くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2015/11

青森市内真部平岡。かつての内真辺村。 松前街道沿い。 貞享4年検地水帳によりますと、不動堂地が見えます。 創建は不詳ですが、地内の不動尊堂は末社に山神宮を持ち、明治初年には小橋村の稲荷神社に一時合祀。 神仏分離以後は大山祇神社へ改称。旧郷社。御祭神は大 ...

岩手県遠野市宮守町。JR釜石線の宮守川橋梁です。通称めがね橋。2002年に土木学会選奨土木遺産に選定、2009年に近代化産業遺産に認定。私はたまたま通りかかっただけですが…SLもたまたま通りかかってくれればよかったのに。 宮沢賢治の童話『銀河鉄道の夜』のモチーフにな ...

釜淵の滝周辺の森林は1周15分ほどの遊歩道になっています。 月見橋。 月見橋からの風景。 滝見橋。 滝見橋からの風景。 釜淵の滝は花巻温泉の奥、台川にある滝です。 高さ約8.5m、幅約30mの大磐石の上を台川の清流が幾筋にも分かれ、滝壺に流れ落ちます。国指定名 ...

南広森の大山祇神社。 御祭神は大山祇神。 元禄3年(1690)草創の山神宮。 元文元年(1736)陸奥国津軽郡御検地水帳に山神社地が見えます。 検地水帳によると元文以前に産土神として崇敬されており、「宮建有之工藤備後抱」とあることからお宮が建てられ、工藤備後が祭 ...

岡崎海岸夕陽展望台の場所になります。 港の一本杭案内板…『ここから沖合い300m先にある杭は一本杭と呼ばれ、帆船時代に船が湾内で安全に航行し、係留するために使用された。入港時は一番杭で帆を降ろし、二番杭、三番杭へと順に綱をかけ替えて徐々に船を港に近付け、出 ...

鎮守橋を渡ります。 一の鳥居横には東海七福神の恵比寿様。 御祭神は高おかみ神・豊受姫之神・天照皇大神・須佐男之尊・手力雄之尊。 和銅2年(709)奈良の元官幣大社・丹生川上神社より高龍神を勧請、長元2年(1029)神明宮(豊受大神・天照大神)、宝治元年(1247) ...

郷子沢村とも書くようです。 地内山手に寛保元年(1741)、村中安全のために、新町野村・牛館村・合子沢村の3ヶ村で勧請した共同の産土神として稲荷神社があります。※青森県神社庁によりますと新町野村・牛舘村・合子澤村・野木村の4ヶ村にて再建。明治6年3月村社。 明 ...

古くは長峰村と呼ばれていました。 貞享4年検地水帳によりますと、観音堂が見えますが、これは入内観音堂(小金山神社)のことです。地内には大豆坂通が通っています。安政2年神社書上帳によりますと、稲荷堂があります。 一応社殿。小屋みたいです。 御祭神は倉稲魂命 ...

シンプルな鳥居です。田んぼの畦道が参道になっています。 稲荷沢の稲荷神社を目指したわけですが、稲荷沢部落の入口に火産霊神社の幟があり混乱しました。周囲には何も見当たりませんでしたが、もしかして火産霊神社も別にあるのかな…それとも合祀されているのかな…。 ...

慶長12年(1607)から寛永8年(1631)、2代藩主津軽信枚時代に藩営5牧の1つである雲谷牧が置かれたところです。雲谷牧が置かれたのと同時に雲谷牧新田村が開かれ、これが後に雲谷村となります。貞享4年検地水帳によりますと脇道番所屋敷地があり、これは八甲田山越えをする ...

薬師山に鎮座。菅江真澄が「すみかの山」にて「槻木館というところにでた。建武のむかし、隅田の小太郎某の柵のあとというところがある。」と記しており、南北朝時代の館跡であることが伺えます。 江戸期までは築野木館もしくは槻館と書かれており、集落東方の野内川左岸の ...

御祭神は天照皇大神。 社号標には天照皇大神宮。 創建由緒は不明。 手水舎。 狛犬一対。 かつての原田村で、貞享4年検地水帳によりますと、村抱えの観音堂地24歩がみえます。 中世には稲元古城(岩楯曾我氏)があった地区ですね。 元和年間(1615-1624)の勧請と伝 ...

江戸時代中期に小名木川水運をもとに村々が栄え、その鎮守様として5つの神社(永平神社・子安神社・小名木神社・北本所牛島神社・南本所牛島神社)が建立されました。 昭和20年3月10日、東京大空襲にて焼失しますが昭和27年には上記5社を合併し現在地に鎮座。 昭和5 ...

旧岩木町の五代(かつての築館村。天和4年の村絵図では高木新田と記されています。明治9年に五代村に合併。)に鎮座する稲荷神社。 境内はかつての築館助五郎の居館である築館跡となっており、参道に沿って堀跡を利用した小島用水路(小島堰)があります。 御祭神は倉稲 ...

瀬辺地村(小瀬辺地村。大瀬辺地村は広瀬村)。 字田浦にある天満宮(観音堂)の創建は寛文12年(1672)。 御祭神は菅原道真霊。 天満宮は元々観音堂として長く村民に篤く崇められてきました。 明治初年の神仏分離の際に、菅原道真を祀って天満宮に改称。 明治初 ...

↑このページのトップヘ