くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2012年11月

安政2年(1855年)8月15日に建てられた追分碑(能代道が開けた大正4年に刻み加えています)。
イメージ 13
右大間越通、左赤石沢目通。地元民以外には今でも役立つ追分石ですね。
イメージ 22
今回紹介します曹洞宗松源寺は左です!
イメージ 23
山門をくぐると急な勾配。
イメージ 25
舗装されていますが積雪時は車で上るのも厳しいとか。
イメージ 24
高さを見ようと坂の途中から下を見下ろすと…
イメージ 2
吠えるどころか、微動だにせずひたすら上を見ています…切ない表情(笑)
イメージ 1
景色のいい高台ですね。この鐘楼堂からの景色は素晴らしいです。
イメージ 10
鐘楼堂は大正10年、檀家お石工によって建設。
イメージ 16
現在の梵鐘は昭和24年に鋳造(現在は傷みが激しく叩けません)。
イメージ 12
このように門形式の造りが素晴らしいのですが、こちらも石の痛みが激しく、現在は通り抜けを禁止しているようです。
イメージ 17
しかし噂では近い将来に本堂も含めて建て替えが行われるとか。
イメージ 18
境内は中世の赤石館跡で、土塁の一部が僅かに残っています。
イメージ 20
松源寺(かつては松源院)は津軽家菩提寺大三世の隠居所として天正2年(1574年)に草庵を建てたのが始まり。明治2年に赤石山松源寺とし現在に至ります。
イメージ 19
二代藩主津軽信牧の側室が死去した際、松源院四世の和尚が葬主を勤めた縁により津軽家三代藩主信義の室、慶林院の母心悦清安大姉の位牌を安置し、山号を三嶽山と号する寺院に。
イメージ 14
イメージ 11
鯵ヶ沢町指定文化財として板碑供養塔三基があります。
イメージ 5
右から種字キリーク(阿弥陀如来)、種字サ(観世音菩薩)、種字サ(観世音菩薩)。
イメージ 6
イメージ 7
南北朝時代のもので、当寺裏山の清安寺跡にあったものだとか。
イメージ 4
三嶽山清安寺は赤石館(対馬弥右衛門築造)の一角にあったお寺で弘前城築城(慶長16年(1611年)鷹岡城築城)により、藩命で城下茂森禅林街に移転。ちなみに清安寺は太宰治の最初の妻小山初代が眠る場所。
イメージ 8
その他天然記念物として黒松1本とけやき1本がありました。この寺は弘前城と同じ時に建立されたとされ、その時の記念樹らしいです。よって樹齢400年を超えています。
イメージ 9
昭和56年建立の童心地蔵尊。
イメージ 26
木鼻の獅子は正面を向いています。
イメージ 27
菅江真澄は『外浜奇勝』にて「阿香委師(赤石)の宿を出て貴能美椰にまうで、松源庵といふ寺の前より日照田村にかかり」と記録しています。
イメージ 3
ちなみにこちらのお寺はHPを製作されており、その中にいにしえの姿の写真や境内の発掘調査、埋蔵文化財の写真も掲載されておりました。是非ご覧あれ。
イメージ 15
イメージ 21
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/

イメージ 4

イメージ 6
ズンッズンズン ズンドコ♪
イメージ 5
イメージ 7.
きよしっ!
イメージ 14
ズンッズンズン ズンドコ♪
イメージ 32
イメージ 34
きよしっ!
イメージ 35
って、本当に氷川きよしの芸名の由来の神社なんです。
イメージ 36
狛犬の頭に木が…(笑)
当神社の境内には7対の江戸獅子型の狛犬が残っています。いずれも石製で、その多くは祭礼や式典に合わせて奉納されたことがわかっており、赤坂とその周辺の人々の信仰を集めていたことを物語っています。
イメージ 40
旧府社。御祭神は素盞嗚命・大己貴命・奇稲田姫命。例祭日は9月15日。
イメージ 37
8代将軍徳川吉宗が建立させた古刹。
イメージ 38
赤坂台地の南部丘陵に鎮座。江戸の一等地とも言える場所。
イメージ 44
イメージ 45
天暦5年(951)武州豊島郡一ツ木村(人次ヶ原)に祀られ、その創祀以来、地域の信仰篤く、村に鎮座していました。創祀から100年後の治暦2年に関東では大旱魃が発生し、降雨を祈願するとそのしるしがあり、以来よく祭事が行われました。
イメージ 52
イメージ 53
江戸時代に入り、幕府の尊信は篤く、8代将軍 徳川吉宗公が享保元年(1716年)、将軍職を継ぐに至り、享保14年(1729)吉宗公が老中岡崎城主水野忠之に命じ、紀州徳川家の産土神として赤坂今井台の現在地に移して修造。翌15年(1730)4月26日に遷座が行われており、28日に将軍直々のご参拝がありました。以降、14代家茂公まで、歴代将軍の朱印状(港区文化財)が下附されました。
イメージ 54
イメージ 55
イメージ 56
社地は播磨赤穂藩主浅野長矩夫人瑶泉院の実家であった備後三次藩浅野家屋敷跡。忠臣蔵で有名ですね。
イメージ 41
境内にはたくさんの樹々が生い茂り、至るところに江戸の年号が刻まれた鳥居・燈籠・狛犬が現存し、江戸の情景がそのまま残る都内では珍しい神社のひとつとなっています。また、神社を挟むように本氷川坂氷川坂があります。
イメージ 43
イメージ 46
古くは氷川明神と称しました。
イメージ 51
太鼓橋。
イメージ 1
角がなくなった河童タイプ狛犬。
イメージ 8
イメージ 15
ここに賽銭入れる人いるよね(笑)
イメージ 9
社殿(本殿・拝殿)は享保15年築造で都指定文化財(昭和51年)。総欅造り銅葺朱塗にして丹青荘重の一間社流造であり、安政の大地震・関東大震災・東京大空襲の被災を奇跡的に免れ、江戸時代当時のままの姿を残しています。本殿(三間社流造、瓦棒銅板葺、両脇回廊付・幣殿(桁行2間、梁間1間)・拝殿(桁行5間、梁間3間、入母屋造、瓦棒銅板葺、高欄回廊付、向拝1間軒唐破風付)の3つの建物が一体となった、いわゆる権現造の形式を伝えています。建築当時は倹約政策がとられていたため、社殿にも当時の質実かつ簡素な気風が表れていますが、将軍の寄進だけあって、大きな雲形組物や吹寄せ垂木など軽快な意匠を取り入れる工夫も施されています。
イメージ 57
イメージ 59
イメージ 60
社蔵の紙本着色神馬額絵二点と同獅子額絵も同文化財。
イメージ 58
イメージ 39
都内有数のイチョウの巨木(樹齢400年、目通りの幹径約2.4m、幹周約7.5m。)があります。
イメージ 31
享保15年(1730)には既に樹齢100年を越え、現在地にあったといいます。区内では善福寺の逆イチョウ(国指定天然記念物)に次ぐ大きさと樹齢を保っています。
イメージ 30
額堂。
イメージ 27
ここには火消しの出動を描いた『ま』組火消し絵馬(明治12年)などが残ります。
イメージ 28
筆者月岡芳年。「ま」組は、江戸時代の町火消の組織で、五番組に属し、赤坂表伝馬町・同裏伝馬町・赤坂田町・元赤坂町・麻布今井町周辺を管轄していました。絵馬には「ま」組の鳶人足たちが纏や提灯・梯子などを担ぎながら火事場に向かうところを描いており、緊張した雰囲気が活き活きと表現されています。この肉筆絵馬を描いた月岡芳年(1839-92)は、嘉永3年(1850)に浮世絵師歌川国芳に入門し、武者絵や役者絵・風俗画などを描きました。
イメージ 29
収蔵庫。
イメージ 13
神楽庫。
イメージ 11
祭器庫。
イメージ 10
力石。
イメージ 49
境内土中から発見されたもので三十五貫(約130kg)です。港区の力石は海沿いに残されているのに対し、この1点だけが海岸から離れたこの地にあったという。
イメージ 48
灯籠。境内には、奉納された石製の古い台灯籠が多く残っていることで知られているます。最も古いものは、遷座以前の一ツ木町時代の享保9年(1724)に氏子の町々から奉納されたようです。
イメージ 50
イメージ 3
四合稲荷神社。
イメージ 21
御祭神は宇迦之御魂神。
イメージ 23
イメージ 24
四合稲荷には現在7社の稲荷が合祀されています。明治31年(1898)に①古呂故稲荷、②地頭稲荷、③本氷川稲荷、④玉川稲荷の4社を合祀し、神社にゆかりの深い勝海舟によって「四合稲荷」と名付けられたことに由来。その後、大正14年(1925)に⑤鈴降稲荷と⑥縁起稲荷を合祀し、さらに昭和9年(1934)に⑦明徳稲荷を合祀しています。これらはいずれも江戸時代から存在し、かつて氏子町に鎮座していた経緯があります。
イメージ 25
イメージ 26
勝海舟によって四合稲荷と称えられ、勝海舟筆の『四合稲荷社』の扁額も現存。
イメージ 20
西行稲荷神社。別名火伏せ稲荷。
イメージ 17
小さな塚となっており、塚の麓には狐穴があります。っていうか、慣れない携帯撮影のため、ブレまくり!
イメージ 18
享保年間、田町5丁目(現在の赤坂3丁目付近)に西行五兵衛という者がいて、榎坂を通行中に三寸程の稲荷の御神体らしき像(甲冑を身にまとい、弓矢を携えて狐に乗った姿の三寸程の鉄の像)を拾って勧請したために名付けられてました。御神体は後に紛失しており、代わりに錦の布に包まれた長さ6寸、幅2寸ほどの木箱を祀るようになりました。
イメージ 19
町の発展に伴い、大正10年氷川神社境内に遷宮し、別名「火伏の稲荷」ともいわれ、火災除のご利益があるといわれています。毎年5月に田町三四五町会が中心となり例祭が行われます。
イメージ 16
九神社。かつて境内各所にあった天祖神社・春日神社・鹿嶋神社・八幡神社・諏訪神社・秋葉神社・厳島神社・金刀比羅神社・塞神社、以上の九社を合祀したお社。9社それぞれへの遥拝所的な要素があります。戦前は現赤坂小学校にありましたが、戦後境内に遷されています。
イメージ 47
山口稲荷神社。由緒不明。赤坂3丁目の山口邸から戦後に遷座。
イメージ 12
イメージ 22
イメージ 33
イメージ 42
桶新稲荷神社。由緒不明。赤坂5丁目の桶屋から戦後に遷座。
イメージ 2
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/

イメージ 10
津軽三十三ヶ所観音霊場第十四番札所。本尊千手観音。
イメージ 11
イメージ 12
慶安3年(1650)創建。尾別神明宮の左の階段を使って胡桃館へと上って行きます。菅江真澄は5月頃にここを通り、あちらこちらにホトトギスが鳴いていたと記しています。
イメージ 14
階段途中に稲荷様。
イメージ 7
イメージ 8
コンクリプロック石灯籠…
イメージ 1
イメージ 2
かつて尾別観世音は尾別集落から東へ4kmの尾別川上流の滝の近くにあり、観音山解脱院と呼ばれていたそうです。
イメージ 15
イメージ 19
幕末(建立年月日不詳)には飛龍大権現を祀る飛龍宮になります。
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
元文3年再建。神仏分離により明治6年(1873)神明宮を分立。明治6~8年の間は高根村稲荷社に合祀。以降観音堂は廃れましたが、明治43年(1910)再興。
イメージ 20
イメージ 21
御詠歌
「万代を祈りてこそは今爰に千手の誓ひたのもしきかな」
イメージ 23
イメージ 24
天台宗 解脱山 弘誓寺。本尊釈迦如来。江戸以前の創建。慶安元年(1648)産土として胡桃館下に再建。昭和4年海野円海が解脱庵本尊を安置して観音霊場寺創立。昭和19年現在地に移転。昭和21年弘誓寺と改称。
イメージ 9
観音堂の裏手へと向ってみました。
イメージ 25
イメージ 6
イメージ 27
建物が見えてきました。
イメージ 26
集印所でしょうか。
イメージ 28
中には誰もいません。
イメージ 22
中泊博物館で頂いた「中泊町史跡・文化財マップ」では尾別観音堂と弘誓寺は別に紹介され、弘誓寺にはこの写真を使用して紹介しているのでかなり戸惑いました。
イメージ 13
本尊如来坐像のほか、近くの苗代から出土した懸仏などが町有形文化財に指定されています。
弘誓寺如来坐像。
合掌姿の両腕並びに膝前部は近世以降新しく補修されていますが、主要部の制作年代は室町時代と推定。尾別川上流の滝の上にかつて在った解脱庵の本尊と伝えられています。解脱庵は創建不明ですが、18世紀後半以降に廃寺となったと推定されています。
イメージ 29
弘誓寺銅鐘。
銘「施主 古河次五兵衛、中村里右衛門、木村新九郎、古河傳之丞 大正十年旧八月十四日改鋳 尾別村 宝暦四甲戌年八月十五日」「尾別村 解脱庵 玄身 願主 米屋七兵衛」「東京市梅田製」から、宝暦4年(1754)製作の解脱庵銅鐘を、大正14年(1925)東京市において鋳なおしたものと考えられる。なお米家は尾別宮越家の屋号。
イメージ 3
弘誓寺双盤。
享保13年(1728)製作の鋳銅製の鉦です。かつて尾別川上流に所在した寺院解脱庵の什物と伝えられています。銘「尾別村庵住雲心代 施主惣檀中 享保十三戌申年五月吉日 弘前住吉田長五郎作」と刻まれています。
イメージ 4
弘誓寺懸仏。
弘誓寺のある台地西麓の苗代から明治30年代に出土したと伝えられている鋳銅製の懸仏。揚柳枝が挿された花瓶から、揚柳観音を表現したものと考えられます。平安時代末頃に出現した懸仏は、南北朝から室町時代にかけて盛行し、青森県内では50面ほど確認されているそう。
イメージ 5
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/

↑このページのトップヘ