くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2015年05月

イメージ 1
目鹿沢村枝村の沖萢村に位置します。天和4年の村絵図では沖村とあり、また元禄2年頃には沖之萢とあります。内見秘書では天保年間に沖萢村とあります。この地区は津軽氏の重臣兼平中書の所領とされていたため、兼平姓が多いです。
イメージ 2
沖萢村西端の墓地付近に九頭竜権現(水神様・産土神、無格社)があります。由緒は不詳ですが、元々この一帯が萢であったために開墾に苦心して祀ったものと伝えられています。『水神竜神 十和田信仰』(小館衷三)によりますと、「沖萢の産土神は九頭竜権現で、赤茶の稲荷社の相殿に闇おかみ神が祀られ、昔、小池があったという。」とあります。
イメージ 3
イメージ 4
現在は池が無く、社殿も比較的新しいもののようでした。
イメージ 5
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
かつての飯田村。
イメージ 2
貞享4年検地水帳によりますと、村中抱えの地蔵堂地、助十郎抱えの観音堂地があります。
イメージ 3
御祭神は闇淤加美神。
イメージ 4
イメージ 5
青森県神社庁HPによりますと、創建不詳で、海童神社と同様岩木川沿岸の地によく祭られた社であり、綿津見神三神上・中・底のうち上津綿津見神を主神としている川の神様とあります。 
イメージ 6
イメージ 7
手水舎。
イメージ 8
狛犬一対。
イメージ 9
イメージ 10
本殿。
イメージ 11
闇おかみ神社八千代杉。
イメージ 12
『闇おかみ神社の境内にそびえる八千代杉は、樹高32m、目通り周囲5.5m。岩木川の河口に近く、藤崎安東氏がこの地を支配してからもたびたびはんらんしたため、水神様をまつって記念に植えたといわれています。』※標柱に「くらおうじんじゃ」とルビがありました。
イメージ 13
かつては樹齢350年(石碑によると大正7年2月18日時点)の巨木があったらしいのですが、現在は倒木しており、細い木が植えられていました。
イメージ 14
闇おかみ神社の古い社号標。
イメージ 15
石鳥居聖上陛下銀婚式記念碑。
イメージ 16
馬頭観世音。
イメージ 17
イメージ 18
その横に力石。
イメージ 19
招魂碑。
イメージ 20
二十三夜塔(大正15年)と猿田彦大神(天保3年)。
イメージ 21
イメージ 22
末社稲荷宮。
イメージ 23
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
御祭神は誉田別命。
イメージ 2
イメージ 3
坂上田村麻呂創建の伝説を持ちますが、慶長5年(1600)に村中安全の為に勧請。産土神として崇敬。相殿に稲荷宮があり、1堂2社が合祀されていましたが、明治4年に八幡宮とし、明治6年には沖館神明宮に一時合祀されるも同9年復社。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
以下境内にあった由緒より(平成21年11月吉日建立)。
イメージ 7
慶長5年(1600)村中安全のため、誉田別命を御祭神として勧請、産土神として村民崇敬の中心として建立(現在の釈迦堂の地)。
明治元年(1868)神仏分離令が発布される。
明治6年(1873)沖館神明宮に、合祀となる。
明治9年(1876)村民の熱い願いによって復社許可される(12月)。
明治10年(1877)現在の拝殿を建立村中で祝祭。
昭和14年(1939)建立後、度々の請願にも関わらず、村社昇格が許可にならず、漸く昭和14年7月20日、村社昇格が許可される。昇格記念碑を建立し村中で祝祭。
昭和20年(1945)神道指令により、神社は、国家及び地方公共団体の維持管理を離れた宗教団体となり民間の神社本庁によって包括された。
イメージ 8
拝殿。
イメージ 9
イメージ 10
本殿。
イメージ 11
手水舎。
イメージ 12
狛犬一対。
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
台座には「明治丗八年旧十一月十五日」「宿河原石工蔵本富喜び」とありました。
イメージ 17
イメージ 18
御神馬一対。
イメージ 19
イメージ 20
本殿裏手にあった石碑です。
イメージ 21
一つは「大神宮」かな。
イメージ 22
もう一つには文政10年3月10日紀年銘で「金毘羅大権現」とありました。
イメージ 23
東宮殿下御成婚記念碑。
イメージ 24
「豊かな道」(平賀町長原田忠太郎)。
イメージ 25
石鳥居寄付者の碑。
イメージ 26
創立百周年記念碑。
イメージ 27
八幡宮昇格記念碑。
イメージ 28
天皇皇后両陛下御来県記念碑。
イメージ 29
オリンピック東京大会記念碑。
イメージ 30
使用されていない井戸がありました。
イメージ 31
摂社の貴船神社です。
イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34
神社前の池にサンゴ打つそうですが、池の水はほとんどありませんでした。
イメージ 35
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ