1
曹洞宗魚籃山常現寺。八戸市小中野6丁目。御本尊は魚籃観音菩薩。近くには諏訪神社新むつ旅館があります。常現寺の詳細についてはHP(常現寺)を参照下さい。
2
寛延元年、常現寺の前身である梅翁庵は、下北郡大畑村の曹洞宗円祥山大安寺三世寿仁州関大和尚により、宿庵として大畑村関根橋に開庵。当時の大畑村は長崎との交易やヒバ材に恵まれて大いに賑わっていましたが、明治初期には時世の推移とともに、梅翁庵は名号を残すのみとなって廃庵同様の状態となりました。明治26年頃、三戸郡小中野村(現八戸市小中野)には曹洞宗の寺院がなく、一方でお釈迦様の教化聴聞を願う心と寺院を求める声が高まっており、同村が経済の発展と共に曹洞宗信徒も増加していましたが、まだまだ新寺建立は困難な時代でした。そこで本寺大安寺と三戸郡大舘村(現八戸市新井田)の貴福山対泉院両寺互議の上、対泉院末庵として移転することになります。明治30年、寺院用地として現在地が寄進され、同12月に曹洞宗管長の認許を得ました。明治43年、寺籍移転の諸手続が完了し、八戸湊村出身の高僧西有穆山禅師(大本山總持寺独住三世直心浄国禅師)を開基とし、本寺貴福山対泉院18世上田(霊山)祖堂大和尚を開山とする新たな一宇が建立。こうして下北郡大畑村の梅翁庵は、開創より100年余の星霜を経て、新たに三戸郡小中野村に寺籍を移転し、交趾王山梅翁庵としてこの地で新しい歴史の一歩を踏み出すことになりました。
3
青森県で初めて曹洞宗管長(最高位)に就いた八戸出身の名僧・西有穆山禅師は、文政4年、三戸郡湊村(現八戸市湊町)に誕生し幼名を万吉といいました。9歳の時に母方の菩提寺にて地獄極楽の掛図を見て発心、13歳で八戸長流寺金龍大和尚について得度し、僧名金英を授けられました。金龍和尚示寂後は仙台の古刹松音寺にて修行を続けながら漢籍仏書を読み尽くし、駒込の吉祥寺旃檀林門下生となります。愚禅和尚より「正法眼蔵」の提唱を受け、儒学者菊地竹庵に入門し研鑽に励みました。また、新宿宗参寺曹隆和尚を法幢師として立職し、浅草本然寺住職泰禅師に嗣法して大和尚の位に昇り、牛込の鳳林寺15世を嗣ぎました(23歳)。その後、住職の座を退きながらも修行を続け、小田原海蔵寺月潭老和尚のもと12年間宗乗を学び、更に「正法眼蔵」を参究。この時に金英から瑾英に改名。更に前橋市の竜海院の諸獄奕堂師(後に大本山總持寺独住1世)より印可証明を頂き、伊豆修禅寺梅苗門下に於いては公案中でも最も深遠な「劫下洞然」を参究会得するなど厳しい修行を続けました。その後、永平寺西堂、可睡斎住職、大本山總持寺独住3世、曹洞宗管長、明治天皇より勅特賜直心浄国禅師の号をいただく等々、数々の要職を務めてました。当寺が穆山禅師を開基とし魚籃山常現寺として開山した明治43年12月4日に従容として世寿90を以って示寂。横浜西有寺、八戸光龍寺等々を開山され、北海道中央寺と当寺常現寺二カ寺が禅師の開基となっています。
4
大正4年、宮城県栗原郡宮野村にあり、法地格を持ちながら廃寺同様であった源昌山常現寺を、庵寺である梅翁庵を法地格にすべく、源昌山常現寺を再興する形で寺籍移転廃合の届出がされます。翌5年に山号も改められ、法地格を持つ寺として正式に魚籃山常現寺となりました。なお、梅翁庵の寺籍は岩手県宮古市鍬ケ崎に移り、挿鍬山梅翁寺として法灯が護られています。
5
5.5
本堂寺号額「常現禅寺」(總持寺独住二十一世梅田信隆猊下揮毫)。
6
常現寺魚籃観世音菩薩(パンフレットより)。西有穆山禅師は明治32年5月に故郷の小中野村に一寺が建立されると聞き及び、故郷の布教発展に資すべく、木彫「魚籃観世音菩薩」と鋳造「延命地蔵菩薩」と「秋葉三尺坊大士像(現在不詳)」を奉安。魚籃観世音は漁業繁栄や航海安全の信仰対象とされます。御本尊として民衆の信仰を集めたこの観音様は、その霊験著しさから「今あらた 新地をひらく 観世音現世安穏 後生極楽」(八戸城下三十三観音札所27番札所御詠歌)と詠まれたほどでした。毎年11月17日御開帳。また、延命地蔵尊は農業繁栄や先祖崇拝の信仰対象であり、享保5年の制作といわれ、静岡の修験秋葉山七世了運任宗上人によって開眼したと背部に刻書されています。明治の廃仏稀釈により秋葉寺が神社となり、この地蔵尊を安置していた源性庵(当時遠州)もその影響を受けて廃寺同様となってしまったことから売却・融解の運命にあったものを、西有穆山禅師が救って新たに入魂開眼されました。背面にはその由来・縁起が刻字されています。
7
魚籃観音碑。
8
上の篆書は幕末の書家・剣豪正四位山岡鐵太郎揮毫。本文文字は大本山永平寺62世鐵肝雪鴻禅師揮毫。魚籃観音についての由緒が刻まれています。西有穆山禅師の依頼により揮毫されたもの。明治17年刻書。
9
わらべ地蔵尊。
10
弘法大師御修行之尊像。
11
南無阿弥陀仏供養碑。明治3年5月来迎寺19世燈誉上人が導師となり湊村念仏講中の人々によって建立。藩政時代に四ツ屋(谷)の仕置場(現小中野小学校)に首切地蔵(延命地蔵)と共にあったものを明治期に常現寺に移しました。首切地蔵は本堂入口の御堂に移安されています。なお、本堂入口左側の御堂には金精様が願いが叶う石と共に祀られています。この金精様はかつての遊女が小中野の一角にあったお堂(焼失)に奉納したものらしいです。
12
和田清宣翁碑(大正9年5月)。明治5年から大正2年まで初代小中野村々長・村会議員・郡会議員を歴任した和田氏の徳望を顕彰したもの。
13
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ