くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2014/09

承応元年(1652)8月創建。 肥後国菊池武時の末裔釈良善開基。 庫裏正面にある黒松は明治26年7月13日に本堂再建記念として檀家から寄進されたもので、当時で樹齢250年を越えていたとされ、昭和62年に鰺ヶ沢町指定天然記念物に指定。昭和7年1月の大火で一部が焼け ...

稲荷坂です。 上野公園側から境内へ下るの稲荷坂。不忍池川から境内へ上るのが忍坂。 稲荷坂標柱より。 『花園稲荷神社は「穴稲荷」「忍岡稲荷」とも呼ばれ、創建年代は諸説あるが、江戸時代初期には創建されていた。これにより江戸時代から「稲荷坂」の名がある。享保 ...

不忍池から五條天神社へ向うには忍坂(女坂)をのぼります。※上野公園側からは稲荷坂を下ります。 御祭神は大己貴命、少彦名命。相殿は菅原道真公。 江戸三大天神の1つです(※谷保天満宮・湯島天満宮・亀戸天神社とする場合もあり)。 約1900年前、第21代景行天皇の ...

社号標…読みにくい(笑) 御祭神は御祭神は武御名方神、猿田彦大神、護国の英霊達。青森寺の隣です。 『真言宗智山派 成田山 青森寺 (青森市栄町)』 寛弘年中(1004-1011)左近衛中将藤原實方朝臣の勧請によりもと造道村字浪打の諏訪林に鎮座。 寛永8年(1631)青森 ...

御祭神は譽田別尊。  慶長17年(1612)村中にて建立。 明治6年筒木坂山神社へ合祭。 明治8年復社。 なんだこれは!?亀!? 八幡宮亀甲。昭和3年元旦に奉納されたもの。 由来を読むと西海岸に死去していた亀を広い、牛潟温古萢羽黒神社前の水溜りにて解剖処理の上 ...

旧下之切道通。 松浦武四郎氏の『東奥沿海日記』に「鍵掛勘ケ(解)由」なる蝦夷館がある旨が述べられています。 付近には庚申塔があるほか、天保15年(1844)建立の岩木山大権現堂(阿弥陀如来、観世音菩薩、薬師如来石仏)があるはずだったのですが、何と見つけられませ ...

鳥居が大きいです。 この辺りの神社の一の鳥居って結構な高さがありますね。 お馬さんも綺麗に飾っておられます。 頭の低い狛犬さん。 鳩。 祭神は誉田別尊。 創建は不祥。 貞享4年(1687)の検知水帳にみることができ、それ以前の創建と思われま ...

藤崎字一本柳(通称下町)にある保食神社には農業の神様である保食神が祀られています。 この神社には、源義経の乗馬がこの地で死んだのを祀ったという伝説(源義経北行伝説)、唐糸御前を探しに来た北条時頼の家来の馬が倒れた場所だという伝説などが伝えられていま ...

新屋の集落は国誌によると「村居は山に近く降窪不平の地に住す。村中四十八坂ありと云ふ。小館、町屋敷、西館等の小字ありて故墟にてもありしにや村に隍形と見ゆる処もあり」とあります。 集落に沿う川は深い崖状の川岸をなし、侵食谷を形づくり、古い流路が崖や溝等の ...

清水坂の途中から妻恋坂上へ曲がるとすぐに妻恋神社があります。妻恋坂は別名大超坂、大潮坂、大長坂、大帳坂とも言われ、妻恋坂と一般に言われるようになったのは、霊山寺が明暦の大火後に浅草に移り、妻恋稲荷が旧湯島天神町一丁目付近から移ってきたことによるそうです。 ...

祭神は天照皇大神。 創建年代は不祥、薄市山弘法寺2世性雲院日性抱えで寛文3年(1663)再建。 その後崩壊するも弘化4年(1847)現在地に移転し再建。 明治6年に一時的に深郷田村八幡宮へ合祀。 中里町誌によれば、元々現在地の北側、甲子塚のある高台(弘法寺東方 ...

御祭神は市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命。  創建年代不詳。 元文元年(1736)検地水帳に「弁才天社地」がみえることからそれ以前の創建と伝えます。 大沢内溜池(平成の名水百選の湧つぼがあります)の南東に位置し、標高10~15m程の大地や周囲の低地は二夕見遺 ...

社号標は石にはめ込まれています。 王余魚沢の名前の由来までは知りませんが…っていうか調べてませんが、天文年間(1532-1555)の記録に饗沢(かるいさわ)・餉沢とあるといいます。 そんな王余魚沢集落の入口に鎮座するのが王余魚沢稲荷神社。入口の松はかつての大豆坂 ...

比較的新しい一の鳥居。 一の鳥居からすぐに右へ直角に曲がると参道正面。 貞享4年検地水帳に彦十郎抱えの八幡社地がみえます。 板柳町誌によりますと、承応3年、成田与兵衛の創立と伝えられます。 明治6年に高増村の鹿島神社へ合祀。 明治12年に復社。 ...

細い路地を入り、少しだけ坂を登ったところにあります。 時系列で細かく由緒が書かれていました。 創立年月日不詳。  貞享4年検地水帳によれば村中抱えの稲荷社があり、これが字沢田にありますこの稲荷神社を指します。 祭神は倉稲魂命。 明治6年4月、小栗山村旧郷 ...

↑このページのトップヘ