1
秋田市寺内大畑。寺内村は江戸期から明治22年の村名。秋田郡のうち。秋田藩領。慶長8年の村高285石余と推定。元和8年には用水利用の愁訴、寛永2年には重税に抵抗の愁訴を起こしていますが、「正保国絵図」では本田当高877石、「元禄7郡絵図」では828石。「享保郡邑記」によりますと寛文4年1,121石余に増大。「享保黒印高帳」では村高464石余・当高459石余(うち本田324・本田並95・新田40)。「享保郡邑記」では81軒(うち枝郷高野・萱岡・田中3ヶ村分18)。「寛政村附帳」では親郷川尻村の寄郷として当高437石余(うち蔵分315・給分122)。「秋田風土記」では戸数80(枝郷は田中絶え2ヶ村17)・499石余、用水は寺内川。古代秋田城地のため、古四王神・四天王寺習合の古四王権現が鎮座。広く人々の信仰を受け多くの神事祭礼がありました。田村明神社・大日堂・住吉社・太子堂・両津八幡・竜神社などが祀られ、五百羅漢で有名な曹洞宗小(少)林山西来院(補陀寺末)があります。また、坂上田村麻呂関係の伝説を持つ将軍野幣切山・義定島・幕洗川・太刀洗川などがあり、古四王の灯油料田とも土油(石油)湧出の地ともいう油田、古四王の神水(目洗水)亀の尾水のある旭山、参詣者垢離の水高清水、神事児舞のあった児桜、参詣者の不浄を払うという梅湯之茶屋などがありました。「天保郷帳」では459石余。この頃の人口311・馬40。明治9年土崎湊との境界変更があり郡区町村制下八橋村と連合。戸長役場は八橋村。同19年羽州街道改修。同20年組合戸数518・人口2,451。同22年南秋田郡寺内村の大字となります。
2
社伝によりますと宝亀11年(780)、鎮守府将軍大津駿河麿が東夷征伐のため下向して戦功を上げ、帰洛の後、天応元年(781)、宇佐神宮の神託により諸国に八幡宮を建立した内の一社。また、一説によりますと、陸奥出羽按察使藤原小黒麻呂が勧請、延暦年中に安倍黒縄が再興。元々は現秋田県護国神社の地に鎮座していたとされ、近世までは境内も広く、大きな神社であったとのこと。
3
3.5
御祭神は誉田別命。例祭日7月15日。秋田城鎮守として秋田城之介の崇敬篤く、神田村八幡田村両郷より25石余寄付がありました。然るに慶長年中、城之介、三春へ引越の砌、城之介の由緒の百姓ども鎮守と仰ぎまつり、元和元年、奇瑞あり、ここを以て一郷の崇敬者益々篤く現在に至ります。神社は地主神であり、後に八幡社が習合したものといわれており、祭日には山海の珍味にヨモギで作った矢を添える風習がありました。八幡田、神田の地名はこの神社に附随したもので、八幡田村と神田村は神領百姓といわれました。(以上秋田県神社庁参照)
4
両津と八幡の合祀社で、両津の名称は河川2流と船の着く地を意味しているといわれます。縁起によると、天応元年(781)に出羽の按察使(役人)の小黒麿、武将の紀古佐美らが応神天皇を祭神として建立したのが始まりとされています。延暦年中に安部黒縄により坂上田村麻呂の2寸2分の像が安置されると、その後はこの地を支配した安東氏らの豪族が武神として崇めたといわれます。現在の外旭川地域の神田や八幡田といった地名は、かつて、そのあたりまでが神田領であったことの名残りです。(以上パンフレット参照)
5
5.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ