くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2011年12月

岩手県宮古市にある海岸。
イメージ 6
陸中海岸国立公園に属し、三陸海岸を代表する景勝地の1つです。
イメージ 8
天和年間(1681~1684)に宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖(1727年没)が「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことから名付けられたと言われています。
イメージ 11
イメージ 7
剣の山。
イメージ 1
約5200万年前の古第三紀(地質時代上、白亜紀の次に位置する)に形成された火山岩からなる白い岩塊と同色の小石によって、外海と隔てられた波穏やかで清明な入り江が形成されています。
イメージ 9
入り江を利用した海水浴場は「快水浴場百選」に選定されている他、「日本の水浴場88選」、「かおり風景100選」、「日本の渚百選」、「日本の白砂青松100選」等にも指定されています。
イメージ 5
イメージ 10
私が訪れたのは震災より1年半前のことでした。
イメージ 12
テレビに映し出された浄土ヶ浜は私の知る美しい浄土ヶ浜ではなく、瓦礫まみれの酷い状況になっていました。
イメージ 13
宮古市を旅したばかりの出来事でしたので本当にショックでした。
イメージ 2
現在もなお復興中です。完全復興し、また美しい浄土ヶ浜に多くの観光客が訪れることを心より願っております。
イメージ 3
環境省「陸中海岸国立公園浄土ヶ浜地区の一部供用開始について」
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14059
震災後の動画もありました。
http://www.youtube.com/watch?v=VDHtyWTA_d8
イメージ 4

一見何でもないものがYUKIさんの目を通すと面白く見えてくるブラユキ写真館のお時間です。
まずはこちら。
イメージ 17
相馬のJAです。実際にはこの程度ではなく、写真には納まり切れないほど積まれています。
イメージ 18
しかも実に積み方が綺麗です。
イメージ 16
さすがりんごの村。
イメージ 19
かつては人気でした…珍萬。1階は現役の店で若者に人気のbar。
イメージ 28
めっちゃ長い滑り台のようですが…全然滑りません。
イメージ 29

ロート製薬のCMがかかれば中穴狙いの私は篠沢教授を思い浮かべる世代です。
イメージ 15
そして明るいナショナルのCMは水戸黄門のプレリュードだと思っています。

弘前市内で大きなクリップを発見しました。
イメージ 30

今では当たり前のことを大々的にアピールしています。
イメージ 31

黒石の某神社にある祠を開けたら「お酒コーナー」になっていました。貼り紙も考えましょうね。
イメージ 32

「ここは危ないところです。気をつけましょう」
イメージ 33
この看板は浪岡の某地域に結構あるのですが、何が怖いって周囲を見渡しても「危なさを感じるものゼロ!」な所に立っているのです。逆にガクブルです。

part1で紹介した石川小学校PTAの看板…「おちると死にます。」
イメージ 3
石川駅にはこのような看板が…
イメージ 4
「線路やホームでふざけていると、最悪の場合、死にます。」
恐るべし石川小学校PTA看板。
弘前の「COFE マスター クラフト」
イメージ 5

今年解体された土手町の某ビル。
イメージ 6
重機くん、首が疲れたのでいったん休憩。
イメージ 7

座る気になれない条件をそこそこ兼ね備えている黒石御幸公園のベンチ。
イメージ 8

某自転車屋。自転車部品アート。
イメージ 26

某神社の社務所…
イメージ 27

ふとお寺を覗いたらいきなりねぷた。地味に混乱しました。
イメージ 9

夫婦カッパの湯
イメージ 20
しぇー!以外の何物でもない。
イメージ 21
イメージ 22

熊野奥照神社の巨大蛙。
イメージ 25

あぁ懐かしのカネ長。
イメージ 10
カネ長デパートの隣は…
イメージ 23

年中「有休」のサンワボウルと年代物のポスター。
イメージ 11
イメージ 12

弘前の川端横丁の駐車場に無断で停めると…
イメージ 14
【及び】ですよ…。

芦野公園。
イメージ 13
なぜかここにT-2があります。航空自衛隊の高等型練習機です。
イメージ 24

コーリン鉛筆
イメージ 2

最後は1.2.3.ダー!
イメージ 1

「弘前中央食品市場」
イメージ 1
一戸時計台の隣りです。
イメージ 2
昭和47年(1972年)創業。
イメージ 12

「肉の富田 (富田牛肉店)」
イメージ 21
明治37年(1904年)創業。
イメージ 39
イメージ 41
桔梗野の北山食堂(現「嶋」)向かいに富田肉店という分店もありました。
イメージ 40
その昔、兵営に近接する富田町、新寺町、住吉町界隈には、将校や下士官のための下宿屋や兵隊相手の飲食店、小料理屋などが建ち並んだんですね。代官町や上・中土手町もそうです。
イメージ 32
イメージ 37
県外からも多くの人が来てお店を出したそう。肉の富田は仙台から来ました。一戸時計台と一緒ですね。
イメージ 38
一戸時計台】の記事。
イメージ 3

「旧高谷家別邸」
イメージ 4
現在の「奥膳懐石 翠明荘」。第五十九銀行頭取を務めた高谷英城の別邸で、総檜、入り母屋造りの建物のほか、洋館は旧帝国ホテルライト館風。
イメージ 5
弘前市元寺町にあります。明治28年(1895年)創業。建物は昭和8年(1933年)の建築。
イメージ 6
元寺町は藩政時代初期は、寺町と呼ばれる寺院街でしたが、慶安二年(1649)に数ヶ寺が消失したのを機に、翌年からすべての寺院が新寺町に移転されたため、商人町に変わりました。
イメージ 8
元寺町の字の如く…今でもその土地を掘れば…いっぱい出てくるそうです。
イメージ 7

「日本基督教団弘前教会教会堂」。
こちらも元寺町。上の地図では「教公」となっています。
イメージ 59
最初の設立は1880年。
イメージ 60
1897年に堀江佐吉による建築、1904年焼失…現在の建物は1906年(明治39年)建築。

「田澤刃物製作所(清水一國)」
イメージ 9
レトロな親子煙突が特徴的な建物。
イメージ 11
昭和5年(1930年)建築。
イメージ 10
「清水一國」印のりんご剪定ばさみは全国の果樹生産者に愛されています。
イメージ 13

「石場旅館」
イメージ 14
黒塗りの付け梁と白い漆喰壁が城下町弘前の風情を醸し出している老舗旅館。
イメージ 15
明治12年(1879年)の建築。
イメージ 16

「大阪屋 (大坂屋)」
イメージ 17
イメージ 18
寛永7年(1630年)創業の老舗の和菓子店。
イメージ 19
イメージ 20
津軽藩の御用菓子司として代々受け継ぎ、現在は12代目です。建物は昭和28年(1953年)頃の建築。
イメージ 22

「旧制弘前高等学校外国人教師館」
イメージ 23
登録有形文化財。大正14年(1925年)建築。
イメージ 25
1棟は平成15年に移築再建。
イメージ 26
煉瓦積み基礎、窓、外壁などに洋風建築の意匠が多く取り入れられている2棟一対の建物。
イメージ 24

「三浦酒造」
イメージ 27
昭和3年(1928年)創業。
イメージ 28
津軽為信が兵士の士気を鼓舞するために歌ったホーハイ節にあやかった逸品「豊盃」で有名です。
イメージ 29
イメージ 30

「人形専門店佐藤」
イメージ 31
なかなか重厚な造り。
イメージ 33
イメージ 34
東長町にあります。
イメージ 35

「中三弘前店」
イメージ 56
イメージ 57
イメージ 58
縄文土器をイメージしたという個性的な建物は毛綱毅曠氏の設計。
イメージ 44
人によって見え方は色々かも知れない。
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 47
ちなみに私は裏の姿の方が好きです。
イメージ 48
イメージ 49
イメージ 50

「真そばや會」。明治時代の旧商家を利用した蕎麦屋。建築は明治末期。
イメージ 36

「旧弘前無尽社屋(三上ビル)」。登録有形文化財。昭和2年建築。東北でも初期の鉄筋コンクリート造の建物で、アールデコ調のデザインが洒落た社屋ビル。 
イメージ 42

「小塚原回向院」。いきなり東京(笑)寛文7年(1667年)に両国回向院の住職弟誉義観によって別院として創建。
イメージ 43
回向院は小塚原刑場で処刑された犯罪者や牢死者の供養で建てられた事に始まりますが、幕末に井伊大老の指揮のもと行なわれた安政大獄で尊王の志士が葬られた事でも有名。特に維新の志士の礎となった長州の吉田松陰のほか梅田雲浜・橋本左内、瀬三樹三郎等の多くが最初に葬られたことでも有名。
イメージ 51

「上野松竹デパート」。昭和27年(1952年)建築。何とも言えぬ雰囲気で上野の駅前(不忍口)に堂々と佇んでいます。上野百貨店と上野松竹デパートは上野の象徴。ここで映画を見たことは今となっては素敵な思い出です(上野セントラルは2006年閉館)。スクリーンもとても小さかったけど味のある映画館でした。現在は映画館も聚楽台もありません。松竹デパートを含め、すべての建物が消えるのは時間の問題かも知れません。
イメージ 52

いきなり…浅草です。
イメージ 53
浅草寺の本坊、伝法院(安永6年(1777年)」の入口。
イメージ 54
廻遊式庭園が素晴らしいのですが完全非公開で中には入れません。
ブラタモリでは潜入しましたね。
イメージ 55
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/

↑このページのトップヘ