くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2011/11

イメージ 25
創建は延暦年間(782~806)、坂上田村麻呂が東夷東征の際この地を訪れ戦勝祈願の為阿闍羅山山頂に大日如来を安置したことが始まりと伝えられています。
イメージ 16
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 4
イメージ 28
イメージ 3
建久2年(1191)円智上人が阿闍羅山山頂から大日如来を蔵館に移し高伯寺を開山、足利尊氏によって指定された全国66ヶ所の安国寺のうちの1つとして寺運も隆盛。ちなみに大安国寺が訛って「おおあんじ…おうわに」になったとも言われています。
イメージ 5
丑年の本尊ではないのですが、昔あるお坊様が病気を治していただくように大日如来に祈願したところ、夢枕に現れて「山の麓の温泉に身体を浸すと治る」と伝え、朝目覚めるとお堂の前に牛が寝ていたといいます。牛が案内した先は現在の霊泉大湯で、これが大鰐温泉の始まりと伝えるそう。大鰐から古くから続く丑湯祭りは大日様と牛への感謝の気持ちを込めて行われます。牛がまつられているのはこのような深い理由があったのですね。
イメージ 7
弘法大師。
イメージ 8
ぼけ厄除不動尊。
イメージ 6
その後一時荒廃しますが慶安3年(1650)3代弘前藩主津軽信義が帰依し大日如来を京都で修復させ社殿を再建。
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 15
イメージ 12
イメージ 14
明治時代初頭に発令された神仏分離令により弘前城下にあった大円寺がこの地に移り現在に至ります。※弘前大圓寺が末寺の蔵館高伯寺を合併し連光山大圓寺となり移転、後に潮海22世が現在名(神岡山大圓寺)に改名。
イメージ 24
イメージ 9
本尊の大日如来座像は(本来は阿弥陀如来像ですが何故か古くから大日如来と呼ばれています)鎌倉時代初期に制作されたもので仏師・定朝様式の寄せ木造り、津軽地方最古の仏像として大変貴重なもので国指定重要文化財に指定されています。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
仁王門は修繕中でした。
イメージ 1
イメージ 2
大円寺のすぐ向かいに「はぎかつら」があります。
イメージ 13
桂の木に萩の花が咲き、高い香気を持つことで知られている萩桂は、大日堂の開祖円知上人が印度の鷲峯山の霊木の種子三粒を持ち帰って蒔いたものと伝えられます。樹齢七百有余念、赤い花の香りの高貴な大樹になり町民に愛されましたが、昭和18年に落雷により倒れ枯死しました。現在の若木は大正年間に町の有志により採種育成されたものを移植したものです。
イメージ 23
菅江真澄が大日如来を訪れた際に、「萩桂とて旧りたる一もとたてり。尚めづらしければこれをあふぎみるに、ちよふる大槻と根は生ひ雑りてあれば、これを槻桂ともいふとか」と記しています。
イメージ 22

「読み書き算盤」!!
イメージ 2
天文年間(1532~1555)に開設されたと言われる紙漉沢村寺子屋跡。
イメージ 3
津軽で最も早くに開かれたと推定。
イメージ 1

イメージ 7
能代市母体(県道294号沿い)小沢口にあるハゲの坂です。
イメージ 5
イメージ 12
母体は檜山城の鬼門に当たり、近くには安東氏の崇敬社となる母体八幡神社もあります。
イメージ 11
ちょうど三叉路になっており、どの方向へも下り坂。
イメージ 6
イメージ 3
坂上には「ハゲの坂苑」と名付けられたちょっとした花壇があります。
イメージ 8
由緒については不明です(笑)
イメージ 10
知っている方がおりましたら教えてください。もしかして「なまはげ」と関係あるのかな。「兀」には周りよりも高くなってる場所という意味もあるそうです。
イメージ 9
塞神三柱大神(さえのかみみはしらおおかみ)は道祖神。
イメージ 2
道祖神(どうそじん、どうそしん)は路傍の神で、集落の境や村の中心、村内と村外の境界や道の辻、三叉路などに主に石碑や石像の形態で祀られる神です。
イメージ 1
イメージ 4

黒石にあります法眼寺(ほうげんじ)。
イメージ 15
宝厳山法眼寺は延宝8年(1680)南宗禅師により温湯村に開基後、元禄4年(1691年)に三代領主の内意により、現在地(山形町)に移されました。
イメージ 7
法眼寺は県重宝が2、市民俗文化財1、市有形文化財2の合わせて5つが文化財指定されている宝庫。
イメージ 3
本堂は明和6年(1769)に仮本道として再建。
イメージ 5
津軽の黄檗宗(おうばくぜんしゅう)総本山の寺院は、法眼寺と同じく黒石市温湯にある薬師寺に二ヵ寺のみで、法眼寺は東北では有名な黄檗宗のお寺となります。大きな茅葺屋根をもつ正面妻飾の架構は実に壮大。
イメージ 8
法眼寺には三体の不動尊があり、そのうち一体には文政3年(1820)2月に石川忠右衛門、忠兵衛が寄進した剣を持っています。剣は全長35.5cmの両刃で江戸時代に名刀匠といわれた源正義の作品。津軽第二十六番札所の十一面観世音が三十三観音とともに安置。
イメージ 9
開山堂は南宗元頓を祀った一間四方の小規模な建物であり、当時は赤御堂と呼ばれていました。内部には元頓和尚の名が刻まれた卵塔が安置されています。正徳3年(1722)に建立され、法眼寺境内で最古の建物。
イメージ 18
鐘楼堂は延享3年(1746)に建立。
イメージ 20
私が愛読する菅江真澄の「津軽の奥」では次のように書かれています。
「享保年間(1720~30頃)、この寺の吊鐘を、廬山という禅師が江戸で鋳させて、それを浪速の港へ船につんで送り、またそこから、このみちのくへ船積みして送ろうとした。とちゅう、秋田の沖に近くなったとき、大波にあって船が沈没し、吊鐘も失せてしまった。(中略)常陸の国鹿島郡上幡木村の下浜という所の地引き網に、海藻やいろいろな小貝がたくさん付着した怪しい物がかかってきた。(中略)吊鐘だったのでおどろきあきれた。(中略)この津軽のくに青森港に運ばせたのが安永の末(1780)のことだという。(中略)寺にはそれまで鳴らしていた吊鐘があったが、それは同じ宗派のぬる湯の寺にかけて、海から上がってきた鐘は、立派な鐘楼を建てて今も吊ってある。」
イメージ 21
菅江はこの鐘を見るために寺を訪れたと言います。
イメージ 16
唐風(からふう)造りで、梵鐘(ぼんしょう)には棟方志功画伯が描いた三尊仏が刻まれています。
イメージ 17
イメージ 22
昭和45年の鐘楼堂。
イメージ 19
寛保元年(1741年)に建立されし山門は、本堂よりも古く、一間一戸の四脚門で、前後軸唐破風付(じくからはふうつき)茅葺の構造。
イメージ 10
イメージ 12
細部の彫刻などには建築当時の意匠が残されていて、その姿はとても美しいものです。
イメージ 13
イメージ 11
イメージ 14
鐘楼と開山堂の間にある西国三十三カ所巡礼の「砂踏乃碑」は寛延4年(1759)建立。西国三十三所巡礼の碑としては県内唯一の貴重なもの。黒石の西村四郎兵衛の妻が西国霊場に出かけた様子が記されており、砂を持ち帰り、袋に入れて行けなかった人に御利益が得られるよう踏ませています。
イメージ 4
「寛延三庚午天四月下院、西村四郎兵の妻、恭しく西国三十三所を巡礼して、其の堂下の土地を手に持ち来たりて、此の盤石の下に埋却して、永く人をして勝縁を結ばしむ。若し人発心して一踏一礼すれば、則ち寸歩も動かずして既に西国三十三所順礼の功了あるものなり。」
イメージ 2
法眼寺の乗り駕籠。
イメージ 1
宝厳山法眼寺(野呂徹宗住職・山形町)が所有するこの駕籠は、全体が黒漆塗りの4人で担ぐ型の乗り物です。約4.3mの担ぎ長柄を備えた本体は、高さ69㎝・幅10cmで、長さが約75㎝。材質は桐と推定。駕籠の左右は引き戸の出入口で、その上部には紙張りと紗張りの二重障子が付いた小窓。また屋根の指し掛け部分には日よけの竹編みすだれに加えて、雨よけの油紙も施されています。一方、内部は板張りの上に布を張った二重構造で、ひじ掛けや背もたれを設置。前部の小窓には当時としては珍しいビロード布や金具を使用。
江戸時代中期から伝わる「仏具施主帳」に『享保15年(1730)乗籠一張 黒石加藤権七』と記載。寄進者の加藤権七は法眼寺の開基に尽力した加藤武助・勘兵衛(初代)の一族と思われます。寺伝によれば、この駕籠は、黒石津軽家への伺候や黒石町内の寺院合同仏教行事への参向など公用に限って使用されてたそう。
明治以降ほとんど使用されることなく保存。昭和60年頃に漆の塗り替えと畳部分の張替え等の補修。270年を経た今も原形の保存状態が良く、江戸時代中期の格式を備えた由緒として市の文化財に指定。
イメージ 6

秋田犬会館に行ってきました。
イメージ 13
イメージ 18
イメージ 19
大館の三ノ丸にあります。
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 3
住所も三ノ丸ですが、実際に旧大館城の三ノ丸があった場所なので三ノ丸跡地です。
イメージ 12
3階は秋田犬博物室です。
イメージ 14
イメージ 4
庭に遊ぶ秋田三鶏。
イメージ 1
ニホンカモシカの剥製。
イメージ 2
イメージ 15
ここにあった「おまえ絶対に間に合わないよ!?」というツッコミを誰もがしたくなる老犬神社物語パノラマを見て、実際に老犬神社にどうしても行きたくなって、後日行きましたよ(笑)
イメージ 5
古代狩猟パノラマがたまりませんでした。
襲っているというよりも…
イメージ 6
完全にお手上げ状態の熊w
イメージ 7
か、勘弁してくださいっ!w
イメージ 8
地井さんも散歩しに来ておりました。秋田犬を描く地井さん。
イメージ 9
とってもいい方でした。
社団法人「秋田犬保存会」HP
http://www.akitainu-hozonkai.com/index.html
イメージ 10
イメージ 11

↑このページのトップヘ