1
栃木県日光市本町。かつての四軒町。江戸期は日光門前西町の1町。四軒町は寛永年間に東照宮の楽人屋敷が四軒置かれたことに由来し、楽人町とも称されました。中世には寛喜3年山内仏岩から日光山の往生院及び墓地、応永年間には光明院の阿弥陀堂が移転され、いくつかの堂坊がありましたあg、寛永17年の町割の際にこれらは大工町に移転。東照宮鎮座後徐々に堂社の移転が始まっており、これらの跡地を中心に町並みが整備されたと考えられます。当町の氏神でもある青龍神社は、馬町に日光火之番屋敷が設置された承応年間に現在地に移転され、旧社地の前にあった池が埋め立てられたと伝えることから、この前後に付近の家並みも整えられたと考えられます。町内には東照宮楽人の他、日光目代山口氏の下僚、寛政以降は日光奉行配下の役人の役宅が多く、幕末期には社家1、楽人12、奉行配下役人15が居住。明治7年に日光町の一部となり、同年日光町、同22年からは日光町日光の通称地名。明治6年にカテッジイン、同24年には新井ホテルなどの外国人を対象としたホテルが開業。大正3年に旧日光目代屋敷跡に日光真光教会が建てられました。昭和19-22年に袋町と合併して田母沢町と称し、昭和29年日光市の町名、昭和44年本町となります。
2
四軒町…『江戸時代の始め、東照宮の「楽人」の屋敷が四軒おかれたことから「四軒町」と呼ばれた。本来は日光山内の一部で、日光奉行所関係の役宅や「日光火之番屋敷」があり、民家中心の西町では特殊な地区であった。現在は「本町第一」の一部になっているが、地区内には「殉死の墓」や「釈迦堂」などの史跡も多く、「金谷記念館(侍屋敷)」は楽人屋敷の遺構である。』
3
3.5
青龍神社…『弘法大師空海が、滝尾、寂光を開いたときその弟子が仏法の守護として、京都醍醐の青龍神を移し祀ったという。今は、大海津見命を祀る。東照宮及び二荒山神社の例大祭のとき晴天を祈って祈晴祭が行われている。本町(もとの四軒町、袋町、下本町の氏神。正月三が日の後の日曜日に五社祭(磐裂、青龍、八幡、花石、久次良の各社)、9月15日に例祭が行われる。』
4
石灯篭一基。
5
参道石鳥居二基。石灯篭も石鳥居も江戸期のものです。日光の歴史を感じることができます。
6
6.5
青龍神社は日光西町五社(磐裂神社・清瀧神社・八幡神社・花石神社・久次良神社)の一社。気象の守護。
7
手水石。
8
石灯篭一対。
9
9.5
参道石段の途中に狛犬一対。
10
10.5
かなり個性的です。
11
写真ボケボケですいません。阿形の前足と顔面(鼻と上唇)は破損しているようです。吽形の前足は修復されています。
12
狛犬の体には「明暦四戊戌年六月」(左前足)、「奉納天狗兩疋」(胴体)、「篠原益右衛門」(左後足)と彫られているように見えますが、暗かったので名前は自信ありません。
13
紀年銘ははっきりと見てとれます。明暦4年なのでかなり古いものです。
14
14.5
青龍神社社殿。
15
向拝。
16
隣の鳥居。
17
境内社の稲荷社。
18
境内の石祠群。
19
青面供養塔(元文4年9月16日)。
20
参道。
21
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ