1
「日光を見ずして結構と言うこと莫れ」ってことで、今回はそんな日光市をyuki散歩。
2
日光田母沢御用邸記念公園。
3
明治32年、民間の別荘に旧紀州徳川家江戸中屋敷の一部を移築し、その他は新築する形で造営。
4
日光田母沢御用邸記念公園前。
5
愛パークとちぎ。
6
日光花咲人の皆様、ありがとう。
7
東照宮方面へ。日光田母沢御用邸記念公園から日光駅までの社寺周辺は門前町として栄え、名物の湯波料理、和菓子、カフェ、日光彫の老舗などが軒を連ねます。
8
湯葉が有名ですが、日光では「湯波」と表記します。
9
こちらの趣ある建物は…
10
まさかのローソン(日光東照宮前店)でした。2Fはレストラン。景観を損なわないようにしているのでしょうね。
11
富士屋観光センター。西参道入口付近です。
12
「LANCATLGUE CAFE NIKKO VORTEX and QUEENIE」の隣にある子育稲荷大明神。
13
西参道付近、日本ロマンチック街道沿いに鎮座。
14
14.5
路地を歩いていると至る所に鳥居や小祠が見えます。
15
15.4
15.8
個人で祀っているものもたくさんあるんでしょうね。
16
日光物産商会本店。明治38年創業。国登録有形文化財。詳しくはリンク先のHPをどうぞ。
17
にっこり荘(Nikkorisou Backpackers)。ゲストハウス。人気あるみたいです。しかも東照宮のすぐ近くなのでかなり便利そう。
18
それにしてもさすがは日光。結構路地裏も歩いたのですが変なものがありません笑
19
仕方がないので小林新古美術店の塀で…
20
20.5
大谷石のミソチェックします。
21
「おまえは日本有数の観光地に何をしに来たんだ!?」とか言う人とは…
22
一緒に旅行できません。
23
外山(標高880.2m)。石英斑岩から成る山。日光山輪王寺日光東照宮日光二荒山神社の鬼門にあたる北東に位置することから、日光山の魔除けとして毘沙門天が祀られており、その歴史は弘法大師の日光入山にまで遡るとの伝承もあります。明治時代の廃仏毀釈により輪王寺の境内地となりましたが、以前は神社地であり、その名残りとして登山道(旧参道)には石鳥居がいくつか残されています。
24
あっ!いい感じの店。看板の「モケイ」がいい感じ。
25
しかも店前にコスモス!
26
しかもしかも…現役!景品はビットコイン、うんこ漢バッ字、ゲームポケなど。さすがは現役のコスモス!税込み200円。
27
ちなみに店名はキタヤマ模型というらしいです。
28
「大横町の歴史」という手書き看板がありました。『ここは江戸時代東照宮に奉仕する八乙女が多く住んでいたことから「八乙女横町」と呼ばれてきました。1662年(寛文2年)稲荷川の洪水により流失した火の番屋敷がこの大横町に移された事が「火の番横町」とも呼ばれるようになりました。この時代大横町は大きな活力と賑いがあったと想像されます。その火の番を命じられたのが「八王子同心」と呼ばれた人々で八王子から日光に交替制で勤めその後約200年もの間火災から社寺を守る大きな功績を残しています。このように大横町は現在では世界遺産となった日光山の社寺を守る基点となった場所なのです。』
29
下鉢石町。
30
下鉢石町と稲荷町の間の通り。
31
稲荷町。虚空蔵尊稲荷神社がある通り。突き当たった場所が東武日光駅です。
32
瓶コーラ自販機。
33
下の段は瓶でしたが、上段はゼリーパックでした。
34
34.5
ちなみにこちらは普通の自販機ですが…
35
おすすめは葵の御紋(徳川デザイン)コーラです。
36
日光金箔ソフト。普通のソフトでいいや!ってことで食べませんでした。
37
そういえば「とちおとめまん」も食べる勇気が出ず…
38
「家康らーめん」「忍者らーめん」も食べませんでした。
39
あげゆばまんじゅう店。
40
個人的にこういうアピールの仕方をするお店は微妙かも?って思うところがあるのですが…
41
41.5
「これ美味い!」無料でお茶も頂きました。ありがとうございます。
42
ってことで日光市でyuki散歩でした。
43
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ