くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2015年10月

イメージ 1
貞享4年検地水帳によりますと、神明社地・弁才天堂地・観音堂地・八幡社地・毘沙門堂地・愛宕堂地がみえます。
イメージ 2
国誌によりますと字浜野に武甕槌神社に相殿として胸肩神が見えることから、一時武甕槌神社に合祀されていたようです。
イメージ 3
イメージ 4
岩崎弁天島には明治29年から昭和47年まで気象庁検潮所が設置されており、水産従事者にとって重要な役割を果たしていたそうです。
イメージ 5
オカモイ様。
イメージ 6
イメージ 7
弁才天。
イメージ 8
イメージ 9
弁天島の裏側に歩いて行けます。
イメージ 10
小さな蟹が大量にいました。
イメージ 11
裏側から見るとこんな感じ。
イメージ 12
展望。
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
青森市浪岡大字下石川平野。
イメージ 2
イメージ 3
下石川村は梵珠山系の山麓にあり、浪岡村と原子村(現五所川原市)を結ぶ道に沿い、西北は高野村(現五所川原市)、南は吉野田村に接します。
イメージ 4
鳥居がぐにゃ。
イメージ 5
創建は不詳。
イメージ 6
イメージ 7
貞享4年検地水帳によりますと、熊野堂地6畝12歩が見えます。
イメージ 8
平野にある旧村社熊野宮の御祭神は伊弉諾命、伊弉冊命。
イメージ 9
イメージ 10
明治6年(1873)、高野村の広峯神社に合祀し、明治8年2月復社。明治9年12月村社。
イメージ 11
明治42年8月神饌幣帛料供進指定神社。
イメージ 12
イメージ 13
馬頭観音。
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
小栗山は早くから鷹取場として知られます。曹洞宗寶樹山銀杏寺の草創は不詳。開基当初の小栗山の戸数は僅か25戸ほどであり、寺を組織するも生活が成り立たず、住職が代わっては建て直すという状況がしばらく続いたそう。宗派もはじめ浄土宗、次に浄土真宗、現在は曹洞宗と転々としました。本尊阿弥陀如来。これは浄土真宗から曹洞宗に代替わりした際に、御本尊も引き継いだため。
イメージ 2
堂宇の向かいにお墓。
イメージ 3
永代供養墓。
イメージ 4
無縁供養塔。
イメージ 5
ペット供養墓。
イメージ 6
地蔵堂。
イメージ 7
イメージ 8
銀杏寺の由緒に係り深きイチョウ。
イメージ 9
イメージ 10
銀杏寺と銀杏の由緒…『当寺乃起原甚だ古く口碑乃傳る處により慈覚大師巡錫乃砌り此地に至れり一夜光明乃輝く銀杏乃老樹を看て佛法具通乃霊地たる事を悟れり一宇建立せりと尓耒元亀天正戦国乃世となり津軽為信公当国を一統せし折り兵火に焼かれ枯たる銀杏乃代木として大浦城より移し植たる由。現在樹零約四百年耒と推定詳細不明なれど如何なる霊験なるや樹枝に松かしら生じ誠に奇瑞と稱せられ後に松かしらを由縁とし松月庵と篇額を賜ふ由緒あり 御佛乃霊樹乃枝に松かんなじた恵も深きよろじ代乃村 昭和28年1月吉辰 銀杏寺十世朝日代』
イメージ 11
保存樹木イチョウ(指定第11号・平成3年2月19日・宗教法人銀杏寺)…『津軽藩祖為信公が、津軽地方統一の拠点とした、大浦城(岩木町)から移植したと伝えられる古木である。イチョウは比較的移植が容易であり、発根力も強いことから言い伝えもうなずける木である。推定樹齢400年以上。』
イメージ 12
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ