くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2018年02月

イメージ 32
三戸郡田子町田子上ノ平。
イメージ 33
二の鳥居。
イメージ 34
二の鳥居脇にある庚申・二十三夜塔(講中一統・安政4年3月23日)。
イメージ 35
参道。
イメージ 36
社号標が見えてきました。
イメージ 37
案内板。
イメージ 38
御祭神は須佐奈男命。例祭旧6月15日。創建不詳。明治2年に八坂神社と改称。八坂神社に改称している場合、それ以前は祇園社とか牛頭天王社と呼ばれています。
イメージ 39
明治32年5月に火災により社殿を焼失するも、間もなく新築し今日に至っています。
イメージ 40
例大祭では田子神楽を奉納しています。田子神楽は青森県無形民俗文化財に指定されています。約400年前から伝わる山伏神楽で、田子神楽を語る上で八坂神社は非常に重要な役目を果たしています。
イメージ 41
旧正月元旦から八坂神社氏子と旧家を「舞立ち」といって春祈祷に回り、旧7月16・17両日は同じく秋祈祷で回ります。山伏神楽16番を演じます。獅子頭を奉ずる権現舞を基本に、番楽・鶏舞・念寿・桜子・八島・曽我兄弟などがあります。春祈祷で各家を回るときは、太刀・棒・長刀などを持つ「七つもの」の行列で祓い清めます。囃子は笛・太鼓・手びらがねで数人ずつ。江戸時代初期、田子の修験大法院は南部藩御用神楽を務め、正月16日盛岡城に登城して神楽祈祷を行いました。一時衰え、その後池田文左衛門が岩手から獅子舞を移し、その弟子由蔵が伝えたのが今の田子神楽。明治以後は、八坂神社の氏子たちが伝承してきました。
イメージ 1
唐破風懸魚・蟇股・木鼻。
イメージ 2
狛犬一対(昭和15年)。
イメージ 3
イメージ 4
手水石。
イメージ 5
石灯籠一対。
イメージ 6
イメージ 7
本殿。
イメージ 8
美しい造りです。
イメージ 9
社務所新築記念碑(昭和57年7月)。
イメージ 10
力士3名の名が刻まれた記念碑。
イメージ 11
イメージ 12
神恩碑と招魂碑。
イメージ 13
神輿庫。
イメージ 14
イメージ 15
末社群。
イメージ 16
熊野権現。
イメージ 17
イメージ 18
権現堂。
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
子安神。
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
馬頭観音堂(蒼前神社)。
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
吉祥天。
イメージ 28
イメージ 29
豊受神社。
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 6
由緒等詳細については以前に書いているので省略いたします。
イメージ 7
関連記事
イメージ 8
イメージ 9
夜に訪れた愛宕神社。写真はフラッシュ・加工なしです…基本的にいつもそうですが。前回の記事とは別日ですが、夜もライトアップされていていい雰囲気だと聞いたので再訪しました。
イメージ 10
確かにライトはありますが、ライトアップというほどではなく結構暗いですね。それでもちょくちょく参拝者が訪れていました。
イメージ 11
イメージ 12
っていうか石段怖い!私超鳥目なんですけど!
イメージ 13
女坂にしようかな…
イメージ 14
いや、とりあえず出世したいので、出世の石段(男坂)を上ってみて、下りはダメだったら女坂か新坂を使って戻ろうと思います。
イメージ 15
ってことで馬を使わずに出世の石段上りました。
イメージ 16
石段上の鳥居。
イメージ 17
確かに境内はいい雰囲気ですね。
イメージ 18
それでも想像していたよりかなり暗いですけど。
イメージ 19
手水舎。
イメージ 20
NHK放送博物館方面から丹塗りの神門。
イメージ 21
イメージ 22
あれ?こんな所に地蔵様いたかな…以前は無かった気がします。もしかして新坂にあった地蔵堂から移転したのかな。似ている気がしますが今回は新坂の方に行ってないので未確認。
イメージ 23
周囲のビル等の明かりがあるからいいんでしょうね。
イメージ 24
無ければあの石段は無理です。
イメージ 1
東京タワー。
イメージ 2
神門。
イメージ 3
イメージ 4
社殿。
イメージ 5
向拝。
イメージ 25
末社。
イメージ 26
イメージ 27
池の方へ。
イメージ 28
暗い…
イメージ 29
弁財天社へ。虎ノ門ヒルズ森タワーが見えます。
イメージ 30
弁財天社。
イメージ 31
さて、やはり頑張って男坂から帰ることにします!
イメージ 32
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
イメージ 33
むしろ雪でも降ってスキー板があれば余裕なのに。
イメージ 34
鳥目を見開いて一段一段慎重に下りました。
イメージ 35
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
三戸郡田子町石亀上ミ平。石亀は石亀信房によって築かれた石亀館の館跡があります。南部氏第22代政康の四男紀伊守信房が造営。「慶長御支配帳」に「石亀館 四百石 石亀七左衛門」とあります。七左衛門は名を直徳といい、信房の孫にあたり、盛岡に移住して信直・利直の家老を務めました。幕末の盛岡藩の悲劇の家老と言われる楢山佐渡は石亀氏の分家。詳細はwikipedia(石亀氏)でどうぞ。
イメージ 2
イメージ 3
石亀神社のケヤキは田子町指定天然記念物に指定されています。
イメージ 4
イメージ 5
石段上。
イメージ 6
狛犬一対(昭和10年旧4月8日納)。
イメージ 7
イメージ 8
更に一段高くなっている場所に社殿があります。
イメージ 9
石灯籠一対(昭和5年旧8月8日)。
イメージ 10
イメージ 11
参道及び社殿の周囲は巨木に囲まれています。
イメージ 12
イメージ 13
御祭神は少彦名命。
イメージ 14
例祭日は旧8月8日。文献・資料等焼失。
イメージ 15
慶長9年(1604)に南部家御先祖により建立と伝えます。安政3年「三戸通神社仏閣地名書上帳」によりますと、地内には法呂・薬師堂が見えます。神仏分離を経て、薬師堂が石亀神社と改称。現在は薬祖神として医療関係者の崇敬が篤く、また、醸造・漁業・産業の神としても崇敬を集めています。また、石亀神楽が町の無形民俗文化財に指定されています。石亀神楽は年中行事として、旧正月に地区の家々を回り、家内安全・五穀豊穣・火伏の門打ちを行ないます。拍子は田子神楽に比べて少々テンポが早く舞も機敏。昔は田子神楽は五拍子、石亀は三拍子といわれましたが実際は正調な五拍子。石亀神楽は斗内獅子舞の分かれで、本家斗内獅子舞は、盛岡南部領聖護院派山伏と羽黒派山伏を支配した三戸斗内黒龍神社別当修験威徳院が江戸時代初期に直系である白山大権現別当良覚坊を中心に結成した獅子舞です。始まりは明治時代で、石亀地区は大火災に見舞われたことで、このような災難に合わないようにと権現様を造り守護神として祭りました。そして石亀獅子舞組を発足させ、火伏の門打ちを例年行事としました。大正元年、斗内の道尻円造師一派の指導を受け、大正4年に石亀獅子舞が独立誕生。昭和21年に獅子舞を神楽と改め、石亀神楽保存会が誕生。その後、世の中の変化とともに幾度の消滅状態に陥るなどし、最近では1998年頃に途絶え、2014年に再度復活に向けて動き出し、2016年に復活したようです。
イメージ 16
社殿向かって左にある末社。手前の小祠は十和田山神社(大正2年9月8日・昭和40年旧8月8日の棟札あり。氏子一同)。
イメージ 17
奥の小祠は天照皇大神宮(大正2年9月8日・昭和40年旧8月8日の棟札あり)。
イメージ 18
末社前の御神木。
イメージ 19
社殿向かって右にある末社群。
イメージ 20
イメージ 21
こちらは大山祇神社(大正2年9月8日・昭和40年旧8月8日の棟札あり)。っていうか日付は全部同じですね。
イメージ 22
吉備大神御殿(棟札日付は上に同じ)。足場が悪くて写真がボケボケ。
イメージ 23
八坂神社(棟札日付は上に同じ)。
イメージ 24
こちらの石祠はわからず。
イメージ 25
建雷命・経津主命御殿(棟札日付は上に同じ)。
イメージ 26
手水石。
イメージ 27
扇形です。
イメージ 28
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ