くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2014年06月

イメージ 1

イメージ 2
御祭神は伊邪那岐命、伊邪那美命、少名彦神。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
菅江真澄が権現崎に立つ飛龍権現という神の祠について触れていますね…大嶋や小島見るめのいと涼し磯松風の吹となけれと…。
イメージ 6
イメージ 7
当初は飛龍大権現を祀る飛龍宮で、山全体が修験者の聖地ともいわれました。
イメージ 8
イメージ 9
脇侍には航海の神として木造の徐福像(高さ6.5cm、一木造り)が祀られます。明治3年に神仏分離によって尾崎神社に改称。徐福像も少名彦神として祀るようになります。
イメージ 10
創建は不詳ですが、大同2年(807)、明暦2年(1656)、宝暦9年(1759)などの説があります。恐らく明暦2年創建、宝暦9年再建じゃないかな。ちなみに青森県神社庁によりますと、「延宝8年(1680)起源、記録なし。宝暦9年(1759)尾崎大明神と称す。」とありました。
イメージ 11
また、由緒として「獅子のように突出した権現崎の頂上に鎮座、人皇7代孝霊天皇72年秦の徐福、東日流の尾崎(権現崎)漂着せんが、後ち国に帰りて死せり。其の追慕のため観世音1体、徐福の霊を勧請し、熊野大権現として祭りしものと伝えられる。後ち飛龍大権現と改む。天保2年8月17日藩主信順公御参詣遊ばされ、御盛荘金百疋を捧呈せり。」とあります。
イメージ 12
例大祭は8月16日。社殿の中で大漁祈願祭が行われ神楽が奉納されます。奉納神楽のクライマックス天王舞では、大漁と航行安全の願いを込めて神官が社殿の天井に5本の矢を放ち、東西南北及び中央にすべての矢が刺さると縁起が良いとされます。
イメージ 13
参拝するのは登山並みに大変ですし、社殿もボロボロだけど、現在も漁民の崇敬は非常に篤い神社なのです。
イメージ 14
『青森の伝説』より…『海に突き出た権現崎にある尾崎神社には、熊野権現のほかに、古代中国の秦の徐福を祭るという。徐福は、わが国孝霊天皇の73年に、中国から不老不死の薬を求めて渡来したといわれる。権現崎の下に、千丈澗という広い船泊まり場がある。昔、丹後の国(京都府北部)の船が、ここに卵をいっぱい積んではいって来た。尾崎の神様は卵が嫌いなので罰があった。神様の「出ろ、出ろ」という声が他の船にはよく聞こえたので、急いで船を出した。しかし丹後船には聞こえなかった。そこへ岩が転げ落ちて来て、船は沈んでしまった。近年までその帆柱が海中に見えていたという。』
イメージ 22
※権現崎については『津軽ふるさと散歩』(小館衷三)にも記述があります。
イメージ 21
由緒案内。
イメージ 20
階段が崩れている展望台・東屋。
イメージ 19
植樹記念碑。
イメージ 18
句碑『大嶋に雲起こりけり夏の昼 鳴月』※鳴月=対馬藤重
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 15
ブログ村ランキング参加中

イメージ 1
かつての四戸橋村。
イメージ 2
後潟神社付近を散策していたら辿り着きました。
イメージ 3
イメージ 4
境内は住宅街の中にあり、公園も兼ねています。
イメージ 5
イメージ 6
寛永元年(1624)建立。狛犬等の紀年銘は読み取れず。貞享御調之節御竿入相済候と見え、貞享年間には四戸橋村にあったとわかります。堂社破損の時には四戸橋村中にて再建。御祭神は豊受気比売命、大宮能売命、猿田彦命。
イメージ 7
イメージ 8
狛犬や社殿には歴史を感じますし、鳥居や木鼻も立派でした。
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
末社。
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
ブログ村ランキング参加中

イメージ 22

イメージ 23
祭神は伊邪那岐命、伊邪那美命。
イメージ 20
イメージ 21
尾崎神社の分社として元文2年(1737)建立と伝えますが鎮座年代不詳。
イメージ 19
狛犬。
イメージ 18
昭和46年忠宝丸奉納とあります。神社を後にして海へ行きましたら同じ名の船がありました。
イメージ 17
こちらの狛犬は風化が激しく、かつての風貌はわかりません。
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
あっ、狛犬もこのように金具が入っているのですね。
イメージ 12
町指定文化財の船絵馬が奉納されているそうですが、鍵がかかっていて見れませんでした。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
境内には稲荷神社、庚申塔、二十三夜塔、保食神、石神、岩木山なども祀られています。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
ありました…
イメージ 2
岩木山。
イメージ 1
ブログ村ランキング参加中

↑このページのトップヘ