くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2017/08

十和田市沢田蒼前平。かつての沢田村。沢田氏系図に「(盛岡藩主)利直公、慶長16年10月12日付八百石、其実797石8斗9升5合也を賜ふ、御黒印あり」と見えるように、江戸初期は沢田氏の知行地でした(その後知行地は失われています)。当村は地勢に恵まれ、生内川を利用して早 ...

県道45号。ちょうど川守田町と六日町の間に「えの坂」の案内板があります。 えの坂の由来…『昔、この坂の脇に佐藤兵衛の屋敷があったので「さどべえ(佐藤兵衛)坂」と呼ばれていた。それがいつの間にか「え(衛)の坂」と省略して呼ばれるようになった。佐藤氏は代々兵衛 ...

『三戸大神宮(三戸町)』からの続き。 神輿庫。 三戸大神宮の御神輿は文政9年に盛岡藩第38代藩主南部信濃守利済公寄進のもの。三戸町文化財指定。 末社。 向かって右が伊邪那岐大神、左が伊邪那美大神。 末社毘沙門天社。 御神徳は北方守護・金運財宝・恋愛成就・病 ...

三戸郡三戸町同心町字諏訪内。御祭神は天照皇大神。イメージキャラクターは巫女と三毛猫を組み合わせた「みこにゃん」。 八日町中央南側に大鳥居が立っており、ここが表参道で、石段を登ること百段で老樹鬱蒼と茂る境内に達します。境内までは裏から車で行くことも可能の ...

標柱はありますが坂の説明はありません。但し、坂上に鎮座する八坂神社の境内に設置された案内板を読めば、坂名の由来がわかります。 五日市城(下名久井城)の由来…『鎌倉幕府御家人の工藤祐経(源頼朝の重臣)の長男でもある犬房丸(工藤祐時)は、訳(曽我物語)があっ ...

上北郡東北町寒水下。 御神木。 由緒は調べていません。御祭神は天照大神。 拝殿向拝下。 社殿内。 生活感こそありますが、丁寧に祀られていることから崇敬の篤さを伺い知れます。 ...

大字中野目字東早稲田。中野目集落の西方。 馬頭観音を祀る惣染宮です。 社号標(昭和36年9月17日)には「馬頭觀世音庚申塚」とあります。 貞享4年検地水帳によりますと、除地として観音堂地12歩(3間×4間)あり(堂宇なし)。神職長利太夫が勧請して観音を祀ったのが始 ...

十和田市沢田字太田。後平との境ほどに鎮座。 牛一対(昭和5年9月25日)。 立派な角が生えています。 石灯篭一対(大正4年9月25日)。 二十三夜塔(天保14年11月13日)。 社殿。御祭神は菅公。 由緒は不明なるも畠山の一族が二戸郡の浄法寺の天満宮を勧請したもの ...

関所の茶屋のすぐ近く。 天正年間に信直の命により設置された関御番所跡がある場所。御祭神は天照皇大神。例祭日は旧8月15日。 明細書が焼失しており詳細な事は不明ですが、慶長9年(1604)に南部家御先祖が建立したと伝えます。 明治8年4月村社列格。 拝殿前 ...

小舟渡海岸。 なだらかな芝生地と小さな灯台が特徴の海岸です。青森県と岩手県の境であることから、昭和26年より「県境石」が海と陸に置かれました。 海にある県境石。 「堺」と彫られています。 県境に小川。 橋。 私は今、青森県と岩手県に跨ってい ...

地図にむつ湾スピードウェイ跡と記されていたので向かってみました。 ちなみにグーグルマップでは「Shipwreck beach」と記されます。その名の通り、かつて放置座礁船(廃船)がありました。 かつての状況がわからないので…私にとったらただの広い空き地です。 ...

今年の夏は豪華客船世界一周クルーズに行ったフリをしていたので、青森のお祭りには参加するどころか見ることすらかないませんでした。よって立佞武多の館の写真だけアップしておきます。食べ物付です。 ヤッテマレ!ヤッテマレ!! クッテマレ!クッテマレ!! ヤッテマ ...

現在は普通の民家になっているようです…が!表札が「御台場」! しかも家の壁にも「御台場」!でも普通の民家っぽいので…入っていいものなのか…わからず(笑) 小船渡台場跡…『江戸時代後期、わが国が幕府の鎖国政策によって太平の夢をむさぼっていた頃、欧米諸 ...

榊海岸の小高い丘の上、小舟渡海岸から追越、大蛇の海岸が眺望できる所に、台座に乗った円筒型の記念碑が立っています。これが三陸大津波記念碑です。 案内板より…『昭和8年3月3日の三陸大津波(波高24m)の被災状況が刻まれています。多くの死傷者が出た記憶を忘れず ...

大きな鳥居です。 こちらはかつての鳥居かな。 三戸町斗内字田屋。旧村社。御祭神は宇迦之御魂命・天手力男命。境内地447坪、本殿6坪、幣殿3坪、拝殿12坪。 創建は不詳ですが、明和4年(1767)、寛政8年(1796)、天保12年(1841)の棟札があり、それぞれ再興や遷 ...

↑このページのトップヘ