くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2013/05

弘前市富田町に参道入口があり、本殿自体は南富田町になります。 小さい神社ながら大切にされているのがわかりますね。 金山毘古命・金山毘売命(古事記表記)の掛軸がありました。 この夫婦神は伊邪那美命の嘔吐物から産まれた鉱山の神で八神のひとつ。御祭神でしょう ...

弘前文化センターは弘前城方面を正面として下白銀町所在とし、一方、かつての時敏小学校は元寺町方面に正門を構えて元寺町所在としています。 時敏小学校は明治7年に亀甲町の旧藩米倉を校舎として開校した亀甲小学と同10年に百石町に開校した盈進小学を統合して同19年に誕生 ...

定番の木造駅遮光器土偶駅舎。 古き良き雰囲気が残る駅前通り。 う~ん…レトロというかノスタルジックな雰囲気が素敵♪ 津軽百年食堂として有名な神武食堂。 その隣には 桜庭歯科。 木造2階建で縦長の上げ下げ窓を採用。 正面ラペットは大きなレリーフを施し、そ ...

樹齢250年以上、樹高11メートル、幹周3.1メートル。 元禄16年小栗山村の千年山、茂森町の長勝寺構入口右堀端とともに外瀬村にも薬草が植えられ、藩の薬園が置かれる先駆けとなりました。 藩の薬園は戦前までその面影を残していましたが、その名残りがこのモクゲンジです。 ...

五能線線路に近い村外れに位置する神社。 寛永11年(1634)創建。 御祭神は薬師神少彦名命及び大巳貴命の二柱。 祭日は旧暦7月8日。 当初は飛竜権現を合祀していた薬師堂。 旧村社荒磯崎神社は林崎集落の鎮守神として崇敬を深めてきたそうです。 明治3年の神仏分離 ...

本尊は釈迦如来。もと隣松寺末寺。 長勝寺並寺院開山世代調によりますと、元和3年(1617)の創建で、開山は隣松寺3代喜山了悦。開基は不詳。曹洞諸寺院縁起志(宗徳寺蔵)によりますと、宮館村に創建されたと伝えます。 正徳元年(1711)の寺社領分限帳によりますと、慶長 ...

本尊は薬師如来。もと耕春院末寺。 開山は梅月香。開基は不詳。 長勝寺並寺院開山世代調によりますと、かつては温湯村にあり、開基は元和5年(1619)。 寺伝によりますと、天文年間(1532-1555)同村に開基されて、天正末か文禄初めに堀越村に移転し、慶長年間(1596-16 ...

御祭神は天照皇大神、外四柱(譽田別命・宇加魂命・大宮姫命・猿田彦命)。 三社宮(八幡宮・神明宮・稲荷宮)として知られ、上木作村草創の時、福士勘左衛門が八幡宮を建立。 創建は元和元年(1615)、産土神として勧請されたのが始まりと伝えます。 延宝年間(1672) ...

深浦駅近くの踏切を渡った正面の坂道です。 地図には留土坂とあります。 車は通れませんが岡町のメインストリートへ行くには大変便利な坂。 見晴らしもいいですねぇ♪ 日光のいろは坂のように上るので勾配はあまり感じず体力的にも楽です。 坂上付近には岡町の稲 ...

現在のピクニック広場に門柱が残っています。 緑の相談所の真向かいになります。 この門柱は弘前大学教育学部などが第八師団兵器部の施設を改造して再利用していたことから考えて、第八師団のものかと思われます。 1895年(明治28年)に弘前公園として一般開放されま ...

個性的な狛犬、個性的な御神木、個性的な鬼、個性的な水虎様をまとめて見れる非常に素敵な神社です笑 御祭神は菅原道眞。 蓮花田村、小山内儀兵衛の先祖藤兵衛成國というもの、元奥州仙台藩の家臣で、北野天神社にある梅の古木を分け乞い、氏神と崇敬。その後、北郡鶴田町 ...

御祭神は伊弉諾命、伊弉册命。 由緒は不詳。 唐牛村鎮守熊野宮(観音堂)。 唐牛は中世の伽藍寺より派生。 天正年間(1573~1592)には阿闍羅山に建立されていました(※もしくは天正年間に奉移)。 その後現在の地にに奉移されたようです。寛永10年(1633)村中にて再建 ...

本尊阿弥陀如来。 寛文5年(1665)奥州津軽惣法中草創寺別帳によれば越前国誓順開基。 正徳3年(1713)浄土真宗東派真勝寺として正式に成立。※正徳4年説あり。 元来十三願竜寺末寺でしたが、明治以降東本願寺(京都)を本山としています。 古館跡下に位置します。 ...

お岩木山は未だ残雪。 岩木山の残雪は有名です。『岩木の残雪』によりますと、十二支、農具、人体、獣影などが見え、その総数は25にも及び日本一とも言える数だといいます。 見方を変えれば、また違う面白さがありますよね。皆様は何か見えますか? おまけ(笑)  ブ ...

貞昌寺の門外にあり、道を隔てて天徳寺の北に位置。本尊は阿弥陀仏。もと貞昌寺塔頭。 元亀3年(1572)遠江国佐野郡出身の天良源が建てたと伝えます。また、承応3年(1654)貞昌寺6代住職無角の隠居地として当寺が開かれたとあり、開山を無角としています。 境内に観音堂 ...

↑このページのトップヘ