くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2017年12月

イメージ 11
yuki散歩 part1』2011年12月(弘前市内建築物ほか)
イメージ 2
yuki散歩 part2』2011年12月(弘前市内・東京建築物ほか)
イメージ 3
yuki散歩 part3』2012年5月(弘前市内建築物ほか)
イメージ 1
yuki散歩 part4』2012年11月(弘前市内建築物ほか)
イメージ 4
yuki散歩 part5』2013年6月(七戸市内建築物ほか)
イメージ 5
yuki散歩 part6』2013年7月(盛岡市内建築物ほか)
イメージ 6
yuki散歩 part7』2016年4月(福島市内建築物ほか)
イメージ 7
yuki散歩 part8』2016年6月(旧尾上町・平川市建築物ほか)
イメージ 8
yuki散歩 part9』2016年7月(黒石市こみせ通り建築物)
イメージ 9
yuki散歩 part10 ~ 黒石市』2016年7月(黒石市内建築物ほか)
イメージ 10
それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。
イメージ 3
イメージ 2

一見何でもないものがYUKIさんの目を通すと面白く見えてくるブラユキ写真館のお時間です。長年続けてきましたが、偶然見つけたものばかりなので、正直ネタ切れです。

藤崎町にある千葉板金工業所。
イメージ 30
模型が飾られているのはともかく…
イメージ 31
大きな熊が!!道路沿いなので驚きます。
イメージ 32
屋根の上もカオス状態。屋根の雪下ろしはどうしているのか疑問。
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36

三戸の巨大サッカーボール。
イメージ 37
設置理由はわからず。
イメージ 38

取手づくり。
イメージ 39
イメージ 40
いばら「き」のアピールが凄い。
イメージ 41

田子町のかかし。
イメージ 42
イメージ 43
ツッコミ切れない最高のクオリティ。
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 47
イメージ 48

「公認金成自動車学校東北一のドライビングコース」
イメージ 49
どこの公認かは知りませんが…何が東北一なのか知りませんが…東北一のコースを見てみたい。
イメージ 50

「ファミコンボーイⅣ」。ファミコン~ツインファミコン~ゲームボーイ~スーパーファミコン…と歴史の糸を紡いできた店…と勝手に想像。
イメージ 51

田子町のにんにくソフト。
イメージ 52
イメージ 53
こんな感じでにんにくが入ってるなら惹かれません。
イメージ 54

食彩ときわ館。
イメージ 55
「警告」…万引きを発見した時は、想像を超えた世界を見る事になりますよ…(((( ;゚Д゚)))ちょっと見てみたい…
イメージ 56

ある日森の中…くまさんに出会った…
イメージ 57
イメージ 58
(((( ;゚Д゚)))
イメージ 59
イメージ 60
かわいいを通り越して完全に恐怖の森。キティちゃんの頭どうなってんねん。
イメージ 61
イメージ 62
イメージ 63
誰が何のために…
イメージ 64
イメージ 65
理由がまったくわからない…
イメージ 66
看板らしきものもありましたが読み取れず。
イメージ 67
平和…
イメージ 68
イメージ 69
平…ピンフ!?(((( ;゚Д゚)))
イメージ 70
何やら一際大きいのも。
イメージ 71
大きすぎて落ちてるけど。
イメージ 72
「見てよゴミイヤ」…あなたがゴミでは…(((( ;゚Д゚)))
イメージ 29
リアルポケモンGO。
イメージ 28

河童に注意。顔むかつく。
イメージ 27

山火事注意。
イメージ 26
いえ、山火事よりも注意の必要があるかも…
イメージ 25

ベトコンラーメン30倍(青森市石江・榮太郎)完食之図。
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24

山形県あるある!?
イメージ 19
境内での芋煮会は固くお断りします…
イメージ 18

弘前は土手町にある自動販売機。
イメージ 17
個人的に両面タイプは初めて見ました。但し、取り出し口は片面だけなので便利さは半減。
イメージ 15
イメージ 16

こちらは七戸町の奥州街道沿い(国道4号)にあるので、かなり知っている人が多いかも。
イメージ 14
「米けっ!」の看板。インパクトあります。標準語にすれば「米を食べろ!」って意味です。男か女かは不明。
イメージ 1

津軽こけし館より…
イメージ 2
「私の名前はこけし」…シュールです。
イメージ 3
「私こけし。-5キロダイエット成功」…シュールです。
イメージ 4
「いえーい!ジャスティス!」…シュールです。
イメージ 5
「会いに行けるアイドルKKS!」…シュールです。
イメージ 6
「夏といえばやっぱりコレ!こけしサイダー」…初耳学に認定です。
イメージ 7
「ヒストリー、トラディション、ブルゾンこけみ、withK」…ミーハーです。
イメージ 8
「こけしがあらわれた!どうする?」…………
イメージ 9

ある商品の使用説明書の中国感が半端なかったので、赤ペン先生になってみた。
イメージ 10
イメージ 11

まじ卍。
イメージ 73
イメージ 74
イメージ 75

ある日の新聞記事。山によく行く私はクマ出没情報をチェックします。県道大館十和田線(樹海ライン)の道路脇に…
イメージ 12
体長【約70メートル】のクマ1頭が出没したそうです。新聞記事に間違いがなければ、それは「KUMA」じゃなく「UMA」です。
イメージ 13
イメージ 3
イメージ 2

地方の寺社仏閣巡りあるある早く言いたい。
イメージ 1
【地図を見なくても鎮守の森や巨木によって神社の場所がわかる】
イメージ 2
イメージ 3
【むしろ不自然に残されている森や巨木の付近には地図に載っていなくても大概が神社ある】
イメージ 4
イメージ 5
【神社の場所はわかるけど、入口を見つけられない】
イメージ 6
【入口はわかるけど、神社が見当たらない】
イメージ 7
【神社の場所はわかるけど、行くことが不可能】
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
【背丈ほどの草むらで参道がわからない】
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
【参道はわかるけどいきなり藪漕ぎを強いられる】
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
【参道はわかるけど国道や鉄道で途切れて迂回を強いられる】
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
【田んぼの畦道が参道】
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
【地元の方々が勝手に作ったであろう近道参道が存在する】
イメージ 31
【車を停める場所はない】
イメージ 32
【どこまで車で行けるかわからない。無理をすると厳しい後進を強いられる】
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
【社号標からの距離が半端ない】
イメージ 38
【一之鳥居からの距離が半端ない】
イメージ 39
イメージ 40
【地元の方も神社の存在を知らない】
イメージ 41
【特に部落名がついた神社では、結果何の神社かわからない】
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
【地理院の地図を見ると、急に恐ろしい数の鳥居や卍マークが現れて気が遠のく】※普通の地図にはここまで掲載されていない。
イメージ 45
【地図に大きな文字で神社名が載っていても、大きい神社とは限らない】
イメージ 46
イメージ 47
【古地図に忠実に現存している】
イメージ 48
イメージ 49
【境内が近くの工事現場の方々の休憩場所となっている】
イメージ 50
【地元のお年寄り方に神社の場所を尋ねると、「ここに行けばすぐわかる」と公民館に案内される】※しかも行ってもわからない笑
イメージ 51
【地方で神社を探してグルグルしていると見知らぬ車及び人間に対してやたらと警戒心を持たれる】
イメージ 52
【見知らぬ人がいるのが珍しいのか境内で遊んでいた地元の子供たちが付いてくる。】※こういう時代なので誤解されます。
イメージ 53
【境内にいる地元の方々にやたらと話しかけられる】
イメージ 54
【地元の方々の昔話は時に最高の神社史料となる】※文献・史料よりも説得力を持つ。
イメージ 55
【地元の方々の昔話は時に最高の無駄時間となる】※延々と続く孫の自慢話。楽しいですけどね。
イメージ 56
【やたらと詳しい地元の方に当たればちょっとしたガイド付ツアーとなる】
イメージ 57
【地元の方が一生懸命説明してくれるも、方言がわからくて申し訳ない気持ちになる】
イメージ 58
イメージ 59
【地元の方々に「どこから来たの?」と聞かれ、「青森市」と返事しても「弘前市」と返事しても「東京」と返事しても村人の反応は一緒である】※ダーツの旅気分
イメージ 60
【積雪で参道がわからない】※鎮守の森は雪どけが遅いので、春になっても雪が残っています。
イメージ 61
イメージ 62
【雪国では本殿を見ることができない】※覆屋
イメージ 63
【雪国では拝殿も見ることができない場合もある】※むしろ全部覆屋だったり。
イメージ 64
イメージ 65
イメージ 66
【初詣客がいない神社では雪がとけるまでほぼ参拝不可能】
イメージ 67
イメージ 68
【夏でもストーブや炬燵が常備されている】
イメージ 69
イメージ 70
【年に一度の例祭日以外は拝殿内も拝めない。】※年に1度の御開帳レベル
イメージ 71
イメージ 72
【しかし文化財レベルの仏像や石碑が普通に境内や末社に置かれている】
イメージ 73
イメージ 74
【境内の蛇、トカゲ、カナヘビなどに驚かなくなる】※コウモリにも驚かないけど、鹿と猿にはさすがに驚く…経験あり。
イメージ 75
イメージ 76
イメージ 77
イメージ 78
イメージ 79
【蚊と蜘蛛の巣が一番の天敵】
イメージ 80
【夏場の黒い車はアブの標的になる】※ヒッチコックの「鳥」レベル
イメージ 81
【結果としてちょっとした登山になってしまう】※神奈備・磐座
イメージ 82
イメージ 83
【結果としてちょっとした修験者になってしまう】※危険過ぎる参道
イメージ 84
イメージ 85
イメージ 86
イメージ 87
イメージ 88
【もはや死と隣り合わせ】
イメージ 89
イメージ 90
イメージ 91
イメージ 92
イメージ 93
【暗くなってきたから急いで参道入口に戻ったら昼並みに明るかった】※鬱蒼とし過ぎの鎮守の杜
イメージ 94
【拝殿が賽銭箱】
イメージ 95
イメージ 96
イメージ 97
【賽銭箱が郵便受け】
イメージ 98
【賽銭をポストに投函】
イメージ 99
イメージ 100
【拝殿入口がドアノブ】
イメージ 101
【拝殿入口がシャッター】
イメージ 102
イメージ 103
【社務所や授与所が無く、御朱印をどこでもらっていいのかわからない】
イメージ 104
【狛犬や御神馬のホッカムリや衣装が素敵】
イメージ 105
イメージ 106
イメージ 107
イメージ 108
イメージ 109
イメージ 110
イメージ 111
イメージ 112
イメージ 115
イメージ 113
イメージ 114
【神仏混淆感が色濃く残る】
イメージ 116
イメージ 117
イメージ 118
イメージ 119
イメージ 120
イメージ 121
【鳥居が斜め過ぎる】
イメージ 122
【御神木が斜め過ぎる】
イメージ 123
【石灯籠がブロック塀】
イメージ 124
【子供に説明しにくいものが多い】
イメージ 125
イメージ 126
イメージ 127
イメージ 128
イメージ 129
イメージ 130
イメージ 131
【手水石に水がない】
イメージ 132
イメージ 133
【手水石に水はあるが絶対に清められない水質】
イメージ 134
イメージ 135
【拝殿内にスリッパが用意されているが、床よりもスリッパ自体の方が汚れている】
イメージ 136
【草木の中から末社が現れる】
イメージ 137
イメージ 138
【由緒書きに「坂上田村麻呂」の文字が見えると正直がっかりする】※内容が大体同じ。
イメージ 139
イメージ 140
【由緒書きに「菅江真澄」の文字が見えると敗北感を感じる】※どんだけ歩き回き回ったの…
イメージ 141
【小さな鳥居&祠は庚申塔by津軽】※時々河童(水虎)。
イメージ 142
イメージ 143
イメージ 144
【小さな鳥居&祠は蒼前様by南部】
イメージ 145
【犬<馬】※青森神社あるある
イメージ 146
【狛犬がリアル】
イメージ 147
イメージ 148
【狐がリアル】
イメージ 149
イメージ 150
【馬がリアル】
イメージ 151
【狸がリアル】
イメージ 152
【貝殻がある】※特に平内町
イメージ 153
イメージ 154
イメージ 155
【意味深な石がある】
イメージ 156
イメージ 157
イメージ 158
【キッチンがある】
イメージ 159
イメージ 160
【心臓に悪い】
イメージ 161
イメージ 162
イメージ 163
イメージ 164
イメージ 165
イメージ 166
イメージ 167
イメージ 168
イメージ 169
【説明がないともはや意味不明】
イメージ 170
イメージ 171
イメージ 172
イメージ 173
イメージ 174
イメージ 175
イメージ 176
イメージ 177
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ