1
青森県弘前市大字高岡神馬野。隣接する「高岡の森 弘前藩歴史館」(休館日:毎月第3月曜日(その日が祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日-1月3日)、展示替え期間中は臨時休館)の住所は弘前市大字高岡字獅子沢。
2
2.5
弘前藩4代藩主津軽信政を祭る高照神社には、信政の遺品や歴代藩主が奉納した絵馬、明治時代に旧藩士たちが納めた武具や刀剣類など、数多くの宝物が収蔵されていましたが、その宝物を収蔵公開していた「高照神社宝物殿」が老朽化したため、弘前の歴史や文化を伝える貴重な文化財を恒久的に保存し、展示活用することを目的に高岡の森弘前藩歴史館が計画されました。
3
3.5
平成22年度より調査事業を開始し、平成26年度用地取得、平成27年度現地建設着工、平成29年12月建築工事が竣工し、外構工事及び展示工事は平成30年2月に竣工しました。施設名称は平成29年7月に公募し、8月に審査を経て「高岡の森弘前藩歴史館」と決定しました。更に馬場(高照神社馬場跡)について、江戸時代に神馬奉納が行われた馬場の土塁などを復元。馬場の広さは、東西約156メートル、南北約15.6メートル。
4
かつての宝物殿については以前紹介しております。今回の宝物殿の内容については省略します。是非現地で見て頂きたいと思います。
5
5.5
なお、高照神社の由緒等についても以前の記事を参照ください。
6
以前の記事
7
7.5
拝殿内へ。
8
高照神社の拝殿内の絵馬は何度見ても立派です。
9
写真暗くてすいません。説明書きもあるので現地でじっくりご覧になって下さい。
10
10.5
時間内であれば自由に見ることができます。
11
11.5
獅子口。古く中国より伝来した伎楽面の一つ。眉も口髭も顎髭も彫刻されて盛り上がったり、それが、仏像の髪のようにうずをまいている。この獅子口は、獅子といってもライオンではなく、優しさ、慈悲深さの一面をそないている高麗犬との事。
12
小癋見(こべしみ)。一目見て印象的なのは、抽象的とも言える眉間の皺です。これは、きっと人間の一瞬の表情変化を眼でとらえ、的確に作ったように思います。作者の力量がそのまま面の力となってあらわれた好例でしょう。
13
小面(こおもて)。女性面の種類も色々あるが、可憐にして端正、小面は華やかさの中に年若い女性の初々しさが、表現されている。中世の最も若き美しさを秘めた代表的な面。
14
入口方面へ戻ります。
15
案内板。以前紹介しているので省略。
16
高照神社社殿(国指定重要文化財六棟)…『高照神社は、弘前藩四代藩主津軽信政の遺命によって吉川神道の思想に基づき建立され、信政自身が祀られています。社殿は岩木山麓に東西軸上に並んで配置されますが、吉川神道に基づいた社殿構成が当時のまま現存するのは、全国的にみて高照神社のみとなっています。』
17
17.5
小祠や忠魂碑などがある場所。なお、小祠には戦没者を祀っており、一人ひとりの名前の木札が納められています。
18
為信公三百年祭祀紀年碑(弘前市菓子商業會敬白)。明治39年9月5日建立。
19
19.5
忠魂碑(陸軍大将一戸兵衛書)。大正10年、帝國在郷軍人會岩木村分會建設。昭和28年10月再建。
20
こちらには日清・日露・大東亜戦役戦没者名(昭和28年10月5日、岩木村遺族會一同建立)、(昭和28年9月23日大浦遺族会建立)。
21
21.5
忠魂碑(大正7年9月28日、帝國在郷軍人會大浦村分會建立)。
22
忠魂碑統合記念碑「友よきかずや靖国の 杜のおくよりひびく声 おれの使命は果たしたぞ あとは君等にたのんだぞ」西條八十。昭和47年8月15日岩木町遺族会建立。
23
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ