くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2014年08月

イメージ 1
神社庁!って感じの建物ですね。ともさん、懐かしい?
イメージ 2
神社検定の会場にもなっております。一発合格できてよかった。神様ありがとう。
イメージ 3
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
中野神社といえば紅葉の季節が最高なのですが、それ以外の時期は人が少なく、とても気持ちのいい場所です。紅葉は唐内坂の御屋敷の庭の手入れをしていた御庭師栗原養吉郎他が植えたという記録があります。
紅葉記事
中野もみじ山 (黒石市)
中野神社 (中野もみじ山)
イメージ 2
夏でもライトアップしている時期があるんですよ。
イメージ 3
イメージ 4
南中野の東側、中野紅葉山の下に鎮座。
イメージ 5
イメージ 6
御祭神は日本武尊、岩戸姫命、田村麿命、大山祇命、倉稲魂命、小彦名命。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
津軽三不動の1つで旧郷社。延暦14年(795)に坂上田村麻呂が建立と伝えます。
イメージ 10
イメージ 11
浅瀬石川郷土誌によりますと、慶長(1596-1615)以前に既に社殿があり、山形の不動堂と呼ばれていました…ちょっと由緒話は置いておいて先へ進みましょう。
イメージ 12
社務所。
イメージ 13
ご協力お願いします。
イメージ 14
イメージ 15
参道を進みます。
イメージ 16
イメージ 17
川柳の杜…参道にはたくさんの川柳句碑があります。
イメージ 18
相当な数です。川柳好きはこれだけでも楽しめますね。
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
竹内清明君像。
イメージ 22
日露戦役紀念碑…その横の川柳…『酒酌めば妻もポリスも怖くない』(笑)
イメージ 23
境内に不動の滝があります。
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
不動橋。
イメージ 27
イメージ 28
不動橋から不動の滝。
イメージ 29
特に遺構はわかりませんが中野不動館城跡でもあるんですね。
イメージ 30
イメージ 31
9代藩主寧親公手植えの楓(享保3年4月)。
イメージ 32
黒石津軽家11代承叙公奉納の御手水鉢石(自然石・慶応4年2月)。
イメージ 33
不動橋を渡ると随神門。
イメージ 34
イメージ 35
左大臣(昭和53年11月3日・櫻庭貞三寄進)。
イメージ 36
右大臣(昭和53年11月3日・櫻庭貞次郎寄進)。
イメージ 37
随神門横には中野神社の対植えのモミ一対(県天然記念物)とその横にあった石碑。
イメージ 38
イメージ 39
女坂。
イメージ 40
男坂。
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43
巴太鼓に乗っている鶏(にわとり)の石像一対。
イメージ 44
イメージ 45
鶏像はお不動さんのお使いとされているそうです。
イメージ 46
イメージ 47
さて、話を戻して…中野神社由緒によりますと、天正(1573-1592)の頃に社殿が兵火で焼失しましたが、黒石領2代領主津軽信敏が再建し社領米を寄付。その後の領主も剣・幡・手洗石などを奉納。
イメージ 48
イメージ 49
万延元年(1860)の津軽道中譚には「黒石の御祈祷所」とあります。
イメージ 50
イメージ 51
寛永2年(1625)以来花山院忠長は度々ここに参詣し、直筆の「鎮国殿」の額を奉納したといいます。
イメージ 52
イメージ 53
中野のお不動さま…『延暦19年(800)田村麿将軍が東夷征伐の折、当国の守護神として日本武尊を当社に勧請。御神体の不動尊は唐僧、円智上人の作で、中国天台宗の開祖、智嶺の附弟、人皇33代、推古帝(604)が13年に来朝し聖徳太子に勝曼経、法華経を奉り、同18年太子の命に依り当国に来たり。推古帝18年(609)4月8日、一木より三体を彫刻。一体は、長谷沢の東光山五輪寺、一体は、古懸山国上寺に、一体を、ここ中野の黒瀧山に勧請。世にこれを津軽三不動尊と称せられる。』
イメージ 54
手水舎。
イメージ 55
狛犬二対。
イメージ 56
イメージ 57
イメージ 58
イメージ 59
社殿内。
イメージ 60
イメージ 61
イメージ 62
社殿の蟇股・木鼻。
イメージ 63
イメージ 64
イメージ 65
本殿。
イメージ 66
イメージ 67
イメージ 68
中埜神社神楽殿。
イメージ 69
小川を挟んで…
イメージ 70
坂上田村麿命を祀る祠。
イメージ 71
イメージ 72
横には不動明王と恵比寿様の石碑もありました。
イメージ 73
イメージ 74
報恩記念碑。
イメージ 75
社殿横の鳥居と石段。
イメージ 76
イメージ 77
石段途中に末社稲荷神社。御祭神は倉稲魂命。
イメージ 78
イメージ 79
石段を最上部には末社山神堂。御祭神は大山祇命。
イメージ 80
イメージ 81
本殿横にある天の岩戸様。御祭神は岩戸姫命。
イメージ 82
イメージ 83
その隣に薬師堂。御祭神は小彦名命。
イメージ 84
イメージ 85
本殿拝殿架橋新築紀念碑。
イメージ 86
中野神社には樹齢200年のもみじをはじめ、樹齢600年の大杉、樹齢200年のモミの木などが生育し、いずれも市の天然記念物に指定されています。
イメージ 87
社殿前にある樹齢500年のスギ。
イメージ 88
イメージ 89
神社裏手から更に先へ進めます。
イメージ 90
樹齢600年のスギ。
イメージ 91
観楓台付近。
イメージ 92
イメージ 93
観楓台。
イメージ 94
イメージ 95
ふれあいの森方面へ。
イメージ 96
イメージ 97
キビタキの広場。
イメージ 98
日だまりの森方面へ。
イメージ 99
樹齢700年のスギ。
イメージ 100
イメージ 101
一周して坂上田村麿命を祀る祠付近へと出てきました。
イメージ 102
最後に全部は無理ですがいくつかの句碑を紹介します。
イメージ 103
小林不浪人川柳碑…「あきらめて歩けば月も歩き出し」、「動中に静を求めて煙草の輪」。
イメージ 104
イメージ 105
井上日石句碑…「水韻神に応ふ秋光盛んなり」。
イメージ 106
高松玉麗句碑…「浄く生きる心たゝかふ秋の風」。
イメージ 107
後藤柳允川柳句碑…「すこしずつ義理ある人を妻にいう」。
イメージ 108
中林瞭象川柳句碑…「雪を恋い雪を恐れて古希至る」。
イメージ 109
西谷東山・佐藤遊子句碑…「天地人みんな優しい風を待ち」西山東山、「一本の道より知らぬ土踏まず」佐藤遊子。
イメージ 110
後藤蝶五郎・山田よし丸合同川柳句碑…「退いて見る世の中の面白さ」蝶五郎、「一に人二に人三に和が足らず」よし丸。
イメージ 111
大町桂月文学碑…「ひとしほの木の葉は散りて散り残る楓の山の美しきかな」。
イメージ 112
イメージ 113
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 2
最初の大きい鳥居(五所川原市十三)から2kmほど進んだところにあります(社殿はつがる市富萢町)。
イメージ 3
イメージ 4
案内板より…
イメージ 5
イメージ 6
「浜の明神は、中世に貿易港として興隆した十三湊の水戸口に航海の守護神として鎮座していた。文久3年(1863)には、湊明神宮境内から119体の仏像や土台石等が出土している。」
イメージ 7
延宝4年(1676)の創建。
イメージ 8
イメージ 9
十三往来によりますと、「亦浜之大明神之奉拝社堂、並甍玉籬立、囲厳神殿之床十四丈、立遠鳥居、其間畳切石、不異瑠璃扉(中略)寔悲願頼母敷霊社也」などとあり、港に出入りする船の安全祈願をする社でした。
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
社殿内。
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
本殿。
イメージ 18
井戸がありました。
イメージ 19
境内正面には明神沼。
イメージ 20
3代藩主信義の治世だった寛永8年から明暦元年頃にかけてはこの沼の南端に水戸口があり、強い西風と砂の影響もあり、徐々に北へと移動したといいます。現在の水戸口は北へ約4km。
イメージ 21
イメージ 22
神社からはピラミッド(靄山)が見えます。
イメージ 23
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ