くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2012年01月

浅瀬石城趾に設置されていたボロボロの案内看板を見て、その痕跡を少しだけ辿ってみることにしました。
浅瀬石城趾」の記事
イメージ 15
まずは辛うじて文字を読み取れた牛頭天皇社に向かいます。畑の中にありましたが、何やらとても歴史を感じますね。
イメージ 14
特にこの入口にある2本の木は圧巻でした。夫婦雷樹と名付けられています。
イメージ 3
右側は国内最大級のポプラらしいですよ。
イメージ 4
何かもう…
イメージ 5
木の造りとして…
イメージ 6
大変なことになっています(笑)
イメージ 7
かつては廣峯神社(広峰神社)と称し、延徳元年には存在、慶長二年に御堂が焼失して廃社。慶長六年に牛頭天皇社として再興。明治の神仏分離令、一村一社の制度によって廃社。
イメージ 8
貞享4年検地水帳では村中抱えの牛頭天皇社、愛宕社、妻神社、羽黒堂、八幡堂、不動尊堂、稲荷社、権現堂、貴船宮があり、牛頭天皇堂には境内林1町1反余がありました。写真は撮りませんでしたが中には立派な画などが納められていました。
イメージ 13
さて、お次は浅瀬石城趾設置のボロ看板(ボロって言いすぎw)に書かれていた五輪塔へと向かってみました。
イメージ 2
牛頭天皇社の程近くに小高い土手のような土地がありまして…
イメージ 1
その一画の茂みの中に見事に残されていました。
イメージ 9
建立等の詳細はわかりませんが浅瀬石最吉の史蹟とも言われています。
イメージ 10
確かに歴史を感じる五輪塔です。
イメージ 11
浅瀬石城主一族の供養塔。
イメージ 12

イメージ 2
かつて安渡湊と呼ばれていた大湊は北前船で賑わう商人の街。
イメージ 24
砂洲に囲まれた大湊は天然の良港。
イメージ 23
今回はそんな大湊より「常楽寺坂 (じょうらくじざか)」の紹介です。
イメージ 1
大湊上町。
イメージ 13
市道連絡3号線。
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 29
現公民館付近一帯に常楽寺の関連施設がかつて在ったことも坂名に由来します。
イメージ 28
途中で大きなクランクとなります。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 7
この一帯の坂の中では珍しいパターンです。
イメージ 6
イメージ 8
イメージ 10
坂上には美しい公園がありました。
イメージ 25
イメージ 9
「八峰山 常楽寺」
イメージ 11
永徳3年修験の僧玄海が開創したと伝えられます。
イメージ 18
真言宗豊山派。本尊は不動明王。
イメージ 19
釈迦山神宮寺と号し、田名部常楽寺の末寺でしたが、明治初年、社寺改めの際、本寺の常楽寺が維持困難のため合併し現在の名に。
イメージ 16
イメージ 20
寺宝として円空の初期作品である如来立像(県重宝)を所蔵。
イメージ 21
イメージ 22
文久3年には寺子屋もあったそうです。
イメージ 17
常楽寺の石段。
イメージ 12
石段の向こうに海軍戦傷病没者留魂之碑が見えます。ちなみに石段から海側へ続く坂道は一番坂なのでお間違えなく。
イメージ 15
恐山本堂にある三十三番地蔵の起点となる一番地蔵(如意輪観音)もここにあります。
イメージ 14

「ひろさきでら」ではなく「こうぜんじ」です。
イメージ 1
千葉県成田市にある大本山成田山新勝寺の末寺にあたり昭和23年の開山。昭和28年に現在地常盤坂に遷座。
イメージ 3
この場所は津軽藩三代藩主信義公が屋形を建てて、茶飲み場所にした由緒残る場所です。その眺めがあまりにも素晴らしく「唐にもない眺め」ということから名付けられた「唐無坂(常盤坂)」の坂上に位置し、「御茶山」とも言われる有名地です。
イメージ 2
境内には信義公歌碑が建立されています。
『ほのぼのと 薫る茶山の 常盤坂 かわらぬ誓い あなありがたや』
イメージ 4
【参照】
常盤坂(唐内坂)
イメージ 5

↑このページのトップヘ