1
栃木県日光市本町。日光田母沢御用邸記念公園前。かつて原町。江戸期は日光門前西町の1町。古くは飛石八幡が祀られているため八幡原と呼ばれていました。寛永18年に日光山内から妙道院・釈迦堂が移転。妙道院は元寛永5年日光一山の菩提所として仏岩に建立されたものであり200石を領有。境内には家康・秀忠縁故の家臣19人、及び慶安4年家光に殉死した家臣5人の墓碑が建立され、一般に殉死の墓と呼ばれます。貞享元年の日光大火による焼失家屋22。この時、釈迦堂を除いて妙道院や田母沢川両岸にあった勝道伝説で知られる地蔵堂も焼失しております。後に妙道院は将軍御成御殿を拝領して再建。田母沢川左岸の地蔵堂も犬牽地蔵の伝説のある中禅寺湖畔にあった延命地蔵を移し祀りました。元禄頃の地図によりますと、原町西側に上原町の名が見えます。享保8年の西町の地図によりますと家数38。慶応年間「日光山森羅録」によりますと家数25・人数121、町並みの長さは2町・幅4間半。また、幕末期には日光奉行配下役人17人が当町に居住。明治7年に日光町の一部となり、同年日光町、同22年からは日光町日光の通称地名。同年一部が四軒町となります。同31年当町と上本町・大工町の一部(上大工町)・花石町の一部の地域に田母沢御用邸が建設されることとなったため、同地域の住民は下本町東側(善如寺谷・西谷など)に移住し、通称地名の安川町を形成し当町名は消滅。
2
日光灯籠一対。
3
3.5
こちらは一見すると梵字に見えますが「巳」の字が蛇体になっている巳待塔ですね。
4
紀年銘は享和元年6月。久次良神社にも同じタイプの巳待塔があります。
5
日光灯籠と辨財天碑。
6
6.5
神輿庫。
7
手水石。
8
飛石八幡神社は日光西町五社(磐裂神社・清瀧神社・八幡神社・花石神社・久次良神社)の一社。
9
石鳥居(寛文8年8月15日)。
10
狛犬一対(大正11年8月吉日・平和記念)。
11
11.5
六角型灯篭一基。
12
六角型灯篭一基(日光市指定文化財)…『この灯篭は笠・火袋・中台・基礎が六角で竿が円柱である。旧日光市の石造美術品調査書ではこの形式を「六角型」として分類している。銘文には「奉寄進 東照三所大権現 松平阿波守藤原朝臣至鎮 元和三丁巳四月十七日」(1617)とあり、東照大権現に奉納された灯篭である。灯篭が単体で八幡宮の境内に存在する理由として、東照宮境内に同人が同年に奉納した一対の灯篭(国指定)が建っていることから、単体の灯篭がここに移されたものと推定される。同様に、本多美濃守藤原朝臣忠政が奉納した単体の灯篭(国指定)が山内の小玉堂にある。本灯篭は宝珠と蕨手の一部を欠いているが、この灯篭と同格のものである。平成18年3月3日指定。日光市教育委員会』
13
八幡神社社殿。
14
写真暗くてすいません。
15
15.5
社殿向拝。
16
八幡神社…『天平神護2年(766)日光を開いた勝道上人が、ここに草庵を結んでいたとき、天から丸石が飛んできて「八幡大自在である。国家守護のために来た。」という夢を見たので「飛石八幡」として祀ったと伝えられる。寛永年間(1624-1643)徳川家光が幕府の修繕社とした。中本町と原町(現在は本町第三と安川町)の氏神で祭神は、譽田別命(応神天皇)である。正月三が日の後の日曜日に五社祭(磐裂、青龍、八幡、花石、久次良の各社)、11月23日に例祭が行われる。』
17
向って左隣にある石祠。
18
向って右隣にある末社。
19
狛犬一対…狐かな…いやカワウソか…ちょっと判断できず。
20
20.5
社殿向って左側。
21
天満宮の石祠や庚申塔など色々あります。
22
22.5
ここにも「巳」の字が蛇体になっている巳待塔がありました。
23
石橋・石段付の末社。
24
24.5
社殿向って右側。
25
御神木。
26
石塔群(摩利支尊天、青面金剛、庚申供養塔など)。江戸時代の古いものが多く歴史を感じます。石塔群の向こうに釈迦堂の参道を挟んで延命地蔵尊の建物が見えます。
27
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ