杉博物館・置賜文化ホール。特別展「上杉家の名刀と三十五腰」開催中でした。 米沢市上杉博物館の横、上杉伯爵邸との間。南堀端町。 なお、南堀端町の路地を真っ直ぐ南に向かえば、北谷地小路(侍町で、主に御馬廻組に属する中級家臣団の屋敷があった場 ...

米沢城二の丸跡です。入口には大型の一間薬医門。左右に袖塀が付きます。反りのある伸びやかな流れの屋根は均整のとれ、各部の造りは正統的で近代和風建築としての技術水準の高さを示す好例となっています。 上杉伯爵邸は、明治29年、元米沢城二の丸跡に上杉家14代茂憲伯爵 ...

階上駅には、大正13年から平成17年まで実際に使用された腕木式信号機が保存され、駅前には昭和レトロな雰囲気を残す商店街があります。 駅舎よりトイレの方が大きい(笑) 腕木式信号機。 操作レバー。 腕木式信号機…『この腕木式信号機は、大正13年11月10日の八 ...

東京都中央区銀座3丁目。銀座八丁神社めぐりの一社。 ブラタモリでも紹介された神社です。 拝殿天井。本殿はパイプにより大地につながり、拝殿での参拝が本殿に届くよう工夫されているそうです。本殿の背後にはスピーカーが付いており、地上拝殿の参拝者が鳴らす鈴の音や ...

南部町大向経ケ森。三戸駅からも比較的近い場所。入口は2ヶ所ありますが、いずれの入口にも案内板や鳥居が無いのでわかりにくいです(厳密にいえば本殿裏手からも行けるようになっていたので3ヶ所)。 道路からはこのような感じで神社と鎮守の森が見えているので、何とな ...

東京都千代田区霞が関。虎ノ門駅11番出口付近。 文部科学省構内。中央合同庁舎7号館の建設に伴う発掘調査成果をもとに石垣を保存し、文部科学省構内ラウンジ前と地下鉄銀座線虎ノ門駅の新庁舎連絡通路内に発掘された石垣の全貌が見える展示コーナーが設けられています。 ...

↑このページのトップヘ