くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2012年10月

イメージ 23
湯島天満宮に参詣しました。
イメージ 22
御祭神は菅原道真公、天之手力雄命。
イメージ 25
案内板より。
イメージ 35
「湯島神社は湯島天満宮、湯島天神として全国津々浦々まで知られている。
イメージ 39
雄略天皇の勅命により、御宇2年(458)1月創建と伝えられ、天之手力雄命を奉納したのがはじまりで降って正平10年(1355)2月郷民が菅公の御偉徳を慕い、文道の大祖と崇め本社に勧請した。
イメージ 40
文明10年(1478)10月太田道灌これを再建し、天正18年(1590)徳川家康公が江戸城に入るにおよび特に当社を崇敬すること篤く、翌19年11月豊島郡湯島郷の内5石の朱印地を寄進し、もって祭祀の料にあて、泰平永き世が続き文教大いに賑わうようにと菅公の遺風を仰ぎ奉ったのである。
イメージ 46
イメージ 47
その後林道春、松永尺五、堀杏庵、僧堯恵、新井白石など学者文人の参拝たえることなく続いた。徳川綱吉公が湯島聖堂を昌平坂に移すにおよびこの地を久しく文教の中心として、当天満宮を崇敬したのである。明治18年い改築された社殿も老朽化が進み、平成7年12月後世に残る総檜木造りで造営された。」
イメージ 51
続いて文京区教育委員会案内板より。
イメージ 36
「社殿は平成7年(1995)総檜木造りとして造営された。平成5年(1993)お木曳き(造営の開始)の神事が行われ、遷座祭(完成)まで2年7か月を要した。祭神は菅原道真である。伝承によれば文明4年(1355)湯島の郷民が霊夢によって老松の下に勧請したといわれている。
イメージ 52
その後、太田道灌が社殿を再興し、江戸時代になって、徳川家康はじめ歴代の将軍があつく庇護し隆盛をきわめた。かって湯島天満宮は”湯島天神”として知られ鳥居前には町もでき人々の往来で賑わった。
イメージ 53
イメージ 54
銅製表鳥居(都指定文化財)寛文7年(1667)9月創建され、同11年(1671)修理した銘がある。
イメージ 32
イメージ 33
下脚部に唐獅子頭部の装飾は鳥居としては特異なものである。
イメージ 31
奇縁氷人石は嘉永3年(1850)10月江戸で初めて建てられたもので、右側面に「たづぬるかた」左側面に「をしふるかた」とある。迷子探しの石で都内でも貴重なものである。」
イメージ 30
横にある不思議な石は何だろう。
イメージ 26
下の写真の右に見える碑は泉鏡花の筆塚。
イメージ 27
社務所と参集殿。
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 41
唐門。
イメージ 48
牛と梅。
イメージ 34
これは道真公が愛した花が梅であり、道真公が丑年生まれで牛を大切にしたことに由来します。
イメージ 42
宝物殿。
イメージ 1
絵馬堂。
イメージ 2
火伏三社稲荷社。
イメージ 13
イメージ 24
その他にも境内には色々なものがあります。一部紹介。
イメージ 38
牛像(撫で牛)。
イメージ 17
頭悪いので頭を撫でておきました。
イメージ 16
包丁塚。
イメージ 14
イメージ 12
講談高座発祥の地碑。
イメージ 15
新派碑と文具至宝碑。
「この「新派」の記念碑は新派劇創立九十年を迎えた昭和五十二年十一月一日松竹株式会社と水谷八重子氏により新橋演舞場玄関脇に建てられました。新派の始まりは明治二十一年十二月自由党壮士角藤定憲が同志を集め大阪の新町座で「大日本壮士改良演劇会」の旗揚げをしたのが起源とされています。
イメージ 45
風雪はげしい九十年ではありましたが 今日「劇団新派」として隆盛を見ましたその先人たちの労苦を偲び併せて今後の精進を誓うべく記念碑の建立を見た次第です。そして新橋演舞場の改築にあたり当湯島天神様のご好意により新派とは深い縁で結ばれております当湯島天神様のご境内に移させていただいたものです。
なお、碑の題字は作家の川口松太郎氏の揮毫により設計は舞台美術家の中嶋八郎氏です。
左側の梅樹は昭和三十一年新派の名優故花柳章太郎氏の献木によるもので奇しくも記念碑と献木が同じこの場所に並んだ次第です。」
イメージ 21
瓦斯灯案内版より。
青白いガス灯、清らかな白梅
「お蔦、何も言わずに俺と別れてくれ」
「切れるの別れるのって、そんなことは…」
これは有名な新派「婦系図」(原作・泉鏡花)の湯島天神の場である。この境内には、もとガス灯が5基あったが、そのうち形だけ残っていた男坂上最後の1基は昭和40年頃撤去された。ガス街灯は、明治5年(1872)開港地横浜に点灯されたのが最初で、東京には、同7年金杉橋・京橋間に85基が設置された。ガス灯は、文明開化のシンボルで、明治の時代を象徴するものであった。今ここに、東京ガス株式会社の協力を得て、ガス灯を設け点灯することになったが、これは都内で、屋外のものとしては、唯一のものである。
イメージ 19
湯島の白梅 作詞佐伯孝夫
(三)青いガス灯 境内を
出れば本郷 切通し
あかぬ別れの 中空に
鏡は墨絵の 上野山
イメージ 18
本殿を裏側から。
イメージ 20
イメージ 43
イメージ 44
境内社の戸隠神社、笹塚稲荷神社は本殿の裏にあります。
イメージ 7
夫婦坂。
イメージ 4
下から夫婦坂。
イメージ 5
イメージ 6
こちらの唐門は派手ですね。
イメージ 49
イメージ 50
イメージ 3
戸隠神社。
イメージ 10
イメージ 11
笹塚稲荷神社。
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/

昭和10年古地図の元寺町にある小さな神社を目指しました。
イメージ 2
「中華料理 香月」…
イメージ 12
時代を感じます。
イメージ 18
サンクスの辺りには東宝、スカラ座という映画館がありました。「スターウォーズ」「ゴーストバスターズ」、「ネバーエンディングストリー」、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」等々、数多くの話題作をここで見ました。
イメージ 19
明治5年に旧高屋敷跡に弘前消防組頭5人が共同出資して劇場柾木座が作られ、同13年に火災になり、1064戸を焼く大火となりました。
イメージ 20
後に復興した柾木座は壮士芝居などが上演され、歌舞伎、女義太夫、新派劇なども上演、しかし大正6年に再び出火して全焼。大正8年に弘前座と名前を変えて復興し、昭和15年から東宝映画劇場となりました。
イメージ 21
向かいにも映画館弘前オリオン座のオリオン1・オリオン2、松竹がありました。ちなみにサンクスはオリオンの方がやっているそうな。
イメージ 22
建物の一部が再利用されて残っています。
イメージ 3
こんな狭い区域に5つの映画館。弘前は映画館天国だったんです。
イメージ 4
昔の東宝裏手になる飲食店通り…
イメージ 6
中国大飯店方面・ステーキハウスバッファロー方面へ(笑)
イメージ 5
昔は賑やかだったんですよねぇ。
イメージ 7
ありました…
イメージ 8
榎稲荷神社。
イメージ 9
イメージ 14
かつてはエノキが境内にたくさんあったのか…
イメージ 10
はたまたエノキの大木があったのかも知れません。
イメージ 11
南朝の落人僧の墓にまつわる伝承を持つ祠が後に改築されて以来榎神社と呼ばれて商売繁盛の社となりました。
イメージ 13
元寺町から下白銀町までの横町は通称榎小路と呼ばれます。
イメージ 15
イメージ 16
灯籠に昭和13年7月15日とありました。
イメージ 1
yuki散歩 part2」(元寺町標柱・「旧高谷家別邸・石場旅館・日本基督教団弘前教会教会堂)
イメージ 17
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/

イメージ 18
国誌によれば専修庵とあります。
イメージ 3
イメージ 13
イメージ 14
文化3年の浄土宗弘前貞昌寺末寺で阿闍羅山と号し、本尊は阿弥陀如来。
イメージ 4
イメージ 5
開山は不詳ですが貞昌寺18世金蓮社良紫貞祐とも言われます。
イメージ 6
和徳城主小山内讃岐守佛掛軸を所蔵しており開帳は10~15年ごと。
イメージ 7
また、餓死供養塔二基(餓死供養名号塔、餓死供養題目塔)が弘前市指定有形文化財に指定されています。
イメージ 12
江戸時代、津軽の地は米作りの北限でした。
イメージ 15
津軽は寒冷なためたびたび冷害に見舞われ、特に、元禄・宝暦・天明・天保年間は大飢饉となり多くの餓死者を出しました。
イメージ 16
津軽一円の村々の墓地などには、今でも餓死者の供養塔を見ることができます。
イメージ 17
専修寺付近は、餓死の際に施行小屋を設けたり餓死者を葬った場所に当たり餓死供養塔や庚申塔などの民間信仰碑があります。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
境内には二基の餓死供養塔があります。
イメージ 2
一基は、享保2年(1717)に建立された元禄の飢饉の餓死者を供養するためのもので、和徳町内有志によって建てられ、津軽最古の餓死供養塔です。
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 11
もう一基は、嘉永6年(1853)に建てられ、総高約4mと津軽でも希有な大きさを誇り、岩木町杭止より四十ヶ村約7000人の手で運ばれたものです。
イメージ 1
二つの塔には、日蓮宗の「南無妙法蓮華経」と浄土宗の「南無阿弥陀仏」が刻まれ、宗派や身分を越えた津軽の人々の厚い信仰心を知ることができます。
イメージ 19
う~ん…石も重そうだけど歴史も重いです。それにしても本当に大きい石。
イメージ 20
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/

↑このページのトップヘ