くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2013/06

鯵ヶ沢湊は青森湊と並び津軽藩の重要な湊として重要視され、この地の管理や治安維持の為寛文年間(1661-1672)に天童山館の麓に町奉行所が設置されました。 町奉行の役割としては湊出入詮議や災害時の救助、被害報告、御役銭の取立て、荷物改め、御普請の監督、軍艦の管理 ...

大豆坂街道の松並木の面影が感じられる追分松が目立ちます。 下の方が草で埋もれており分かりにくいのですが、追分石には「左:入内、右:往還」「奉納観世音菩薩納経塚」「御國三拾三所 西國三拾三所」、裏には「嘉永六癸丑年三月吉日」などと刻まれています。 すぐ近 ...

小牧野遺跡に程近い桜苅というところにあった追分石。 左は山道だから右の入内に行け!!的な絵が珍しいし、面白いですね(笑) 左山道、右入内。旧奥羽街道入内峠への案内でしょう。 明治34年旧3月建立。 庚申塔と共にまとめられています。 文政5年と天保14年の猿田彦 ...

八坂神社といえば御祭神は素盞鳴尊ですね。  かつては正観音堂。開拓の際に土中より観音像一体が出てきたために産土神として祀ったと云われています。 青森県神社庁由緒によりますと現在も本殿内に納められているそう。昔は山伏がいて祭事を行っていたとか。 創建不詳 ...

鬼沢から種市へ向い、丁字路を左折した岩木川沿い、太田家の屋敷内にあり、有名な『種市の栄助』という実在の人物を祀っている神社です。 県道37号線で青女子を過ぎたところ。 赤倉山を御神体とする赤倉信仰にまつわる神社がいくつか存在するのですがいずれも細かい由緒等 ...

鳥居は神明鳥居ではなく明神鳥居です。 神明宮の鳥居を潜ってすぐ右手には摂社の稲荷神社。 その隣には深山神社(深山大神)とありました。 明治の神仏分離以降に深山神社となったのでしょうが由緒等がまったくわかりません。 どちらかといえば弘前でもメジャーな神社 ...

曹洞宗 梅峰山 恵林寺です。本尊は釈迦如来。もと常源寺末寺。寺宝は観音像。 長勝寺並寺院開山世代調によりますと、文禄元年(1592)小比内村に創建。開山は常源寺2代体岩義道。開基は不詳。 曹洞諸寺院縁起志によりますと、永禄年間(1558-1570)創建。慶長年間(1596 ...

中里城遺跡は古くから「館っこ」「お城っこ」として伝えられてきました…館っこ(笑) 貞享の絵図(1684年)・陸奥国津軽郡田舎庄中里村御検地水帳(1687年)の記録では「古城」「古館」という記載が既に見られており、少なくとも江戸時代前期には城跡として知られていたと ...

五十石町標柱。 弘前市民体育館にあります。 「慶長16年(1611年)の弘前城完成に伴い、城の西側を守る中級武士の住む町として町割りされました。このときに五十石町と名付けられて以来、変わることなく現在まで使われている町名です。」 正保3年の津軽弘前城之絵図には ...

田舎館駅のすぐ横です。 御祭神は天照皇大神、譽田別尊。  享和3年寺社領分限帳や安政2年神社書上帳に深山権現とみえます。 深山権現は草創年不詳(天正(1573-1592)以前と推定)で明治の神仏分離により神明社になったといいます。 明治6年4月高樋、 十二川原両村の産 ...

山門。愛嬌のある仁王様。 開基は推古天皇(554-628)の時代にまで遡ると伝えます。 中国からの帰化僧圓智上人の開基。上人は奥州、現在の東北地方の地を佛法の加護をもって済度することを誓願とし布教・教化し、当時の活動拠点は、津軽阿津摩山とされており、その地に草庵 ...

豊岡から石名坂~牡丹平。 「右温湯道」「左山道」と書いてあります。 住所的には豊岡、石名坂、牡丹平。 この近郊の小字には水無平、牡丹平、諏訪野平、五輪平と「平」だらけですが、実際には坂道だらけ(笑) 坂の横には牡丹平小学校や浄水場があります。また、坂下か ...

弘前招魂社が護国神社として現在の地に遷されるまでの経緯はこちらの記事を参照してください。 「りんご公園 & 大星場・擂鉢山 (弘前市清水富田)」 めちゃでかい鳥居。 西堀方面にも鳥居がありますが、通路とずれているために潜ることがなく、存在感がありません。 ...

古田川が流れています。古田川は木造町の中心部を流れており、カッパ伝説がある憩いの川。 明治初期に子供たちの水難事故が岩木川流域で多発し、実相寺の住職が祈祷して、水難の原因とされていた河童に大明神としての神格を与え、男女の河童像を祀ることで祟りを鎮めるよう ...

昔紹介しましたが、弘前市街地で見れる菜の花畑から岩木山を♪ 「弘前市街地にあるヒマワリ畑&菜の花畑」 場所は弘前市若葉。樹木のTSUTAYAからも程近い場所。 だいぶ雪も融けてきましたね♪ ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪ ...

↑このページのトップヘ