くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2012/01

浅瀬石城趾に設置されていたボロボロの案内看板を見て、その痕跡を少しだけ辿ってみることにしました。 「浅瀬石城趾」の記事 まずは辛うじて文字を読み取れた牛頭天皇社に向かいます。畑の中にありましたが、何やらとても歴史を感じますね。 特にこの入口にある2本の木 ...

かつて安渡湊と呼ばれていた大湊は北前船で賑わう商人の街。 砂洲に囲まれた大湊は天然の良港。 今回はそんな大湊より「常楽寺坂 (じょうらくじざか)」の紹介です。 大湊上町。 市道連絡3号線。 現公民館付近一帯に常楽寺の関連施設がかつて在ったことも坂名に ...

「ひろさきでら」ではなく「こうぜんじ」です。 千葉県成田市にある大本山成田山新勝寺の末寺にあたり昭和23年の開山。昭和28年に現在地常盤坂に遷座。 この場所は津軽藩三代藩主信義公が屋形を建てて、茶飲み場所にした由緒残る場所です。その眺めがあまりにも素晴らしく ...

この辺りは、古くから清水の豊富な所として知られ、富田村に所在したことから、「富田の清水」と呼ばれて来ました。熊谷喜兵衛屋敷跡(慶安3~享保10年)。 この豊かな清水は、4代藩主信政によって、初めて製紙法が導入されたさいに、紙漉きに使われるなどしましたが、そ ...

黒石市高賀野にあった平山城。 城主は千徳伊予守行重。 城は北へ突き出た舌状台地の先端にありました。 城跡はりんご農園となっています。 仁治元年(1240)、南部一戸氏流、千徳行重が築城。 元応2(1320)年に城を拡張。 室町時代初期には南部家重臣桜庭氏が拠ってい ...

JR奥羽本線。弘前から青森へ。ほぼ国道7号線と同じような経路を辿ります。 ところが大釈迦駅を過ぎたところで急にその姿を消しますよね。国道7号から見ても旧道から見てもどこで消えたのかがわからない感じです。次に姿を現わすのは鶴ヶ坂の手前。 「大釈迦峠を抜けるトンネ ...

乳井古館の北西に位置する半島状の尾根先端にあり、2つの郭で構成。 山城。戦国期、津軽為信が使用した城館。 天正7年(1579)に安東氏の命を受け、鹿角路から比山兄弟が津軽に入り、砦主出町豊前を追い出して占領しましたが、津軽軍(大浦勢)の間で戦いが起こり(六羽 ...

旧相馬村の岩谷不動尊(岩屋不動尊)。 道路沿いにこのように見えてきます。岩の所為でより小さく見えますね。 弘前から向かうと沢田神明宮より少し手前。 「沢田神明宮」の記事はこちら。 この祠の前に一対の石燈籠がありますが、これは尾太銅山の三上兵助が安永4年(1 ...

西目屋村田代にあります乳穂ヶ滝。 乳穂ヶ滝と言えば普通は冬の写真でしょうけど…真夏の写真です…むしろ冬以外で訪れたのは初めてです。 樹齢300年を超える杉の大木に囲まれた境内。 落差33mから一条の滝が落下しています。 その岩下には不動尊が祀られ、この御堂は建 ...

弘前大学医学部附属病院構内の片隅にある明治天皇行在(あんざい)所記念碑です。 明治14年9月9日、明治天皇が東北御巡幸の折、この地(武田清七宅)に宿泊されたそう。この事は笹森儀助らの強力な運動によって実現し、維新の後、衰退していた城下町弘前を活性化へと導いたの ...

秋葉原駅から徒歩数十秒のワシントンホテル。ホテルから出てすぐ目の前の通りの向こうには秋葉原公園があります(秋葉原公園は人混みだらけで写真撮れず)。ところで「秋葉原をブラタモリ」を見ましたか?そうです。一段下がった秋葉原公園は実は運河の跡なんです。その石垣 ...

旧相馬村の沢田地区にあります神明宮。 御祭神は天照大神。 菅江真澄 (1754~1829) の紀行 「つがろのおち」 にも、 いつの時代に祀られたものか分からないとあり、 その起源は不明。 旧藩時代より当時、当地を小倉村と呼び、小倉の神明様と呼称されていました。 菅江真澄は『 ...

大館市十二所葛原にあります老犬神社。 入口にストックや杖が設置されている神社は…覚悟が必要です(笑) 菅江真澄の標柱は折れて倒れていました。 この神社は忠実な犬を祭るという、他にはあまり例を見ない神社。当神社の由来については次のような物語があります。 ...

黒石にあります馬頭観音社。このY字路を長谷澤神社方面(右)へ行きます。左には法峠法領院。 詳細は不明ですが、馬の供養などのため江戸時代には創建されたと言われ、明治時代の神仏分離以降は、保食(うけもち)社とも称されてきました。 堂社のわきには文久元年(1861 ...

最初の鳥居からかなりの距離がありますので、車で行くのをおすすめします。おすすめと言うか…この写真の鳥居から歩いて向かったら大変ですよ。 幻の県道の標柱もあるこちらの鳥居付近、長谷澤神社まではここから宝塔山法嶺院も更に過ぎた場所にございます。ちなみに神社標 ...

↑このページのトップヘ