くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2014年10月

イメージ 1
盛岡三十三観音第五番。山号は妙法山。本尊千手観音。
イメージ 2
通称寺の下のおかんのんさん。
イメージ 3
イメージ 4
山門には大きな提灯があります。
イメージ 5
屋根には南部家の家紋と黄金の鯱鉾。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
開山は円秀和尚で延宝年間頃と考えれています。
イメージ 9
阿弥陀如来石像延宝5年円秀建立銘。
イメージ 10
盛岡砂子・秘仏観音菩薩縁起によりますと、元禄年間盛岡藩4代藩主南部行信により堂宇建立。天明元年(1781)9代藩主南部利正から寺領12石を与えられています。
イメージ 11
イメージ 12
旧本寺愛宕山法輪院広福寺(明治維新により廃寺)より移された歴代藩主の一代守本尊八体仏や旧愛宕山太郎坊堂の太郎坊像、旧山岸阿弥陀堂の阿弥陀如来坐像などがあります。
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
千手観世音の額は明治35年に12代鈴木盛久氏が奉納したもので南部鉄器です。
イメージ 17
御香台。
イメージ 18
護摩堂。
イメージ 19
厄よけ観音千手院畧縁起。
『本尊千手観音(右:不動明王、左:毘沙門天)。右三尊は寺伝によると春日の作にして当院開山寛智円秀法印元禄年中念願により王城清水の尊体を遷座され、南部三十代藩主行信公の信仰厚く元禄十年堂宇を建立され、その後歴代藩主を初め四民の尊信厚く至心信仰の人々に幾多の不思議な霊験を与え今日に至っている。
当院安置の尊像
本尊千手観音、両脇侍。祭礼7月16日、12月16日 縁日毎月16日・17日。
南部歴代藩主一代守本尊八体仏。虚空蔵菩薩、八幡大菩薩、不動明王、文珠菩薩、大日如来、勢至菩薩、普賢菩薩、太郎坊坐像、盛岡火防神。祭礼4月24日。
弁才天、商売繁昌に霊験あり。毎月1日、15日。
阿弥陀如来座像。市指定文化財。祭礼旧12月14日。
聖徳太子立像。南北朝時代作。
撫牛。交通安全。』
イメージ 20
木造阿弥陀如来坐像は市内山岸にあった阿弥陀堂と称される天台宗護念山西光院は慈覚大師開基と伝えられますが、その阿弥陀堂から本寺に伝えられた古仏像2体のうちの1体。像高79cm、寄木造りの漆箔像。室町時代の地方作といわれており、盛岡城築城以前から天台宗がこの地に深く根付いていたことをうかがい知ることができる貴重な仏尊です。西光院は昭和47年に廃寺となり、本像は千手院に移され、水子供養の本尊として安置されています。
イメージ 21
野田塩ベコの道史跡。江戸時代に古来より塩の産地である野田村の海岸で作られた塩は野田ベコと呼ばれる牛で盛岡方面に運ばれたそうです。200年程前、清右ェ門という牛方が7頭の牛を連れて盛岡へと向かいましたが、暑さのために牛たちが中津川に入ってしまい、運んだ塩は台無しになったそう。それに怒った清右ェ門が牛を叩いてこらしめましたが、牛は千手院に逃げ込みます。千手院五代寓円和尚は、牛には何の罪もないと清右ェ門を説教。清右ェ門は泣きながら弱った牛を撫でましたが、祈りも虚しく牛はそこで亡くなったそうです。悲しんだ清右ェ門は、牛の姿を当時の名工藤田善九郎に頼み、尺五寸、重量十二貫の南蛮鉄の撫牛を千手院に寄進したそう。撫牛は本堂内にあります。
イメージ 22
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
嶽方面より…。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 2
東に岩木川、北は種市村、南は大川村、西は糠坪村に接する青女子村。
イメージ 3
八幡宮は青女子町民会館、弘前市消防団新和地区団第一分団消防屯所の隣にあります。
イメージ 4
貞享4年検地水帳によりますと青女子には大蔵大夫抱の八幡社及び甚之丞抱の薬師堂、山王堂があります。
イメージ 5
この大蔵大夫抱の八幡社が当八幡宮。
イメージ 6
イメージ 7
御祭神は誉田別尊。
イメージ 8
イメージ 9
寛永8年笹森仁左衛門の建立と伝えます。
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
明治初年には地内の日枝神社に合祀し後に復社。明治6年村社。
イメージ 13
手水舎。
イメージ 14
広い境内。
イメージ 15
イメージ 16
大きな御神木。
イメージ 17
庚申塔など。
イメージ 18
イメージ 19
こちらは馬頭観音。
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ