くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2012年12月

精養軒近く。上野恩賜公園内。
松尾芭蕉が「花の雲 鐘は上野か 浅草か」と詠んだ時の鐘として有名。
イメージ 1
時の鐘は、はじめ江戸城内で撞かれていましたが、寛永3年(1626)になって、日本橋石町3丁目に移され、江戸市民に時を告げるようになったそうです。
元禄以降、江戸の町の拡大に伴い、上野山内・浅草寺のほか、本所横川・芝切通し・市谷八幡・目白不動・目黒円通寺・四谷天竜寺などにも置かれました。
イメージ 4
初代の鐘は、寛永6年(1666)の鋳造。銘に「願主、柏木好古」とあったといいます。その後、天明7年(1787年)、谷中感応寺(現、天王寺)で鋳直されたものが現存の鐘。
正面に「東叡山大銅鐘」、反対側には、「天明七丁未歳八月」、下に「如来常住、無有変易、一切衆生、悉有仏性」と刻まれています。
イメージ 5
現在も朝夕6時と正午の3回、昔ながらの音色を響かせています。耳で感じるお江戸。
イメージ 3
1927年(昭和2年)から続く日本最古の現役番組『ゆく年くる年』…テレビ放送が開始される以前からある番組で、第1回の放送は上野・寛永寺からのラジオ中継でした。ちなみに2012年は新年幕開けとほぼ同時に、鐘を撞いていた住職さまが、滑って転んで宙ぶらりんという生放送ならではのハプニング…絶対に笑ってはいけない!(笑)
ゆく年くる年を見ないと新年を迎えた気にならないyukiを来年もどうぞ宜しくお願いします。
イメージ 2
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/

イメージ 10
神前結婚式といったら?…そうです。東京大神宮(東京都千代田区富士見)。
イメージ 11
イメージ 12
昔は家庭で行われることが多かったのですが、大正天皇のご婚儀により民間の神前結婚式への関心が高まり、その翌年には日比谷大神宮(現東京大神宮)で皇太子の神前模擬結婚式が公開されたことで広まっていきました。
イメージ 13
イメージ 14
御祭神は天照皇大神・豊受大神・天之御中主神・高御産巣日神・神御巣日神・倭比売命。
イメージ 15
明治13年(1880)4月17日、日比谷の神宮司庁東京出張所の構内に、神宮当局の申請により神殿が建設され、皇大神宮遙拝殿と称しました。
イメージ 3
イメージ 4
伊勢神宮の分霊奉斎という内容を含むので、明治天皇の親裁を仰いだ社です。
イメージ 5
明治15年に神宮司庁と神宮教院との分離により、遙拝殿は神宮教院に移管され、神宮教の大神宮祠に。日比谷大神宮と称されていたようです。
イメージ 7
明治31年に民法が施行されて、その翌年9月、神宮教は新たに民法34条に基づく財団法人神宮奉斎会に組織替し、神宮崇敬の奉賛団体として活動してきました。大正12年(1923)9月の関東大震災で、社殿諸施設が炎上しましたが、篠田時化雄は御神体を一時宮内省に奉安した後、昭和3年に現在の飯田橋に神殿を建設。通称飯田橋大神宮と呼ばれます。
イメージ 6
昭和21年(1946)第二次世界大戦後の大変革に会い、神社本庁の設立となり、宗教法人東京大神宮と改められて今日に至ります。
イメージ 9
兎にも角にも…境内は若い女性で溢れており、まるで女性専用車両の雰囲気…男性は参詣しにくいかも知れませんが、もちろん全然OK(笑)
イメージ 16
境内社の飯富稲荷神社。
イメージ 1
『明治初年日比谷大神宮御鎮座に際し、その境内に奉斎され昭和3年10月にこの地に奉遷今日に至っております。衣食住と商売繁昌の守護神「稲荷大神」と土地の守護神「大地主大神」を祀っています。
イメージ 8
主な祭典として毎年2月の午の日に初午祭が、8月15日には夏の大祭が斎行されます。
また不世出の名優と謳われた九代目市川団十郎丈が篤い信仰を寄せていたことから芸能の神様としても崇敬されております』
イメージ 2
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/

イメージ 21
御祭神は天之日鷲命、日本武尊。一般に「おとりさま」と呼ばれています。
イメージ 22
イメージ 4
社伝によりますと天照大御神が天之岩戸にお隠れになり、天宇受売命が、岩戸の前で舞われた折、弦という楽器を司った神様がおられ、天手力男命が天之岩戸をお開きになった時、その弦の先に鷲がとまりました。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
神様達は世を明るくする瑞象を現した鳥だとお喜びになり、以後、この神様は鷲の一字を入れて鷲大明神、天日鷲命と称されるようになったそう。
イメージ 13
後に日本武尊が東夷征討の際、戦勝を祈願し、その帰途で社前の松に武具の熊手をかけて勝利を祝ったと伝え、お礼参りされました。
イメージ 14
その日が11月酉の日だったので、この日を鷲神社例祭日と定めたのが酉の祭「酉の市」。
イメージ 15
酉の市(古くは酉のまち)は江戸時代から年中行事で、縁起物の熊手が売られます。
イメージ 9
イメージ 12
明治維新前は下谷田圃の日蓮宗長国寺の境内社鷲大明神で、上総国長柄郡鷲山寺から勧請したもので、本地は妙見菩薩と伝えていました。神仏分離令により鷲大明神社から鷲神社へと改称。
イメージ 8
イメージ 11
社殿正面の巨大おかめはインパクト大!
イメージ 3
なぜこんなに汚れているかと言えば、「なでおかめ」と呼ばれていて、撫でる部位によって様々な御利益を授かることができるのです。
イメージ 20
瑞鷲渡殿。
イメージ 19
渡殿から続く神楽殿。
イメージ 18
裏手から本殿。
イメージ 17
俳人其角の句碑「春をまつことのはじめや酉の市」(左)と、正岡子規の句碑「雑閙や熊手押あふ酉の市」(右)。
イメージ 16
樋口一葉文学碑。
イメージ 10
樋口一葉玉梓乃碑。
イメージ 2
樋口一葉文学碑と樋口一葉玉梓乃碑の建立由来が刻まれた碑。
イメージ 1
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/

↑このページのトップヘ