くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2016/04

関連記事:『弘前スタジアム (常盤坂配水ポンプ場)』 関連記事:『水道坂 (市道常盤坂樋ノ口線・弘前市)』 関連記事:『常盤坂 (唐内坂・弘前市)』 以前水道坂と称して、弘前スタジアム脇の坂道を紹介しましたが、その時に発見した鳥居と祠の紹介です。弘前市斎場の ...

一之鳥居と手水舎。 ここから本殿までは想像した以上に距離を感じると思います。 途中にあった石碑。かなり丁寧に祀られていますね。 文政6年(1822)幸神。 鳥居奉納記念碑。 距離はありますが参道は綺麗にされており、歩きやすいです。 鳥居も多かったです。 同 ...

浄土宗 究竟山 一乗院 到岸寺。 慶長5年(1600年)創建。 楢葉郡折木(現在の双葉郡広野町)・古本山盛徳寺・第14世一可良憲上人開山。 慶長3年頃に福島で布教をしていた上人の説法は福島城下の人々の尊敬を集め、その噂を聞いた福島城の奉行たちが上人を城内に招き聞法 ...

食べ過ぎ 飲み過ぎ 胃のもたれ 写真目的ではなかったのでこのくらいで。 桜のハート探しがブームらしい。美味しいものならいっぱい見つけたよ。 ...

【弘前の入院患者、難病の改善策をネットで募る】弘前経済新聞 どんなに小さな情報でもいいそうです。 情報提供、情報拡散。 是非とも御協力をお願い申し上げます。 西谷壮平さんの投稿(Facebook) https://www.facebook.com/nishiya.sohei/posts/1010841625663359 英語に ...

掃部山公園紅葉坂入口。 『江戸時代まで、このあたりは「不動山」と呼ばれる海に面した高台でした。明治初期には、日本初の鉄道開通に携わった外国人技師の官舎が建てられ鉄道事業の拠点となりました。鉄道開業後もこの山の地下水が鉄道用水に使われたことなどから「鉄道山 ...

弘前城内散策…注目されていない場所を笑 旧天守閣跡(本丸未申櫓跡)から見る忠霊塔 弘前城三角点。 擬宝珠の紀年銘。 本丸井戸跡。 館神跡。 鶴の松&亀の石。 玄武岩。 鶴の坂。 子の櫓石段。 本丸未申櫓石垣。 埋門に残る紀年銘。 弘前水族館「マリンパー ...

JR桜木町駅から紅葉坂を上ります。 紅葉坂の坂下付近。 紅葉橋。 昭和57年3月竣功。 横から見るとちゃんと紅葉しております。 紅葉坂。 坂の途中から伊勢山皇大神宮・成田山横浜別院方面へ行けます。 『国道16号紅葉橋交差点と横浜駅根岸道路とを結ぶなだらかな坂。 ...

月島にやってまいりました。町を歩いているとこのような看板が。 かなり細い路地です…って向こうの道路が見えるだけ…。 っと思いきや、小路の途中にありました!かなり不思議な空間ですね。 屋内の雰囲気ですが銀杏の大木があり… しかも屋根を突き抜けています。 江 ...

山に赤い鳥居が見えたので向かってみました。 一の鳥居は壊れてしまったようです。 杉ケ沢村の東と北は中畑村、南は番館村、西は白沢村。 貞享4年検地水帳によりますと、山神社4畝余、稲荷社地5畝余、熊野社地8歩、不動堂4歩と境内山が見えます。 堂内。綺麗に ...

広瀬村。江戸前期には当村が大瀬辺地村で、村内の山脈が広瀬村でしたが貞享年間にそれぞれ改称。 慶長15年頃より製鉄が行われ、製鉄に従事するものが南部地方などから多数移住しましたが、天明の大飢饉後には秋田や瀬辺地村にほとんどが逃散したといいます。 貞享4年検地 ...

東京都江東区大島。 西大島駅から新大橋通りを西に向かい、越中島支線沿いを北に向かった辺りに鎮座。 御祭神は軻遇突智神。 創建不詳。 寛永年間(1624-1645)に葛飾郡中之郷村の成就院境内より大島2丁目6番に遷座し、後の大正2年6月に現在地へ鎮座。 『愛宕神社 ...

関連記事:『南部神社(岩手県遠野市)』 鍋倉公園…『この公園は、鍋倉城の跡であり、明治初期から今日まで市民の憩いの場として親しまれてきました。現在は、鍋倉城址のほぼ全域14ヘクタールを、「都市公園」に整備し、多くの人に利用されています。』。鍋倉城の由来…『 ...

狛犬一対。 関連記事:『鍋倉城址 ・ 鍋倉公園(岩手県遠野市)』 参道石段。 参道途中の石碑。一番右は芭蕉句碑…『雨をりをり思ふことなき早苗哉』。 石灯籠一対。 南部神社の御祭神は勤皇八世、南部実長命、南部実継命、南部長継命、南部師行命、南部政長命、南 ...

大鰐町長峰駒ノ台。神社手前は新農構改善農村広場になっています(平成2年)。 御祭神は保食大神・開墾当初の唐鍬。 昭和13年6月3日建立。ちなみに6月4日が入植式であり、駒ノ台の誕生した日であり、その前日に鎮守保食神社の落成入魂式が執行されているということです。 ...

↑このページのトップヘ