くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2015年03月

イメージ 1
御祭神は保食神。
イメージ 2
イメージ 3
創建は不詳。
イメージ 4
宝暦9年(1759)の神社書上帳によりますと、大泊村稲荷大明神と見えます。
イメージ 5
安政2年(1855)神社書上帳によりますと、創建不詳の稲荷宮、社地東西6間、南北7間半があります。当時の境内は300坪。
イメージ 6
明治初年には一時期今別村の八幡宮に合祀されています。
イメージ 7
現在の社殿は明治14年新築で、木村円吉氏の寄進。
イメージ 8
天保年間(1830-1844)頃には鋳釜崎南方のろし山に岩木山祠を祀ったことが言い伝えられていますが、過疎化によって旧8月朔日のお山参詣は衰退。
イメージ 9
イメージ 10
昔は祭典の日に男女互いに顔にしとぎ(米粉を水で煉ったもの)を塗り合う風習があったそう。米粉は稲荷の神への願いであり、それをシラコと呼んだのは魚のシラコに見立てての大漁祈願の意味がありました。
イメージ 11
神前幕に「一本木中央漁業協同組合 大泊うに船団一同」とありました…うに船団に入りたい。神前幕の上には刀も見えました。由緒もありましたがよく見えず。
イメージ 12
社殿側面には蛍光色が使用されていました。
イメージ 13
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
平舘村の一部で享保11年(1726)に分村して独立。石崎村の神社として旧村社春日神社、宇田の胸肩神社、頃々川の稲荷神社があります。
イメージ 2
かつては弁天宮で、明治の神仏分離にて胸肩神社に改称したのではないでしょうか。
イメージ 3
勧請年月日は不詳。明治6年に平館村の平館神社に合祀、同8年復社、同9年12月村社。
イメージ 4
御祭神は厳島姫命で、宗像三女神の一人である市杵島姫です。市杵島姫は本地垂迹において弁才天と同神です。
イメージ 5
海の神・航海の神として信仰される他、子どもの守護神ともされています。
イメージ 6
イメージ 7
社殿内には厳島姫命についての古事記に基づいた説明がありました。
イメージ 8
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
松前街道沿い。目の前は海です。
イメージ 2
参道途中の建物は末社なのか小屋なのか不明。
イメージ 3
イメージ 4
そこそこ登ります。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
かつての石崎村の頃々川の稲荷神社。
イメージ 8
イメージ 9
頃々川と石崎の集落の間では塩釜の跡と伝えます。
イメージ 10
イメージ 11
享保8年に弘前藩は石崎村の釜師権七に御台所御用の焼塩の供出を命じており、頃々川で製塩を行ったとか。
イメージ 12
かつて御神木だったのでしょう。根元だけですが丁寧に祀られています。
イメージ 13
イメージ 14
社殿内に由緒がありましたが、よく見えませんでした。
イメージ 15
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ