くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2015/10

貞享4年検地水帳によりますと、神明社地・弁才天堂地・観音堂地・八幡社地・毘沙門堂地・愛宕堂地がみえます。 国誌によりますと字浜野に武甕槌神社に相殿として胸肩神が見えることから、一時武甕槌神社に合祀されていたようです。 岩崎弁天島には明治29年から昭和47年ま ...

青森市浪岡大字下石川平野。 下石川村は梵珠山系の山麓にあり、浪岡村と原子村(現五所川原市)を結ぶ道に沿い、西北は高野村(現五所川原市)、南は吉野田村に接します。 鳥居がぐにゃ。 創建は不詳。 貞享4年検地水帳によりますと、熊野堂地6畝12歩が見えます。 平 ...

小栗山は早くから鷹取場として知られます。曹洞宗寶樹山銀杏寺の草創は不詳。開基当初の小栗山の戸数は僅か25戸ほどであり、寺を組織するも生活が成り立たず、住職が代わっては建て直すという状況がしばらく続いたそう。宗派もはじめ浄土宗、次に浄土真宗、現在は曹洞宗と転 ...

山門。 狛犬一対。 山門と仁王門の間。 仁王門。 仁王様…。 大きな像を造る時は逆遠近法を用いて顔を大きめに作ったりするものですが…これは普通に見てもめちゃ長い(笑) 縁結びの観音様・子授けの観音様。 受付付近。 福泉寺は真言 ...

立山稲荷神社という標柱から歩いて向かったのですが、立山稲荷神社は見つけることができず、鹿嶋神社に辿り着きました。こんなことってあるんですね(笑)地図では溜池付近に立山稲荷があるようですが、どうやって行ったらいいのかわかりませんでした。 かつての館岡村(元 ...

かつての新里村。貞享4年検地水帳には光宮太夫抱えの熊野堂や村中抱えの稲荷社地があります。 新里村稲荷宮は寛文元年(1661)に村中繁栄・五穀成就のために建立又は再建。御祭神は倉稲魂命。嘉永7年(1854)の棟札あり。嘉永6年12月に堂宇焼失のため、それより古い棟札は ...

『往古之木嶺は、いわゆる往古、吹き荒ぶ西浜からの、飛砂が積もって形成された縦列砂丘であり、屏風山中、標高78.6メートルと最も高く、西浜で働く漁師の、船から格好の目印でもあった。また、藩政時代、権現岬、弁天崎とを結ぶ連絡用の狼煙台でもあった(津軽絵図に記) ...

つがる市柏との境にあった鳥居です。住所はつがる市森田町上相野若緑。県道154号線沿い。かつての上相野村南端。とても綺麗に整備されています。 不動明王等の石仏があり… 奥には庚申塔2基、二十三夜塔、馬頭観音碑の計4基が並べられていました。 ...

弘前市斎場の裏手に馬頭観音碑がひっそりとありました。「南無馬頭観世音菩薩 安政7庚申年4月8日 三代目青沼多作盛重建立」。 状態が非常に良く、馬名(文政・天保・嘉永・安政)まではっきりと読み取れます。 関連記事:『yuki散歩 part4』 ブログ村ランキング参加中 ...

水虎様巡りをしていると道端の小さな鳥居さえ、とても気になってくるものです。こちらは筒木坂にあった鳥居です。 水虎様かと思って参詣したところ…馬頭観世音でした。 色合いや手作り感がいいですね。手にはマッチ棒?(笑) 少し北上しまして、こちらは田光沼のすぐ近 ...

大豆坂通の沿道に位置します。 社号標(明治39年9月14日)。 青森市合併記念碑(昭和30年1月1日)。 貞享4年検地水帳によりますと、地内には虚空蔵堂地、不動堂地、熊野堂地がみえます。享和3年(1803)寺社領分限帳や安政2年(1855)神社書上帳によりますと、地内に新山 ...

風合瀬村は風合瀬・晴山・柳萢・館・野中・新左衛門新田の6ヶ村の総称であったと言われ、風合瀬以下の5ヶ村は枝村でした。 御祭神は宇迦之御魂命、保食命、猿田彦命、大宮能売命。 農業の神、道案内の神(庚申様)猿田彦命を祀っています。 元和4年(1618)村中にて勧請 ...

かつての境森村。 御祭神は大日靈尊。 元禄年間(1688-1704)再建。 延暦12年(793)6月に坂上田村麻呂が蝦夷退治の際に大日靈尊を祀り大日堂を建立したとの伝説も残します。 天正6年(1578)に津軽為信公が浪岡城を攻撃の折、当社の森にて休憩し、夢にて天照皇大神の教 ...

上清水崎の大石神社です。 山道を登って行きます。 石段が整備されているので登りやすいです。 御祭神は高皇産霊神・神皇産霊神。 貞享4年検地水帳によりますと薬師堂地、山神社、熊野堂地、稲荷社地がみえます。 かつての山神宮(山神社)で、後に大石神社に改称。 ...

東京都千代田区紀尾井町。 この地域は江戸時代に紀伊(紀州徳川家)、尾張(尾張徳川家)、井伊(井伊家)のそれぞれの屋敷があり、井伊家との境目付近の紀州徳川家の屋敷から清水が沸き出ていたことから清水谷と呼ばれていました。 由来…『清水谷公園のあるこの辺りは、 ...

↑このページのトップヘ