くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2013年06月

イメージ 12
イメージ 20
宝泉館付近。
イメージ 21
イメージ 25
ツツジ園があります。
イメージ 1
看板がわかりやすいです。
イメージ 22
イメージ 26
イメージ 2
はっきりと遺構がわかる空堀跡。
イメージ 24
イメージ 23
宝泉館から土橋を渡ると西館。
イメージ 3
イメージ 4
西館にある八幡宮。
イメージ 6
拝殿はありません。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 17
素晴らしい彫り。
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
次のような伝説がありました。
イメージ 18
七戸町の西端に位置する館で、宝泉坊がいた所といわれています。南部政光の嗣は代々宝泉坊を名乗り、見町の金鶏山長福寺と新館の七戸八幡宮に奉仕したと記録があります。
イメージ 19
この館の平坦な一隅にある御斎事と呼ばれる場所は長慶天皇が御仙洞で崩御された時、御火葬の祭事を執行した場所といわれているとか。
イメージ 5
イメージ 9
ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪

イメージ 21
七戸城の築城年は不詳。
イメージ 4
昭和16年12月13日に国指定の史跡として指定を受け、現在は柏葉公園として整備されています。
イメージ 5
イメージ 6
柏葉城とも呼ばれています。
イメージ 7
南北朝時代の南部政長の築城と伝えられています。
イメージ 8
作田川と和田川を外堀に見立てた天然の要害で舌状台地を巧みに利用した平山城。
イメージ 10
イメージ 11
天正19年(1591)城主七戸家国が九戸政実の乱に加担し、羽柴(豊臣)秀次を総大将とする奥州仕置軍に滅ぼされて翌年に廃城。
イメージ 12
その後信直は七戸城の重要性に鑑み浅水城主南直勝に名跡を継がせ、慶長2年(1597)にはその長子七戸隼人正直時を七戸2千石の城主としました。
イメージ 15
直時の死後、正保4年(1647)盛岡藩27代利直の5男重政が後と継ぎますが、寛文4年(1664)重信が第29代盛岡藩主になったため、以後盛岡藩の直轄地となり、七戸に代官が置かれることになりました。
イメージ 9
本丸、二の丸、北館、下館、宝泉館、西館、角館が残っています。
イメージ 3
イメージ 22
角館。
イメージ 17
本丸と北館の間の堀跡。
イメージ 14
イメージ 13
イメージ 16
角館向かいの北館にあったミニチュア模型。
イメージ 2
この場所に建立された七戸城東門は、文献史料や城の縄張り構造等の根拠に基づきこの場所に復元整備。門と塀の復元においては、参勤交代の奥州街道の松並木の松を利用。
イメージ 18
門の近くにあった稲荷の祠。
イメージ 1
この城門を潜って進んでいくと七戸町の花であるツツジを愛でることができ、更に進んでいくと花菖蒲園が広がり、花菖蒲園から更に進みますと城主が居城していた北館曲輪があります。
イメージ 19
なお、七戸城唯一の建築物遺構である城門が青岩寺の山門として明治6年に移築されています(2層の楼門建築でしたが老朽化のために上層部を撤去。間口も切り詰められています)。
イメージ 20

ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪

イメージ 4
和田ダムにあるわんだむらんど。
イメージ 5
イメージ 6
和田ダム完成を記念して整備された親水公園で、自然に触れながら休憩できる施設。
イメージ 3
イメージ 7
チェンソーを使って作品を仕上げる「チェンソーアート」が開催されています。
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 1
管理棟内の食堂では食事もできます。
イメージ 11
希望の鐘。
イメージ 9
イメージ 10
憩いの場の推進のため、オオヤマザクラの植栽活動が続けられています。
イメージ 8
イメージ 2
程近い場所には私も大好きな婆古石そばもあります。
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 14
イメージ 15
ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪

↑このページのトップヘ